新潟2歳S出走馬の中ではプリンシバルスターとルグランフリソンが血統面で期待できます。

血統・コース適性で注目すべき新潟2歳ステークス登録馬

  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!

過去の勝ち馬でも有名馬が多い出世レースでもある新潟2歳ステークスではロードクエストの1強ムードもありますが、血統診断の結果ではほかにもっと期待できそうな馬が多数います。

2015年新潟2歳ステークス(G3)血統診断

血統鑑定士S氏血統解説

8月30日(日)新潟競馬場11R第35回新潟2歳ステークス(G3)

夏競馬も終盤に入ってきて、新潟競馬場の馬場状態も徐々に荒れてきました。今週日曜日のメイン競走では新潟2歳Sが開催されます。
この時期では、まだキャリア1戦~3戦程度の実績がない2歳重賞で、1,600m初挑戦の馬も半数以上を占めます。
そんな中でも、今年の登録馬では、早くも来年の活躍を期待する声が上がっている注目馬も参戦してきて、見所が多いレースになりました。
ここまで勝ち上がってきた直近のレース内容が良くて高い素質を感じられる前評判が良い馬を中心に血統情報を紹介していきます。

注目すべき点

~1強ムードが強い注目馬ロードクエスト~

ロードクエストは6月にデビューをして、その後放牧に入りキャリア1戦で3ヶ月の休み明けです。
そんな中でも、前評判では1強と評価されていて1番人気になる事が濃厚な注目馬です。
前走では6番人気ながら、スタートで出遅れて外を回りながら、あっさり勝ってしまいました。
上3Fは33秒2でただ1頭光る末脚を疲労してくれました。
ただし前走の前走でも6番人気が物語っているように、決して良血統の馬ではありません。
父馬はマツリダゴッホ。現役時代は有馬記念を9番人気から制した一発性が高い馬でした。
種牡馬になってからも、ウインマーレライやクールホタルビなどの重賞馬も輩出していますが、いずれも、一発ハマって重賞を制した要素が強いです。
母馬マツリダワルツも現役時代は地方競馬を走っていた馬で、繁殖牝馬になってからも目立った馬を出していません。
配合的には悪くはありませんが、エリートとは呼べないです。
前走は不利があった中での楽勝で、今回も多少の不利があっても直線の長い新潟の外回りなら、大崩れしないだろうと読む動きがあります。
ただし、現時点で血統だけを見ると、不利があるかに関わらず、今回も前走のようにマジメに力を出し切って走ってくれるのか?という不安もあります。
タイム自体は良くても3ヶ月前のレースですし、血統的には素質は高くハマれば強いけど、なかなかハマってくれない傾向があります。
馬自体も前走の内容こそ良かったですが、馬体が立派な訳でもないですし現時点の完成度も極端に高い訳ではありません。
1強ムードだと騒がれてオッズが低くなるのであれば、思い切って外して、穴馬を探しにいきたくなります。

~良血統で期待をするならルグランフリソン~

外国産馬ですが、父馬のスマートストライクはカナダの馬で、北米を代表する種牡馬です。
2007年と2008年にはカーリンらの活躍により北米リーディングサイアーに輝き、2008年には種付料が15万ドルにまで跳ね上がった、実績がある種牡馬です。
(尚スマートストライクは2015年3月に病気の為安楽死になりました)
日本でも数多くの産駒馬が送り込まれてきましたが、活躍できなかった馬が多く、現地程の結果が残せていないのが現状です。
しかし日本で活躍した代表産駒では共同通信杯ブレイクランアウトなどの結果を残した馬もいます。この他最近ではレッドレイブンなどが現役馬では活躍をしています。
最近のスマートストライク産駒の中でも馬体のまとまりが非常に良く、当たり馬の可能性を強く感じます。
前走はスタートに出遅れましたが、3角では楽に先頭に経ち余裕の走り。直線で後続に迫られるとギアチェンジをして最後も突き放す強い競馬でした。
前走は相手も弱かった印象もありましたが、同じ2歳とは思えないような迫力があり落ち着いた走りを披露してくれました。
実績のある種牡馬と前走のレース内容でも、オッズがつくのであれば、積極的に狙ってもらいたいオススメの良血馬です。

