府中牝馬ステークスはディープインパクト産駒の馬が有力です。

血統から読み解く府中牝馬ステークスの予想

  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め

血統鑑定士S氏が予想する府中牝馬ステークスはディープインパクト産駒のキャトルフィーユとスマートレイアーが有力予想となっています。連対率のデータから馬連。そして13頭立てを活かした3連複がよいでしょう。

10月18日(土)東京11R府中牝馬S(G2)

10月18日(土)東京11R

府中牝馬ステークス(G2)

~注目すべき点~

◎キャトルフィーユ
前走札幌クイーンS(G3)を制したキャトルフィーユが府中に戻ってきても期待できます。
キャトルフィーユの父はディープインパクト。2014年ディープインパクト産駒で最も多く勝ち星を上げているのが
芝1,800mのコースで距離適性も良いといえるでしょう。
母ワンフォーローズはキャトルフィーユは2頭目の子供で姉に父キングカメハメハで重賞2勝のエディアルバローサ。
妹には同じディープインパクトとの配合で産まれた妹のベルフィオーレ(3歳牝馬)がいます。

ベルフィオーレはデビュー後に7ヶ月の放牧で出遅れてクラシック戦線には出てきていませんが直近2レースでは連勝していて配合の良さもうかがえます。
過去のレースの実績と血統による内容も申し分なくキャトルフィーユを中心に予想を組み立てて良いでしょう。
前々走のヴィクトリアマイルでは5着と惨敗してますが、その前にはGⅢレース3戦連続連対と安定した戦歴も残してますので馬連を軸に組み立てます。

○スマートレイアー
今年の種牡馬別成績やその中でも芝1,800mの相性の良さを見ると、ディープインパクト産駒は抑えておきたい所。
母馬スノースタイルは5頭の子供がデビューしており、その中で目立った成績をあげているのはスマートレイアーのみです。
母父ホワイトマズルは直接の産駒としては菊花賞馬のアサクサキングスや日本ピロアワーズなどがいますが、ディープインパクトと
母父ホワイトマズルのデータが他にないとしても、スマートレイアーのポテンシャルを見る限りスノースタイルとの相性は良いと言えるでしょう。
前走札幌クイーンSでもキビ差の3着と好走しております。

▲アイスフォーリス
注目のステイゴールド産駒馬で芦毛の容姿は高い注目を集めます。
母父クロフネとステイゴールドの産駒は少なく成功している馬はいませんが、秘めているポテンシャル自体は非常に高いと予想されます。
前走・前々走と2戦連続でGⅢで4着と入賞もしていて展開次第では連対も充分にありえます。

△ウリウリ

ディープインパクト産駒のウリウリも抑えておきたいです。前走ヴィクトリアマイル(G1))では16着と大敗してますが、全く見せ場もなく負けてその後放牧に入った事を考えると疲れが出て力を出せなかったと考えられますが、それ以前の戦歴はそこそこ安定しており、放牧明けの鉄砲レースでも充分に巻き返しのチャンスはあります。

府中牝馬ステークス(G2)

馬連3点買い
2-3 2,000円
2-6 2,000円
2-4 2,000円

3連複BOX
2.3.4.6
各 1,000円

有力馬が内枠に固まったのも馬場状態が良い2週目良馬場予想の東京競馬場では有利に働く事も期待できます。
キャトルフィーユを軸に馬連・3連複で組み立てるとよいでしょう。

競馬情報会社ランキング