関門橋ステークスでは、実績・血統適性で期待値が大きいダノンシンフォニーに期待です。

血統鑑定士S氏が読み解く関門橋ステークス

  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣

関門橋ステークスでは、血統適性が高いアグネスタキオン産駒で、今回太い馬体を1戦叩いて、得意距離に戻ってくるダノンシンフォニーに注目です。

3月1日(日)小倉11R関門橋ステークス

3月1日小倉11R

関門橋ステークス

~予想買い目情報~

◎10番ダノンシンフォニー

血統的にも実績的にも信頼をおける本命馬として推奨できる馬です。
ダノンシンフォニーはデビュー以来掲示板を外したのは前走だけ。昨年は夏に500万条件と1,000万条件を連勝して、
その後昇級初戦の準オープンでは2着と同級への手応えもつかみました。その後4ヶ月の休み明けとなった前走は馬体重+20kgと
明らかに太く、距離も長すぎた印象。1戦叩いた上積みと得意距離に戻る事を考えれば、再び上位候補の筆頭として
ここでは期待できそうです。
更に期待値をあげるのが、血統によるコース適性。小倉芝1,800mの過去2年種牡馬別成績を見てみると、アグネスタキオン産駒は
出走回数は少ないものの、3位タイの6勝で勝率22.2%、連対率25.9%と強い結果を出しています。
ダノンシンフォニーもここまで小倉は3戦2勝と相性の良いコース。他に高いコース適性が期待できるディープインパクト産駒と
スペシャルウィーク産駒が不在という事もあり、実績、血統によるコース適性の双方で期待値が大きく、本命馬として申し分ない存在でしょう。
前走、馬体が増えすぎていた感もあるので、当日のパドックと馬体重にも注目です。

○8番プロクリス

キングカメハメハ産駒は同コース過去2年種牡馬別成績で2位タイの6勝。連対数は単独2位で3位以下を大きく引き離していて、
連対率19.4%と高い数字を残しています。
そのキングカメハメハ産駒の中でも注目なのがプロクリス。2走前は強い競馬で1,000万条件を勝利。
昇級初戦の前走でも4着に入り、同級でも通用する手応えを掴んでいます。今回は距離延長も歓迎で、
小倉芝1,800mは新馬戦でも走ったコースで、その時は2着。前走の内容を見ても、仕掛けた時の反応が良い馬なので、
直線の短いコースは歓迎でしょう。
久々のレースを使った上積みとコース替り。前走よりも相手が落ちる印象もあり、ここでは上位候補です。

▲5番ブレークビーツ

昨年の夏以降に大きく成長した馬。特に夏の函館・札幌で500万、1,000万と条件戦を連勝した内容を見れば、
今回初挑戦となる小倉も適性が高いのでは。と期待を持てます。
ジャングルポケット産駒は同コースでは過去2年種牡馬別ランキングで8位。内容も可もなく不可もなくといった印象です。
母父がサンデーサイレンスとの配合ですので、ある程度の万能性も期待でき、好枠を引けた事で
期待値も上昇です。
1,000万条件を勝った時依頼の1,800mと速い時計のレースでも善戦している地力の高さを考えれば、充分、
勝てるチャンスもある馬です。

△6番リメインサイレント

昨年は抜群の安定感を誇っていた馬。前走は重賞で相手が強かったですが、今回のメンバーであれば
実力上位。本来の走りが出れば上位争いをできる実力馬です。
父ホワイトマズルは産駒馬全体の競馬場成績は勝率、連対率ともに札幌競馬場が一番。
それに続いて小倉が2番目に高い成績を残しているコース。この2コースの相対性を見ても、適性が高いと判断できます。
準オープンの舞台に戻った事と、コース替りで今回は期待値上昇。上位候補として見ておきたい馬です。

注1番フレイムコード

父馬タヤスツヨシは95年のダービー馬で、ラジオたんば杯でレコード勝ちした実績などもある馬。
種牡馬になってから目立った成績は残していませんが、未だに産駒馬がこうして中央競馬で走っているのは、それなりの
所までは行く馬を輩出しているからです。
同産駒馬の得意距離は1,800m~2,000m。今回は久しぶりの1,800mで巻き返しの期待も持てます。
注意印で推奨した理由は、今回の差し馬が多いメンバーと、小回りの小倉コース。
最内枠で安定して先行できる脚質はそれだけで驚異となります。
前走は準オープンで0.2秒差。3走前はオープン特別で0.3秒差の競馬をしている点にも注目。

以上を踏まえて

関門橋ステークス

単勝

10番 ダノンシンフォニー 10,000円

以上単勝1点買いです。
今回のメンバーではダノンシンフォニーを信頼できる1着軸に固定。準オープンや前走の影響もあり、極端なオッズにはならないと予想。
単勝2.5倍を明確に下回るようでしたら、予想印を付けた馬を中心に馬単への変更もオススメします。
最初から馬単を狙ってもよいのですが、2着候補が、注目馬を筆頭に混戦ムードになっている事を考えれば、資金振り分けで失敗しずらい単勝1点買いの方が
効率的と判断しました。

競馬情報会社ランキング