タンザナイトステークスでは血統良血馬と、阪神競馬場を得意とする馬に注目です。

血統鑑定士S氏が読み解くタンザナイトステークス

  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!

タンザナイトステークスでは阪神競馬場を極端なほどに得意とするオリービンに注目です。良血馬のサトノルパンとともに3連複を手堅く狙う予想を無料で提供しています。

12月7日(日)阪神11Rタンザナイトステークス

12月7日(日)阪神11R

タンザナイトステークス

今週末は中京でG1競走のチャンピオンズカップが開催。
土曜日には中山競馬場でG2競走のステイヤーズSが行われるなど阪神競馬場は第3場開催との見方もできますが、トップジョッキーは多く阪神に残っていて注目情報も多いです。
日曜日のメイン競走はオープン競走のハンデ戦タンザナイトステークスが開催され、注目馬も多く出走予定となっています。

~予想買い目情報~

◎オリービン

阪神芝1,400mで過去2年最も多く勝っているのがダイワメジャー産駒。
オリービンはその中でも特に阪神との相性が抜群でここまで挙げた5勝すべてが阪神競馬場です。
阪神競馬場の全成績はここまで[5.5.1.3]と抜群の安定性で1,400mも実績があります。
トップハンデとはいえ、56kgはポジティブサプライズとも取れる内容。
過去にハンデ戦で58kgを背負って勝った事もあり、条件は整っています。
差しの脚質を使う事が多いですが状況によっては先行できるのもここでは有利となりそうです。
枠順も真ん中より外が良好なデータが出ているコースですので、条件が揃っています。

○サトノルパン

父ディープインパクト 母エリモピクシーの良血馬で高い潜在能力を秘めています。
前回のオーロラカップは0.1秒差の3着で高時計もマークしています。
阪神内回り芝1,400mは初めてですが、直線が短いコースながら差しがよく決まるコースでもあり、スピードがあるサトノルパンには適正もまずまず高いと見れます。
距離自体は1,400mが一番合っています。
このメンバー相手であれば勝ち負けの勝負ができそうです。
春にはファルコンSで2着という実績もあるので、そろそろオープン競走では気持ちよくかって次のステップに進んでほしい馬です。

▲フォーエバーマーク

父はかつて外国招待馬でジャパンカップを制したファルブラヴで母父にはダンスインザダークで成長タイプは晩成型で6歳12月になりますが、まだまだ本格的な衰えは心配なさそうです。
1,200mでは瞬発力が全盛期の頃より落ちた影響で難しくなってきましたが、1,400mではまだまだいけそうです。
注目馬に差し・追込が多く、開幕週の阪神競馬場では、すんなりハナを取って先行できる可能性が高いです。
これまで重賞を連戦してきましtが着差が少ない善戦したレースも多く、相手が落ちるオープン競走であればチャンスはありです。

△バクシンテイオー

元々はスワンSに出るつもりでしたが外傷の影響で出走を回避して結果3ヶ月の休み明けとなりました。
乗り込みもしてきてますし、鉄砲が効くタイプ。
開幕週の馬場状態が不安ですが、末脚を活かせる展開ならチャンスがあります。
サクラバクシンオー産駒の同コースの勝率が高いのにも注目です。

注 プリムラブルガリス

フレンチレピュティ産駒は2014年1,400mでの成績が勝率13%とまずまずの安定。
前々走ではオリービンも含めて4頭同タイム決着のうちの1頭で展開さえ向けばこのメンバー相手でもヒケは取りません。
出走頭数が少ないレースで最内枠は歓迎です。
阪神競馬場も得意と向いているコースと言えるので、一発もある馬です。

以上を踏まえて

タンザナイトステークス

3連複
3-6-7 4.000円
5-6-7 4,000円
1-6-7 2,000円

以上3連複3点買い。
6枠の2頭が崩れにくい事を考えて、3着以内に入るもう一頭の相手探しです。
人気馬2頭になるので購入点数を絞った内容となっています。
直前オッズを見て状況に応じては6-7ワイド1点買いに変更しても良いでしょう。

競馬情報会社ランキング