競馬エージェントとして有名なのは、現役のトップエージェントである小原氏と、国内第一号のエージェント松沢氏が挙げられます。

有名な競馬エージェントは競馬業界に大きな影響力を持っています。

  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道

競馬エージェントとして有名な人物は、多くの有名騎手を抱え込んで注目を集めた小原氏と、競馬エージェントの先駆けとなった松沢氏が有名で両氏ともに現役で現在も大きな影響力を持っています。

有名な競馬エージェント

競馬ブック

競馬エージェントとして、現在も最も有名なエージェントは多くの人が読んでいる競馬ブックの小原靖博と言う人が多いです。

小原氏は競馬ブックに所属する競馬エージェントで、競馬ブックは競馬エージェントの仕事としては業界最大手の規模です。
その競馬ブックのエージェントの中心にいるのが小原氏でかつては多くのトップジョッキーを担当して、小原が仲介を務める騎手たちの事を小原ラインや小原軍団と呼ばれていました。多くの騎手を一部のエージェントやグループが抱えすぎるのは問題になるという事です。

現在の騎手3名+減量1名でエージェント同士でのグループを組んだり、ローカル開催などに代理仲介者を立てる事を禁止するルールができたのも小原氏の影響と言われています。
現在のルールになっても小原氏は1流騎手で限りがある枠の担当騎手を固めていますが、これは表向きで実際は担当騎手以外の騎乗依頼仲介でも大きな影響力を与えていると言われています。
小原氏との関係悪化で成績が悪化した騎手や厩舎もあり、状況によっては調教師と競走馬を次にどのレースに出走させるかのミーティングを行ったり、内容が悪い騎乗をした騎手に対しては、例え一流ベテラン騎手が相手でも説教をするケースもあるそうです。

現在の競馬界のエージェントの存在が確立されているのも小原氏の影響力は大きく、また今現在も小原氏は最も影響力が大きい競馬エージェントと言っていい存在です。

関東では競馬エージェントの第一号とも言われている岡部幸雄元騎手を担当していた研究ニュースの松沢昭夫も現在も尚大きな影響力を持っている競馬エージェントとして有名で、当時は岡部に騎乗依頼が集中した時に特定の騎手に騎乗依頼を振る岡部ラインという言葉も有名でした。

競馬エージェントに関しては、フリー騎手が当たり前になってきた90年代から大きな世代交代も行われていなく、現在もトップエージェントとして有名なのは、小原氏・松沢氏の2名が挙げられます。

競馬情報会社ランキング