招福Sの予想では、ゴールドアリュール産駒のマイネルバウンスに注目です。

血統鑑定士S氏が読み解く招福S

  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法

招福ステークスでは、注目各馬が実力でリードしている面があり、堅いレースと予想しています。その中でも準オープンで惜しいレースが続いていて安定感もあるマイネルバウンスを本命軸の馬単予想を紹介しています。

1月10日(土)中山11R招福ステークス

1月10日(土)中山11R

招福ステークス

~注目すべき点~

◎5番マイネルバウンス

中山ダート1,800mは本来であればキングカメハメハ産駒が強いコースですが、今回は不在となり、同コース過去2年種牡馬別成績で2位入っているゴールドアリュールのマイネルバウンスに注目をしたい。
準オープンに昇給後3戦連続3着は、着差こそ2馬身以上付いているレースがあるものの、実力はオープンでも充分通用するレベルを持っていると言えます。
単独トップハンデの56kgを背負いますが、普段は57kg背負って走っているので問題なしです。
過去3走と比べても相手が弱くなる招福ステークスでは順当に行けば勝てる馬と見てよいでしょう。

○14番ストロングサウザー

コース適性に期待できるのがハーツクライ産駒です。
出走回数は少ないものの、過去2年で同コースハーツクライ産駒の成績は勝率12.1%連対率21.1%と優秀な成績を残しています。
ストロングサウザーは前々走で着差以上に強さが光った内容の良い勝ち方をして、昇級初戦の前走は2番人気に推されながら大敗。
デビュー依頼掲示板を外さない安定感を見せていた馬ですが前走の敗因は、レース感覚が空いた事による太い馬体。
そこから中1週のローテーションで来ていますので、1戦叩いて本来の走りが戻る事が期待できます。
実力は準オープンでも充分に通用します。今回は相手もそこまで強くないのでここでは楽しみです。

▲3番バーディーイーグル

昨年は抜群の安定感を見せたバーディーイーグルの父ブライアンずタイムは晩生型の産駒馬が多いのが特徴。
500万条件を2勝するなど遠回りをしたり勝ちきれない競馬も多く、未だに条件戦にとどまっていますが、今年にかけて、更なる成長も期待できる血統の馬です。
中山競馬場の成績は今ひとつですが、成長した今のこの馬でしたら問題ないはず。
ブライアンズ産駒馬のデータを見ても、決して中山を苦手にしている訳ではありません。
昇級戦組の中では、準オープンにあがるまで時間がかかったバーディーイーグルは注目度は低いかもしれないですが、最近の成長性という面を考えれば、既に同条件でも充分通用する力を付けています。
レースローテーションも中間の気配も良く、前走のような走りを期待です。

△2番ティアップレーヴ

ダート転向して大成功した馬で3連勝でここまで来ました。
クロフネ産駒のティアップレーヴは元々ダート適性が期待できた馬で、同コースの過去2年種牡馬別成績ではクロフネ産駒は全体5位の11勝をマークしています。
勝率は8.7%と勝ちきれない所もありますが、距離も全く問題ありません。
母父はサンデーサイレンスとなっていて、ここまでのダート4戦は逃げ・先行・差しと展開に応じた多彩な脚質を見せていて自在性も高い馬です。
今回は6ヶ月半の休み明けになるのがネックですが、中間は坂路中心に稽古量はこなしていますが、年末からの調教ペースを見ると、
仕上がりが遅れている印象も高く、当日どれだけの仕上がりになっているかがポイントとなります。
万全の状態であれば、ここでも本命候補になりえる実力を持っている馬です。

注12番タナトス

中山ダート1,800mで圧倒的に出走が多い種牡馬はシンボリクリスエス産駒。
出走回数が多い事もあり産駒馬の同コース勝率は7.7%となっていますが、連対率は17.3%となっています。
出走数が過去2年で2位のゴールドアリュール産駒の134回を大きく上回る168回の数字を見れば、連対率は優秀で、数字で出ている以上のコース適性を感じます。
タナトスは1年前に同コースで準オープン2戦連続2着の実績も高く、得意としているコースなのは明白。
昨年は競走中止2回と気難しい馬でもありますが、得意コースで闘争心に火が付けば侮れない存在です。

~予想買い目情報~

招福ステークス

馬単
5→14  4,000円
5→3   2,000円
3→5   2,000円
5→2   2,000円

以上馬単4点買い。
△の予想印を付けた4頭までの実力が他の馬の実力を一歩リードしている印象です。
3連服も狙いに行きたくなる部分もありますが、昇給後に結果を残していて、今回のメンバーであれば、順当に行けば勝てる実力があるマイネルバウンスを1着軸にできると判断して、注目馬に絞った馬単予想となっています。
成長が著しいバーディーイーグルのみ
裏も抑えた予想となっています。

競馬情報会社ランキング