血統鑑定士S氏の今週の有力良血血統馬と予想記事をこちらのページにピックアップします。

今週の注目血統出走馬(火曜日更新)、今週の予想(土日更新)

  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣

血統鑑定士S氏の今週の良血注目週走馬と今週の予想をこちらのピックアップページに更新していきます。

血統鑑定士S氏のピックアップ

12月20日(日)阪神11R

朝日杯フューチュリティステークス(G1)

今年の2歳世代はハイレベルと言われていますが、ついに今週今年の2歳最強馬が決定します。
先週の2歳女王決定性の阪神JFでは1番人気のメジャータイフーンが勝利し、ダイワメジャー産駒が初の2歳リーディングサイヤーを獲得できるかにも注目が集まっています。
阪神芝1,600mはディープインパクト産駒が強いコースで、昨年の2歳G1は出走頭数が少ないにも関わらずディープ産駒と蛯名騎手のコンビが連勝した事も記憶に新しいです。
また、前評判で指示を集めているエアスピネルに騎乗する武豊騎手は、ここでG1を制すると史上初のG1完全制覇を達成する事になり話題になっています。
見所が豊富な今年の朝日杯を、血統情報と過去のレースの戦歴などを診断しながら予想をします。

~注目すべき点~

◎9番ポールライトニング

最大のライバルのディープインパクト産駒が不在になり、当然期待が高まるのがダイワメジャー産駒です。
その中でも、エアスピネルと同様に2戦2勝の土つかずで挑むのがポールライトニングです。
過去2戦ではレースセンスが光っていて、まだまだ余力を残しています。直線でも力を持て余す印象が強く、距離延長もポジティブに捉えられそうです。
500kgを超える大型馬体で1戦毎の成長にも大きく期待を寄せられます。
前走も決して楽なレース展開ではなく、ロスも大きい中での重賞勝利でG1級でも充分通用するでしょう。センスの良さも光る馬で、展開に応じて自在性も発揮できるのではないかと期待しています。

○11番エアスピネル

過去2戦では、圧巻のレース内容で、まだ底を見せておらず余力を残した走りっぷりです。
血統も父キングカメハメハと母父サンデーサイレンスの定番配合。新馬戦では阪神マイルで2歳とは思えない好タイムで快勝。
馬場状態が良いとはいえ、昨年のダノンプラチナのレースレコードを1秒4上回り、翌週の古馬500万クラスの勝ちタイムも0.2秒上回りました。
デイリー杯でも後続を寄せ付けない圧勝で、現時点での完成度は頭ひとつ抜けています。
レース間隔は詰まっていますが、中間の気配も力を抑えつつ好タイムを連発。力も出し切れる状態で勝ち負けのレースはできるでしょう。
ただし、武豊騎手の記録や、前評判の高さなど、マークも厳しくなる事や、コース適性自体は高く期待できる血筋ではない事。1番人気が過去10年で3勝のみで、2年続けて1番人気が勝った実績がない
レースデータ(昨年は1番人気のダノンプラチナが勝利)などがあり、若干の割引をしての評価。
本命印のポールライトニングも互角以上の素質を感じると評価した結果の対抗印になります。
オッズが緩ければ、もっと積極的に購入検討しても良い馬です。

▲15番リオンディーズ

血統を最も高く評価できるのはリオンディーズです。父キングカメハメハに母シーザリオは現役時代オークスと米G1アメリカンオークス招待Sを制した実力馬。
半兄には菊花賞とジャパンカップを制したエピファネイアがいます。母父にはG14勝のスペシャルウィークでSS系の血筋も入った黄金配合です。
同じキングカメハメハ産駒でも、血統の評価はエアスピネルよりも上。まだキャリア1戦ではありますが、デビューから1戦叩いた上積みも期待できます。
半兄同様にデビュー戦ではいきすぎる面も見せるなど、まだ精神面の若さは感じますが、外枠を引いた事はプラスです。
デムーロ騎手が上手に捌ければ、このメンバー相手でも快勝する見込みは充分ありそうです。
早熟血統ではない事や、長距離適性が高い馬ではありますが、2歳のこの時期であれば素質だけでのカバーも可能。楽しみな1頭です。

△12番シュウジ

デビューから3連勝した素質馬。前走のデイリー杯でもエアスピネルを押さえて1番人気に支持された馬です。
エアスピネルと着差があいた事で前評判の評価は下がりましたが、前走は逃げて折り合いが悪かった面も敗因になります。
スムーズに折り合いがつけば、もっと差は詰められるはず。小倉2歳Sで見た通り、ハナへのこだわりもないですし、ここぞという時の瞬発力も兼ね備えています。
血統面ではキンサシャのキセキ産駒で道悪に強い血筋。高速馬場の京都から阪神へのコース替りもポジティブに評価できます。
良馬場でも上位候補として充分期待できますし、少しでお馬場が重くなれば期待値はさらに上昇します。
半兄のツルマルリオンも重賞勝ち馬の良血馬。マイルでの実績もありますし、この舞台でも素質で押しきれるのではないかと期待しています。

以上を踏まえて

~予想買い目情報~

朝日杯フューチュリティステークス

単勝・3連複

単勝
9番ポールライトニング  6,000円
3連複
9-11-15   1,000円
9-11-12   1,000円
軸馬 [9-15] – 相手 [2.3.5.7.13] 合計5点流し 各400円

以上、単勝と3連複で勝負です。
エアスピネルに人気が集中する事が考えられるので、その他の注目馬のオッズが期待できます。
まだ2歳で不確実な要素が強いので、1番人気を軸にするよりも、ポールライトニングを軸にした方が効率的です。
先週の阪神JFメジャーエンブレムほど、エアスピネルは堅くないと判断しての買い目です。

競馬情報会社ランキング