石清水ステークスでは京都競馬場を得意としている実績馬たちに注目です。

血統鑑定士S氏が読み解く石清水S

  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣

石清水ステークスでは勢い条件戦連勝で勢いに乗るダンシンサンダーや同条件で一度勝っているトーセンソレイユとウインプリメーラ、ディープ産駒のハーキュリーズに注目です。

1月25日(日)京都11R石清水ステークス

1月25日京都11R

石清水ステークス

~予想買い目情報~

◎9番ダイシンサンダー

24日土曜日にも同コースの予想をしていますが、そこでも紹介する通り、本来京都の芝マイルはディープインパクト産駒の独壇場とも言える圧倒的データが出ているコースです。
今回はハーキュリーズ1頭がディープ産駒として参戦しますが、7歳馬で昨年の夏以降不振が続いている事を考えると、本命までは持ってこれません。
そこで期待したにのがダイシンサンダーです。
アドマイヤムーン産駒は過去2年同コース種牡馬別成績で単独6位の5勝をあげていて、勝率11.4%、連対率20.5%と安定した内容のデータが出ています。アドマイヤムーン産駒の全データを見ると芝1,600mも勝率は6.5%・連対率14.4%ですので、京都外周りコースはスピード型の血統だけあって、適性が高いと言えます。
500万、1,000万と条件戦を連勝して準オープンに進めてきた馬で、ここまで6戦3勝の素質溢れる4歳馬です。
前走は京都内回りの2,000m。前々走は中京のマイルとこなしていて、京都のマイルは2着に入ったデビュー2戦目以来約1年ぶりですが、適性は高く、
最近の成長具合を考えれば多少ペースが早くなっても充分対応できるでしょう。
血統は母父がマンハッタンカフェで僅かにサンデーサイレンスの血も入っています。父、アドマイヤムーンはミスタープロスペクター系からのフォーティーナイナー系でスピードが特徴の馬。
母父マンハッタンカフェとの配合はバランスが取れていると評価できます。
4歳~5歳くらいに充実期を迎える事が多い血統で、今後の成長性も充分。オープンや重賞にも挑戦できる可能性がある馬でここでは実力上位です。

○2番トーセンソレイユ

一昨年は牝馬クラシック3戦全てに挑戦して、去年には準オープンで一度勝っている馬。準オープン勝利後も同条件4戦していて、3着3回、2着1回となっています。
同条件で勝った時も同じ舞台で京都マイルを好んでいる馬。
今回も土曜日の京都牝馬ステークスとの兼登録をしていましたが、準オープンの石清水S参戦となり、当然ここでは上位候補。
大きく崩れる事は考えづらいでしょう。
血統は母馬にウインドインハーヘアを持つ良血馬。
言わずとしれたディープインパクトと同じ母を持つ半妹にあたります。父馬はネオユニヴァースで、京都やマイルの適性を産駒馬データで見ると、可もなく不可もなくといった平凡な内容。
トーセンソレイユが京都を得意としている事は明白で母の遺伝子が入ってきていると想定できます。
クラシックでは活躍できませんでしたが、古馬になって大きく成長した馬。
準オープンを早くもう一戦勝てれば、第一線に再び挑戦できる可能性もある素質馬です。

▲10番ウインプリメーラ

2013年に一度同コース同条件で勝っている馬です。
一度1,000万条件に落ちましたが前々走で勝利。前走は準オープンで3着と実力は上位です。
今回は55kgのハンデが若干重しになりそうですが、過去4戦は全て55kg以上を背負っているので、成長した部分を考えれば全く問題ありません。
京都競馬場は[3.1.0.0]と抜群の相性を誇る舞台。ここでも勝ち負けのレースが期待できます。
母馬はダート適性が高い血筋ですが、父馬ステイゴールドの血筋を強く受け継いでいる様子。比較的小柄な馬で芝が軽い京都が合うのでしょう。
過去6戦全て掲示板以内と安定していて、昨年は福島牝馬S(G3)で0.2秒差の4着という戦歴もあります。
準オープンのクラスの中でも実力馬が揃っていますが、春以降は再び重賞挑戦も狙っている馬だけに、良い腕試しの舞台となりそうです。

△15番ハーキュリーズ

冒頭でも紹介している通り、抜群のコース適性を誇るディープインパクト産駒の馬です。
過去2年種牡馬別成績では99回出走して3着以内率46.4%とずば抜けた成績を誇っています。
元々安定感が魅力の馬でしたが、昨年夏に調子を落として2桁着順を2戦続けています。
こういった戦歴から人気を落とす事が想定されますが、2桁着順に沈んだレースは中京の芝1.400mと小倉のダートですので、[2.2.2.6]と結果を残している京都競馬場であれば巻き返しのチャンスは充分あります。
一度休みを入れて、今回は1戦叩いた2戦目。
ガラリと変わる要素は充分あります。7歳馬となり衰えも気になり出す時期ですが、ディープ産駒独壇場のこの舞台であれば、上位に食い込む要素は高いです。

以上を踏まえて

石清水ステークス

3連複

BOX「2」「9」「10」「15」4通り各2,000円
2-4-9  2,000円

以上実力上位馬中心の3連複5点買いで勝負です。勝てる力を持っている馬が限られている事を考えると、3連複の活用が効果的。
ハーキュリーズを除いては安定感も高いので、5点買いでも充分に期待を持つ事が可能です。

競馬情報会社ランキング