荒れるレースが多い富士ステークスの予想では2歳王者のダノンプラチナに本命印を付けています。

血統鑑定士S氏が予想する富士ステークスの買い目と血統情報

  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道

マイルCSの前哨戦でもある富士ステークスは実績がある3歳馬や、サトノアラジン、ワールドエースなど世代を代表するマイラーから、ロゴタイプのようなマイルで巻き返しを狙う素質馬など豪華なメンバーが集まりました。波乱が多いレースデータも含めて予想しています。

10月24日(土)東京11R富士ステークス(G3)

10月24日(土)東京11R

富士ステークス(G3)

土曜日開催のG3としてはこの秋最も注目されるレースになったのが、1着にマイルチャンピョンズシップ優先出走権が与えられる富士ステークスです。
春にNHKマイルカップを制したクラリティスカイや朝日杯を勝ったダノンプラチナ、2着のアルマオイワリなどマイルで結果を残した注目の3歳馬や、天皇賞・秋ではなくマイルCSを目指したロゴタイプなど豪華なメンバーが集まりました。
過去10年のレースを見てみると、1番人気は僅か2勝、馬単5万馬券以上が2回、馬連万馬券が4回など、波乱も多いレースです。
注目馬の血統情報を見ながら予想を紹介していきます。
東京芝1,600mのコース特徴は最初のコーナーまでの直線が長く枠順をほぼフラットで、直線の瞬発力と持久力が必要です。
重賞ではレースペースが早く、脚質は先行と差しが互角。逃げ、追い込みは割引です。

~注目すべき点~

◎3番ダノンプラチナ

東京芝1,600mの過去2年種牡馬別成績を見てみると、圧倒的な成績を残しているのがディープインパクト産駒です。
レース開催も多いコースという事もあり、過去2年の産駒馬の勝利数は29勝で2位ダイワメジャー産駒の14勝を大幅に上回っています。
勝率14.4%、連対率27.4%に加えて、オープン特別以上で11勝(内重賞5勝)の内容は文句の付け所がありませんし、信頼性の高いデータと見て取れます。
今回は1番人気候補のサトノアラジン、海外遠征からの復帰戦になるワールドエース、そして2歳王者のダノンプラチナの注目馬3頭が出走予定です。
下手すれば3着以内をディープ産駒が独占する可能性すら感じられる有力馬が揃いました。
その中でも、最も期待したいのがダノンプラチナです。
皐月賞以来6ヶ月半ぶりのレースで、馬体は緩い印象もありますがプール併用で稽古量は豊富ですし気合が乗っているので、ポン駆けを期待できる状態です。
血統は母系が外国馬系列でファビアノ系の国内では若干珍しい血統です。ファビアノ系はミスタープロスペクター初期の産駒馬で、底力を高い血筋です。
早熟タイプでもなく、2歳時から馬体が一回り大きくなった印象もあります。昨年の3連勝で朝日杯を制した時に比べると状態は若干落ちますが、春からの成長性は強く感じられます。
今年初戦のスプリンターズSは久々の中3着。皐月賞は崩れましたが4角の不利と距離のネックがありました。久しぶりに得意距離のマイルに戻る事でいきなりでも期待できそうです。
本来は京王杯OHからのローテを予定していましたが、調整がうまくいかずに富士Sまで復帰が遅れてしまいましtが、その分しっかり稽古はしてきています。
馬体が若干緩いのは他の注目馬も同じですし、3歳の勢いやディープらしさを強く感じられるので、波乱のレースも多い富士Sでは本命馬として期待していきたいです。

○11番サトノアラジン

前走エプソムCでは1番人気の中でエイシンヒカリに負けましたが、その後のエイシンヒカリの出世具合を見ればクビ差の2着とディサイファに先着した点は高く評価できます。
今回も4ヶ月半の休み明けですが、鉄砲が効くタイプですし稽古でも馬の気合を感じられます。
ここまで4戦連続連対で距離短縮が良い方向にいったようです。
これまでマッチアップしてきた相手も強いですし、今回も豪華なメンバーが揃ったとはいえ、厳しい相手ではなさそうです。
ラキシスの全弟でもあり、血統面の評価は文句なしです。今年の安定性を考えてもしっかり馬券に絡めておきたいと思える注目馬です。
ただし不安はマイルという距離。ラキシスが2,000m以上を得意にしている点や、準オープンのマイルで勝った時に余裕が感じられなかった事を考えると、頭候補としては買いづらい部分もあります。
1番人気が不振というレースデータも出ていますし、若干割引しての評価です。

▲14番ロゴタイプ

いいレースをしながらも、皐月賞以来勝利が遠ざかっている馬で、素質を考えると悲劇とも言える戦歴です。
マイルは昨年のマイルCS以来の挑戦ですが、過去には東京の1,600mで2勝している戦歴もあり血統は充分期待できます。
勝利はなくてもレースっぷりを見ていると昨年よりも成長した事は確かです。
オールカマーから着実に上積みも期待できるようですし、ここでは復活のレースになる事を期待していきます。
ローエングリン産駒は東京マイルを得意にしているデータも出ていますし、血統を見ればこれから充実期を迎える事も期待できます。
持ち時計は1分32秒0でメンバーの中ではワールドエースに次ぐ内容でレースペースへの順応性も期待できます。
決め手に欠く部分があるので、単穴印とはいえ、頭候補にはしづらいうまですが、素質は上位なのは確かな事ですし、展開次第では勝てるチャンスも充分ありそうです。

△5番ヤングマンパワー

富士Sで最も好走実績がある京成杯AH組の最上位。ここ2戦重賞で連続3着と直実に力を付けてきた馬です。
前走で馬体を大きく絞ってきましたが、大型馬だけにやっと馬体が出来上がってきた印象。中間の気配も良好で上積みも期待できそうです。
スニッチェル産駒は本来であれば、スプリンター系の血統ですが、ヤングマンパワーはこれまでマイル専門で実績を積み上げてきました。
母父がサンデーサイレンスでその血筋がしっかり入ってきている印象です。
前走もロスがあっての3着ですし春からの成長性はメンバートップクラス。3ヶ月以上の休み明けの馬が多い中で短期放牧を挟んだ理想的なローテーションで中間の気配も良好です。
上位候補として期待できそうです。

注13番ワールドエース

ディープインパクト産駒の注目馬。3歳時は皐月賞2着、ダービー4着と好走実績もある世代トップクラスの力を持っています。
1年8ヶ月の休みがありましたが、復帰2戦目のマイラーズCでレコード勝ち。
今年の海外遠征は結果が出なかったですが、戦歴を見れば日本の高速馬場に適性がある馬です。乗り込みも充分ですし巻き返しの期待ができます。

以上を踏まえて

~予想買い目情報~

富士ステークス

馬連

3番ダノンプラチナ  - 相手[1.2.4.5.6.8.10.11.13.14.15.16] 合計12点流し 各500円
14番ロゴタイプ  - 相手[1.2.4.5.6.10.11.13] 合計8点流し 各500円

以上馬連をダノンプラチナとロゴタイプを軸に流していきます。サトノアラジンは割引する訳ではないですが、波乱のレースも視野に入れて流し買いを活用するなら軸にはしづらいです。
順当に行けば、予想印を付けた馬を中心に馬連で3~5点で勝負したい部分もありますが、レースデータとメンバーを見ても荒れる要素はあるので、幅広く流して万馬券を狙いにいきます。

~予想買い目結果~
馬連3-11 6,550円 的中

競馬情報会社ランキング