第19回秋華賞は3番人気のショウナンパンドラが勝ちました。

秋華賞結果フィードバック

  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法

10月19日開催の秋華賞は断然の1番人気ヌーヴォレコルトが2着に惨敗し、新女王ショウナンパンドラが秋華賞馬となりました。 騎手の騎乗を褒める内容でもありヌーヴォレコルトも実力は発揮しました。

2014年秋華賞(G1)

元競馬騎手A氏重賞フィードバック

10月19日(日)京都競馬場11R秋華賞(G1)

牝馬のクラシックの最後の1冠秋華賞の結果は以下の内容となっております。

1着  6番 ショウナンパンドラ  1分57秒0
2着  4番 ヌーヴォレコルト   クビ
3着  12番 タガノエトワール   1 1/4馬身
4着  1番 プランネージュ    クビ
5着  14番 サングレアル     1 1/2馬身

競走除外 13番パシフィックギャル (返還対象)

その他注目馬
8番 レッドリヴェール   6着
16番 オメガハートロック  11着
2番 レーヴデトワール   13番

~レース総評~

単勝1.5倍の断然1番人気のヌーヴォレコルト注目を集めましたが、結果はショウナンパンドラという新女王が誕生しました。

・スタート

15番オメガハートロックが出遅れました。2戦2勝で秋華賞挑戦と注目を集めましたが、9ヶ月の休み明けというブランクがスタートと失敗という結果につながってしまったのは残念でしたが、想定できる内容でもありました。
それ以外は全体的に綺麗なスタートでした。
4番ヌーヴォレコルトはスタートは悪くないですが、スタート直後にいち早く後方にポジションを取り、11番ペイシャレフェリスが宣言どおり積極的な逃げ体制に入った事で有力馬のマークも少なく早い段階から縦長の展開になりました。

・レース中盤

予想どおりのハイペースでレースが進み、馬群も2つに大きく分かれる展開となりました。
ここで注目すべきは後方の馬群にポジションを取った3頭。
後方馬群の先頭にはポツンと6番ショウナンパンドラがポジションを取りその後ろに12番タガノエトワール・4番ヌーヴォレコルトと
続き、非常に楽な折り合いで芝が綺麗な京都芝コースの内側をゆったりと折り合いを付けられていました。
結果的にこの3頭が上位3着にそのまま入る事となり上位に入った馬はレース展開や馬場状態を考えても最高のポジション取りをできていたと言えます。
8番レッドリヴェールはヌーヴォレコルトの後方2頭目あたりにつけていて、悪いポジション取りではなかったと見れます。
逃げたペイシャフェリスをはじめ、先行集団の多くはハイペースがネックとなり総崩れとなり1番プランネージュだけが唯一先頭集団からは4着に入賞しました。

・仕掛け

後方集団の中ではタガノエトワールが先手を取って最終コーナー外側からポジションをあげ、それにつられるようにヌーヴォレコルトをはじめ後方集団の馬達が一斉にしかけはじめました。
ショウナンパンドラは最終コーナーでも少し我慢をして内側のポジションをキープしてました。
多くの馬が最後の直線に入るに連れて外側へ膨らむ中ショウナンパンドラは仕掛ける前の時点で3番手くらいのポジションを取れていたのが非常に大きかったです。
他にも1番プランネージュが同様に内側で我慢をでき、先行集団後方のポジションにいたにも関わらず最後の直線で伸びる体力を温存できていました。

・直線~ゴール
外に膨らんだヌーヴォレコルトも伸びましたが、内からロスなく走ったショウナンパンドラが最後まで抑えて1着となりヌーヴォレコルトは2着。
外から回ったタガノエトワールは仕掛けが早すぎたようにも見えましたが最後粘って3着となりました。

~馬ごとの評価~

・ショウナンパンドラ   

浜中騎手の騎乗を褒めるべきレース内容ではありましたが、パドックの時点で春からの成長感を伺える仕上がりとなってます。
実力も牝馬トップレベルの水準まで付けていたのはレース結果が語っていて、今後も活躍が期待できます。

・ヌーヴォレコルト   

調子は良く、中団のポジション取りも良かったです。結果的に最後の直線を外側を回った事が敗因となりましたが、 岩田騎手はこの馬なら外を回っても充分勝てるという戦略があり騎手を責める事はできません。
ただ、オッズに対して過剰評価されていた感は出てしまい、予想以上に伸びなかったのもあります。
それでも連対するのはさすがで、次走以降も注目馬になることは間違いないですし、オークス馬に恥じないレースでした。

・タガノエトワール
 
3着という結果は善戦したといってよいでしょう。
いち早く最終コーナーを外側から仕掛けて一度失速しそうになってからの粘りは見事で実力は上位2頭と大差ないでしょう。
次走以降レース展開によっては先行のポジションを取れればよりよい結果が出るでしょう。

・プランネージュ

4着という結果ではありますが、騎手の乗り方が光った部分も大きく今後重賞で勝利を期待できる脚ではなかったです。
ペースが早すぎた部分もあり、もう少し遅いペースや1、800などの短い距離でしたら、もう少し力を出せるかもしれません。

・サングレアル

最後の直線で1番外側を回った馬ですが、末脚が光りました。
仕掛けタイミングやポジション取りがうまくいけば更に上位に入った可能性もあり、不人気馬でしたが自走に期待ができるレースでした。

・レッドリヴェール

2番人気に推されましたが、正直馬の良い所は何も光らなかったです。
ポジション取りは向こう正面から最後の直線まで悪くなく、レース展開も差し有利の展開でした。
大外を回った不人気馬のサングレアルに競り負けるなど次走にも不安を残すレースでした。
パドックも少し入れ込んでいる感がありますが、2歳時と馬体などあまり成長を感じられない部分もありました。

今回の賢戦練馬3名の予想師は2番人気のレッドリヴェールの不安要素を全員見抜いていた部分があったのは見事でした。
その中でもショウナンパンドラを推して、秋華賞の1番人気は連対が多いというデータなどをベースにワイド1点買いで手堅く的中させた
元競馬助手Y氏の予想はとても内容の良い予想だったといえます。

競馬情報会社ランキング