競馬は血統のスポーツと言われる事もあるくらい父馬や母馬・母父を中心に血統はとても大事なものと言われています。

競馬予想のカギは血統

  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析

血統とは競走馬の遺伝子を決める大きな要素があり、良質な血統からは優秀な競走馬が生まれやすいと言われています。種牡馬・繁殖牝馬は単に現役時代の成績が良いだけではなく、配合馬との相性や先代の血統など強い馬を配合するには様々な要素があります。

血統とは?

血統とは、競馬の競走馬の能力を見極める上でとても大事な事です。
競馬はブラッドスポーツという言葉もあり、好成績を残してきた競走馬は種牡馬や繁殖牝馬になり、その遺伝子を子孫に残していきます。
近年では競走馬における血統も科学的に解明されてきて、競走馬の競争成績に及ぼす血統の影響力は33%ほどと言われていて、残りの67%は妊娠中の母親の母体にいる中や生まれてからの環境によって変わってきます。

血統の重要性

33%といえども大きな影響を与えているのは確かな事実で、一定の種牡馬や繁殖牝馬から集中して重賞で勝つ一流馬が生まれています。
血統は生産者から、馬主・馬券を買う競馬ファンまで幅広い人が意識をしており、血統が良い種牡馬と種付けをするには相場は高くなり、生まれてから競りにかけられる馬も、ほとんどが血統によって値段が決められているといっても過言ではありません。

馬券を買う競馬ファンは血統を見て、その馬の能力の高さだけではなく、適正距離や性格なども予測を立てます。
また従来は配合をして子供に与える遺伝子の影響は種牡馬が大きいと言われてきましたが、近年の研究で競争馬の遺伝子は母親から55%〜60%、父親から40%〜45%と、母親の遺伝子の方が若干ですが大きく影響を与える事がわかりました。

種牡馬になるのには、現役時代に好成績をあげた馬がなるケースが多いですが、繁殖牝馬と違い、種牡馬は1年に多くの馬に種付けできるので、繁殖牝馬に比べて、数を必要としておらず、種牡馬になる競争馬の割合は中央競馬でデビューした競争馬のうち、0.1%ほどとも言われています。

そんなごく一部に選ばれる超一流馬でも種牡馬になって、必ずしも成功するとは限りません。
現役時代に大成功して種牡馬として成績を残せなかった代表としてはナリタブライアンオグリキャップタマモクロスなどがいます。
種牡馬はその馬の現役時代の成績だけではなく、その上の血統も重要で代々良血統馬というのも重要になってきます。

オグリキャップのように良血統馬ではないのに、現役時代にものすごい成績を収めて種牡馬になって失敗する事例はよくありますが、ナリタブライアンは成績もさることながら、父・母ともに良血統馬だったので、種牡馬として失敗した時には残念に思ったファン人も多いのではないでしょうか?

逆に現役時代に大した実績を残さなくても、上の血統が良いと種牡馬になり成功する馬もいます。

このように血統とは、馬の能力に大きな影響力を与えますが、必ずしも良い血統で現役の時に実績を残した馬同士の配合なら、優秀な競走馬が産まれるという事ではなく中には実績がある配合でも、優秀な競争馬にならないケースもあり奥深く、血統は競馬の醍醐味のひとつと言えます。

また、ブラッドスポーツとも言える競馬の優秀な馬同士を配合させて子供を産ませる方法は世間一般的に広く浸透していて、人間でも父親・母親の両方がスポーツ選手だったり、教授だったり同じ分野で優秀な能力を持った者同士が結婚をして子供を産むと、競走馬に例えられてサラブレッドと呼ばれる事もあり、競馬は血統が命というのは有名な話です。

血統鑑定士S氏が示す今週のオッズの歪みを作る注目良血馬解析
競馬情報会社ランキング