ファンタジーSでは、良血馬ダイワプロパーのデビュー2戦目での重賞勝利に期待です。

血統鑑定士S氏が読み解くファンタジーS

  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析

2歳牝馬が集まるファンタジーステークスは混戦ムードがある中、あえて中穴になる要素もあるダイワプロパーを本命馬にあげます。 良血馬で予想展開も今回は味方してくれそうです。

11月8日(土)京都11Rファンタジーステークス(G3)

11月8日(土)京都11R

ファンタジーステークス(G3)

~注目すべき点~

◎ダイワプロパー

キャリア1戦のダイワプロパーを大胆に本命馬予想します。
京都芝1,400mの種牡馬別成績で過去2年の種牡馬成績ではダイワメジャーが5勝でディープインパクト産駒に次いで2位。
出走回数39回に対して連対率も23%と高い数字を残しています。
既に前走のデビュー戦で同じコースで好走実績があります。逃げ・先行馬多数でハイペース予想のレースで末脚が光るダイワプロパーは有利。
前回と同じ内枠を引けたのも、この馬が何か持っているのでは?と期待してしまいます。
中1週でも若い馬ですので問題なし。追い切りでは中1週の割には好タイムも出して馬も良く動いてました。
当日パドックで入れ込んでいる雰囲気がなければ勝機ありです。

○ダノングラシアス

父馬マンハッタンカフェ・母父グランドスラムと短距離適正が少なそうな血統ではありますが、過去2戦を見ると、1,400mであれば実力を出し切れているようです。
前走では内側を回って折り合いがついていましたが、4角で進路がなくなり、一度シンガリ付近までポジションを下げて大外を回るというロスがありながら最後伸びてハナ差の2着。
タイムも好タイムで実力がある馬です。
前回のレース展開でも2着に入れる器用な馬ですので今回も同じ失敗はしないと期待します。
ダイワプロパーとともに、逃げ・先行馬多数のレースで内枠で末脚も使えるダノングラシアスには期待です。

▲シンフォニア  

父馬サクラバクシンオー産駒は距離適正充分。
母馬の血統にはフォーティーライナー系と若干ダート適性の血筋が入ってますが、デビュー戦を見る限り気にならないでしょう。
前走のすずらん賞は最後の直線で馬が走るのをやめてしまいました。
もしかしたら、一度抜かされると闘争心がなくなるタイプの馬かもしれません。
それでもデビュー戦の最後までスピードが落なかった豪快な逃げ切り勝利の印象は強く、このメンバー相手でも実力は上位で一発のある馬です。

△レオパルディナ

父馬スニッツエルはもともとオーストラリアの競走馬。
2008年に一度日本の競走馬向けに種付をし2012年に4シーズンぶりに社台で種付を行いました。
2008年生まれ組では重賞勝利なしと今ひとつの成績。
体格が良い馬が多い特徴はあり新馬戦の時期は注目種牡馬となりましたが、イマイチ結果が出なかったのが現状。
今回レオパルディナに重賞初制覇の期待が高く寄せられています。
スニッツエル産駒の中では小柄な馬体で、今までの産駒馬とは違った魅力も感じられます。
今回は馬体を増やしてきている様子で年末の1,600mで行われる阪神JFも意識している様子。
前走の敗因に外枠のロスが挙げられていましたが、今回も運悪く8枠をひいてしまいました。
距離が伸びた事がどう影響されるかに注目です。

注1ウインソワレ

初勝利まで4戦かかってしまいましたが、前走では太めだった前々走から一戦叩いた事で良くなりました。
それまでの勝てなかった3戦も安定した走りは見せていて既にデビューからの成長性も感じさせる馬です。
前走では阪神の1,400mで好タイムもマーク。要注意の馬です。

注2ムーンエクスプレス

父馬アドマイヤムーンに母父メジロライアン。
一見相性が悪そうな配合にも見えますが、前走の未勝利戦の勝ち方でこの馬の可能性を感じさせました。
展開次第では中枠で折り合いを付けて、最後の直線でするすると前に出れる展開も充分期待できます。

~予想買い目情報~

ファンタジーステークス(G3)

馬連
1-2 2,000円
2-13 2,000円
2-3 1,000円
2-5 1,000円
2-8 1,000円
2-9 1,000円
2-10 1,000円
2-11 1,000円

ダイワプロパーを思い切って軸にして、馬連で幅広く勝負します。
ダイワプロパーは人気が薄くなる可能性も大きく、強気に勝負をしすぎるのは、リスクもありますが、まだ2歳で多くの馬にチャンスがあるファンタジーSでは良血馬で高いポテンシャルを持っていそうなこの馬を軸に勝負をするのも面白いと思います。

競馬情報会社ランキング