根幹距離とは、主に400mの倍数に当たる距離のレースの事を指します。

ビッグレースで多く使用される根幹距離

  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣

根幹距離とは、明確な基準が曖昧になってはいますが、主に400mの倍数のあたる距離の事を言い、中央競馬でも根幹距離でビッグレースが行われる事が多いです。根幹距離とそれら以外の非根幹距離で得意・不得意を持つ馬もいます。

根幹距離

競馬の根幹距離

競馬の距離適性について、根幹距離非根幹距離というものがあります。

ある程度競馬好きの方なら、予想の参考にしている人も多い情報ですが、競馬初心者の方は意味を理解できている人も少ないのではないでしょうか?

まず、根本的に根幹距離非根幹距離とはなにか?
を簡単に説明させて頂きます。

専門家によって根幹距離の意味の表現方法が若干違ってきますが、
ここでは根幹距離とは、

根幹距離
  • 馬が集中して走りやすい距離
  • 馬が走りきるのに呼吸が合いやすい距離
  • スピートと持久力の両方が必要となる距離

と説明させていただきます。具体的な距離で紹介しますと根幹距離とは2ハロン(約400m)できっちり割り切れる距離の事を言います。

もっと単純に言うと、400mの倍数の距離で1,200m・1,600m・2,000m・2,400m・2,800m・3,200m根幹距離となっています。
上記以外の距離、レースが多い距離で例えると1,000m・1,400m・1,800m・2,200m・2,500m・3,000mなど非根幹距離とされています。

根幹距離2,800mに関してJRAではビッグレースは行われないですが、2,400m以下の根幹距離にはそれぞれ名称があり、
スプリント(1,200m)・マイル(1,600m)・ミドルディスタンス(2,000m)・クラシックディスタンス(2,400m)となっていて
G1競走などのビッグレースが多く行われ、日本ダービーやオークス・天皇賞など名誉があるとされているレースも根幹距離を採用されているケースが多くなっています。

競馬の距離適性は距離が長い・短いだけでなく、根幹距離との適性というのもとても大事になってきます。

一例を出すと、歴代最強牝馬とも称されたウォッカは典型的な根幹距離馬とも言われ、全10勝あげたうちの10勝全てを根幹距離で勝利し、非根幹距離では1勝もあげていません。
アパパネも根幹距離馬で非根幹距離に関しては連対すらしていないという極端なデータもあります。

当然、逆のケースもあり、非根幹距離を得意として、根幹距離を苦手とする馬などもいます。

このように例えば2,000mや2,400mのレースで好走したり得意にしている馬でも、2,200mは走らない。苦手とする馬がいるという事です。

もちろん、数多くのG1を制覇してきたシンボリルドルフテイエムオペラオーのように根幹距離も非根幹距離も関係なしに強さを発揮できる馬もいます。
ですが、距離適性を見る時には、過去のデータで根幹距離と非根幹距離でそれぞれのレース別に好走しているレースが多いか?などを確認しておくとよいでしょう。

また根幹距離には考え方がさまざまで、競走馬が実力を発揮しやすい2,400mまでが根幹距離で、人間でいうマラソンに近いような2,800mや3,200m、3,600mは根幹距離ではなく非根幹距離だと主張する意見もあります。

これも理にかなっている部分もあり否定はできませんが、データ的にも2,400mなどの根幹距離を走れる馬は3,200mも走る事ができたり、データ的な背景などから当サイトでは根幹3,200mなどの距離も根幹距離として紹介いたします。

競馬情報会社ランキング