阪神牝馬ステークスでは、距離短縮によって変身が期待される、実績馬に注目です。

血統鑑定士S氏が予想する阪神牝馬ステークスの買い目と血統情報

  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道

阪神牝馬ステークスは、本来最も得意とする距離に戻るスマートレイアーを軸にホエールキャプチャ、メイショウマンボを相手にしたワイド2点買い予想を紹介しています。

4月11日(土)阪神11R阪神牝馬ステークス(G2)

4月11日(土)阪神11R

阪神牝馬ステークス(G2)

土曜日のメイン競走はヴィクトリアマイルのステップレースにもなる阪神牝馬Sが開催されます。
前走オープン特別以上の馬は全て馬券圏外の4着以下となっていて、目立つ馬がいないのが現状。
混戦ムードの中、血統適性を重視して予想していきます。

~注目すべき点~

◎13番スマートレイアー

昨年の同レースの勝ち馬。重賞勝ちの実績や一昨年の秋華賞2着の実績はメンバーの中でも実力上位。
今回強く推したいポイントは距離短縮です。能力が高い馬ですが、元々は1,400m~1,600mくらうに適性がある馬。
昨年の同レースではスタートで大きく出遅れて、いきなり4馬身程、1頭ポツンと離される苦しい展開。
それでも短い距離のレースで差し切り勝ちという圧巻のレース。今回も外枠が気になる所ではありますが、脚質を考えれば外枠はポジティブに取れます。
ディープインパクト産駒は阪神内回りの1,400mは外回りの1,600mに比べて適性は落ちますが、それでも連対率20.9%確保できているので、割引材料には全くなりません。
母父のホワイトマズルの系の血統を見ると、全体的に長距離やダートに適性がある血統ですが、ホワイトマズルの代表産駒の中にはマイラーズカップを勝って1,400mを得意としていたシルポートなどもいるので、短距離適性が極端に低い訳ではありません。
母馬スノースタイルからは唯一のディープインパクトとの配合馬。
ディープ産駒の適性が生きてスピード重視、1,400mくらいを得意とする馬となっています。
1,400mを走るのは、昨年の同レース以来。過去2戦に比べても相手も弱くなるので、ここは信頼できる本命馬として期待です。

○10番ホエールキャプチャ

重賞2勝の実績馬。エリザベス女王杯は案外でしたが、同コースで行われた前走は阪神カップでは進路がふさがる不利もある中
最後は末脚が伸びて5着まで追い上げて着順以上に評価できるレース。
昨年も札幌記念、府中牝馬Sで2戦連続3着と安定感がある点にも注目です。
本来は東京競馬場を得意としている馬ですが、前走は久しぶりの阪神でも見せ場を作っていて、今回は中間の気配も良好。
休み明け成績は[2.0.0.5]と若干波はありますが、ポン駆けするタイプの馬でもあり、今回の仕上がりを見れば期待できます。
クロフネ産駒は元々は1,200m~1,400mを得意としている血統。それが2015年に入ってからは芝1,400mの産駒馬の全成績が[0.1.0.15]と散々な内容。
本来の血統適性や、現役のクロフネ産駒馬の中ではトップレベルの実績を誇るホエールキャプチャが今年の初レースで、産駒馬が不振となっている流れを変える快走期待します。

▲15番メイショウマンボ

馬の素質という面であれば、現役の牝馬の中でもトップクラス。
長い手脚を上手に使って秋華賞、エリザベス女王杯と連覇した全盛期の走りが印象に強い馬です。しかし昨年の秋競馬ではまさかの3戦連続2桁着順。見せ場も作れず、敗因も良くわからないというのが、引っかかる部分でもあります。
ピークが3歳時と考えれば早熟馬とも取れますが、サンデーサイレンス系の血統に母父がグラスワンダーですので、極端な早熟血統という訳でもなさそうです。
何よりも恵まれた馬体を持っているので、多少の衰えがあっても、5歳馬であれば、まだまだやれるハズと期待したい馬です。
3歳春にはこの舞台でフィリーズレビューを勝った実績もあり、昨年のヴィクトリアマイルでは2着。
短距離は得意としている馬です。
距離短縮や相手が弱くなる事で、折り合いがついて変身する可能性は充分あります。
休み明け成績が[0.0.0.3]と振るわない成績なのも気になりますが、秋競馬がダメだったのと、コース替りという環境の変化で、ここでは久しぶりでも好走できる可能性は充分あると読みます。

△12番ウリウリ

スマートレイアーと同じディープインパクト産駒。昨年は京都牝馬Sを勝って、阪神牝馬Sは2着と、活躍した馬。
今年は京都牝馬Sで1番人気におされながら5着に沈みましたが、前々走の阪神カップでは、強い馬が揃った中で僅差の2着。
ホエールキャプチャに先着しているのも好印象で、昨年からの成長性は感じられる馬です。
母馬のウィキウィキは短距離を得意としている血統ですし、母父のフレンチデピュティはステイヤーからスプリンターまで幅広い名馬を輩出した万能性ある血統。
ダート適性もある血統で、ウリウリは過去に重馬場で行われたローズSで3着に入った実績もあります。
天気が悪い予報が続く今週末では、雨が降っても気にしないウリウリにも注目です。
デリケートな馬で、入れ込んでしまう事も多いので、当日のパドックの様子もしっかりチェックしておく事が必要です。

注 8番レッドリヴェール

2歳児には阪神JFを制して、昨年の桜花賞2着、エリザベス女王杯では距離が長く大敗でしたが、休み明け成績[2.1.0.1]という内容を見ても買いたくなる要素が強い馬。
G1での上位実績を見ても、ここでも実力上位。ステイゴールド産駒の血筋を見ても、2歳女王だからといって、超早熟血統の可能性は低い馬です。
実力がある事は認めますが、阪神芝1,400mではステイゴールド産駒はあまり活躍していないのも現状。2歳の条件戦などでは、短距離で上位に入る事も多い血統ですが、オープン特別以上では、苦戦している傾向もあります。
昨年の秋以降結果が出ていない事もあり、上位候補という点は認めつつ、控えめにみておきたい注意が必要な馬です。

以上を踏まえて

~予想買い目情報~

阪神牝馬ステークス

ワイド

10-14  6,000円
14-15  4,000円

以上ワイド2点買いで勝負です。

出走頭数や、前走大敗など不安材料を抱える馬が多い事を考えると、馬連や馬単での勝負はしずらいレース。
オッズもダンスアミーガやレッドリヴェールあたりにも適度に分散してくれると予想されるこのレースでは、期待が強い上位3頭に集中した
ワイド2点買いで勝負です。

競馬情報会社ランキング