・血統のバランスが良い「プリンシパルスター」

新潟芝1,600mの過去2年種牡馬別成績を見てみるとダイワメジャー産駒がディープインパクト産駒の5勝を上回る6勝を挙げて1位です。
勝率13.0%でコース適性が高い血統だと評価できます。
そのダイワメジャー産駒の今年の注目馬のうちの1頭なのがプリンシパルスターです。母馬シルクプリマドンナはこれまでプリンシパルスター含めて8頭の産駒馬がいて、
そのうちの6頭が中央競馬デビューして、そのうち全頭が中央競馬で勝利を挙げています。
産駒馬の安定感が高い血統で前走は新潟の1,400mを勝利。今回はより血統適性を高く期待できる外回りの1,600mです。血統を見る限り距離延長にも不安はありません。
現時点では、まだ馬体が出来上がっていなく青さも感じますが素質が高い事は確かです。1戦使ってから中2週のローテーションで叩き上げも期待できます。
適正面でも条件が揃っている期待できる良血馬です。

・唯一の2戦以上土付かず。距離延長もプラスになる「ペルソナリテ」

2戦以上こなしている馬では唯一の土付かずの馬。過去2戦は東京と新潟の1,400mで左回りのコースを得意にしている雰囲気が既に出ています。
過去2戦いずれも僅差でしたが、末脚鋭く勝負強さが光りました。今回も僅差の勝負になれば期待値はライバルよりも経験値で一歩リードでしょう。
血統は父馬ステイゴールドで母父はアドマイヤコジーン。
母系の血統はイマイチな印象ですが、過去2戦は母系の短距離適正も生きた印象です。
今回は距離延長が課題になりますが、ステイゴールド産駒だけに1,400mから1ハロン延長でスタミナ切れを起こす事は考えにくいです。
新潟の外回りはあまり得意にしている血統ではありませんが、馬場ば荒れてきている開催終盤の今の芝の状態であれば期待値は高いでしょう。
実際に前走ダリア賞でも新潟で力勝負の競馬を制していますし、不安材料はありません。3連勝で重賞制覇ができる超良血馬とまでは評価できませんが、
今年のメンバーを見れば、チャンスも充分ありそうです。

・前走好タイムのタニセンビクトリー

2戦目勝利馬ですが、前走は福島1,800で圧勝。福島芝1,800mだっただけに、パっと見のタイムは平凡ですが2歳夏の時期を考えれば優秀で、
同日の古場500万条件のタイムを上回っています。新馬戦でも東京コースで好走していますしコース替りは大きなネックにはならなそうです。
血統は父ハーツクライに母父はミスタープロスペクター系のスキャン。母馬の産駒馬はいずれも条件戦止まりですが、3勝している全姉のヒルノアケボノよりも現時点では馬体もバランスが良く、
素質は高く感じます。
過去2戦を見るだけでも万能性を期待できる馬です。

・現時点での完成度はトップクラスの「ヒプノティスト」

注目馬のタニセンビクトリーを新馬戦で破った馬です。デビュー前の追い切りでは古馬1,000万条件の馬に併せ馬で先着するなど、現時点での完成度はメンバートップだと評価できます。
血統は父クロフネに母父アグネスタキオンと無難な系列の配合です。全兄で未勝利のハッピーシェフがいますが、どちらも母系の血筋が強い印象が若干あります。
パワー型の馬ですが、今の新潟の馬場状態であれば期待はできますし、雨でも降れば更に期待値は上昇しそうな雰囲気があります。
適度に父馬譲りのスピードも感じられて、高速競馬にも対応はできそうです。
距離短縮でも新潟の外回りコースであれば、それほど影響はないでしょう。

競馬情報会社ランキング