血統鑑定士S氏が予想する秋華賞はヌーヴォレコルトが軸になります。

血統から読み解く秋華賞予想

  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣

今年の秋華賞はオークス馬のヌーヴォレコルトを軸に考えると良いでしょう。ハーツクライの遺伝子を強く受け継いでいて、2,000mという距離も相性が良いです。

10月19日(日)京都11R秋華賞(G1)

10月19日(日)京都11R

秋華賞(G1)

~注目すべき点~

◎ヌーヴォレコルト
オークス馬で桜花賞3着。前走のローズステークス快勝のヌーヴォレコルトが実力でも群を抜いています。
父ハーツクライ。母オメガスピリット 母父スピニングワールド。
母オメガスピリットは現役時代条件戦止まりの馬。母父スピニングワールドはマイル専門馬だった事を考えるとオークス出走時に血統的不安は
大きかったですが、見事に快勝した事で父馬ハーツクライの遺伝子を強く引き継いでいる事を証明しました。
前走の1,800mのローズステークスでも余力を残していて2,000mが適正距離と見れる傾向もあります。
ハーツクライ産駒の距離別成績も2,000mが連対率約24%と高い水準を維持しています。
2週目の京都競馬場で2枠4番を引けたのも好感できます。
秋華賞の相手を考えてもヌーヴォレコルトを軸に考えるのが懸命でしょう。

○ショウナンパンドラ
前走は一度は飛び出るも最後に差されての2着。新潟の長い直線ゆえの最後のあと一息が足りないレースでした。
京都競馬場では充分に勝機があり、なによりディープインパクト産駒と京都2,000mの相性を見ると抑えておきたい馬です。
母父のフレンチデピュティのBMS産駒の成績も最近は調子が良く、好走できる条件が整っているといえます。

▲サングレアル
今年の秋華賞はゼンノロブロイ産駒が5頭出走しています。その中で注目したいのがサングレアル。
今年4月のフローラステークス(GⅡ)東京競馬場2,000m良馬場でスローペースで進んだレース展開の中見事な差し切りで見事な勝利をあげました。
結果そのレースの鉄砲が効きすぎてオークスでは惨敗。その教訓を活かして前走放牧明けのローズステークスでは仕上がりが弱く今回の秋華賞に照準を合わせてきていると言えます。ブエナビスタと同じビワハイジの母馬との配合への期待も高く力を出し切れれば連対もあります。

△レッドりヴェール
上位人気が予想されるレッドリヴェール。前走のローズステークスは叩きの1戦で秋華賞に照準を合わせてきている。今年の秋華賞は逃げ・先行馬が少なくスローペースも予想される事から先行馬で今注目の種牡馬ステイゴールドを父に持つレッドリヴェールに注目をしたい所ですが、ステイゴールド産駒と京都競馬場の相性がとても悪いのがネガティブポイント。
距離適正は問題なく実力もある馬ですが、他の注目馬に比べて一歩後退しているといった所です。

秋華賞(G1)

馬単5点買い
4→6 3,000円
4→14 2,000円
4→8 2,000円
4→18 1,500円
4→1 1,500円

4番ヌーヴォレコルトを軸に馬単1着5点流し。
馬連・ワイドを活用する場合は6番・14番・8番あたりに絞込みをするのも良いでしょう。

競馬情報会社ランキング