フェアリーステークスは、今後の3歳牝馬の成長を見ていく中で重要なポイントが多い、今後に生きる内容の馬が多いレースでした。

フェアリーステークス結果フィードバック

  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析

3歳牝馬によるクラシックへの架け橋として期待されるフェアリーステークスは、ノットフォーマルが黛騎手の完璧な騎乗で逃げ切り勝ち。2着には豊富なスタミナを見せつけた ローテッドが入りました。

2015年フェアリーステークス(G3)

元競馬騎手A氏重賞フィードバック

1月12日(月)中山競馬場11R第31回フェアリーステークス(G3)

3連休開催の最終日の注目レースとなったG3競走のフェアリーステークスでは、今年の牝馬クラシック、その中でも第一戦となる桜花賞に向けた重要なステップレースとなっていて、阪神JF組の注目馬も参戦していましたが、ここまで7戦1勝のノットフォーマルが見事な逃げ切り勝ち。
2着には前走未勝利戦勝利から重賞初勝利になったローテッドが入る波乱のレースとなりました。

~レース総評~

~完璧な競馬を見せたノットフォーマル~

11番人気から、直線でも粘り強い競馬をして逃げ切り勝ちしたノットフォーマルは今回のレース内容は完璧だったと評価できます。
スタート後のポジション争いは激しかったものの、ハナを取った後は落ち着いたペースで逃げる事ができました。
大きな先団馬群となる中、ハナを狙ってくる仕掛けも入らず、折り合いも良く、後続の馬にも上手に脚を使わせました。
4角では馬群が大きかった事で大きく広がる展開となる中、最内をロスなく回れたのが非常に大きかったです。
最後は一杯で走っていて、スタミナを効率的に完全消耗させた黛(まゆずみ)騎手の騎乗を褒める内容のレースでした。
全てが完璧に進んだ中での勝利ですので、次走以降の過度な期待はしずらい内容ではありました。
大逃げの馬がいるレース等になれば現時点では、今回のような走りが難しくなるかもしれません。
それでもデビューからの成長性は評価でき、今回も展開が完璧とは言え、このメンバー相手に勝てたのは大きな収穫。
春に向けて更なる成長を期待したい馬です。

~スタミナが光ったローテッド~

フェアリーSで一番内容が光った馬はローテッドです。
内枠が有利な変則的なコーナーがある中山芝1,600mを外枠からスタートでは出遅れ、2角を14番手というシンガリ付近から周り、向こう正面では2番手まで順位を上げました。
その時点でもロスは大きくスタミナを消耗していたはずですが、最後の直線でもライト200mでの伸びは光る物があり、馬のスタミナの高さが光るレース内容でした。
未勝利戦は2,000mを走っていて、もっと長い距離も問題なし。
マイルでも展開がもう少し良い方向に傾けば勝てたレースで、マイル適性もあります。
現時点では3歳牝馬の中ではスタミナはトップクラスと評価できます。デビュー後1戦ずつ確実に強くなっているのが明白で、春に向けて楽しみな一頭となりました。

~次走に期待がかかるメイショウメイゲツ~

今回のレースで次走に期待できる走りを見せたのが5着に入ったメイショウメイゲツ。
前の残りの競馬となった中、外枠、後方からの競馬という不利な要素がある中、上3Fは34秒9で回りました。
上3Fタイムは全体2番目ですが、1番は内枠から内々を回ったデンダリーヴォイスの上3F34秒8という数字を見るとメイショウメイゲツの方が高く評価できます。
直線が短い中山コースの適性も少なく、コースが替われば、更なる可能性を感じる馬です。
まだ荒い部分もあり、今後の成長性にも期待です。

~今回は体調が万全ではなかったカービングパス~

上位人気馬が混戦となる中で1番人気に推されたカービングパスは見せ場も作れず8着に沈みました。
ここまで2戦1勝で目立ったキャリアではなく、新馬戦でもクビ差の勝利。
前走は500万下で3着という実績でしたが、一度休みを入れて、体重を増やした中での叩き上げに期待という内容でしたが、パドックの様子では落ち着きがなく、毛艶もあまり少なかった様子。
早熟血統でもあり、馬体も大きくなりクラシックでの活躍が期待できる素質馬には変わりはありません。
今回のレースで次走で人気を落とし、体調が良い状態であればおさえていきたい馬と言えます。
藤沢厩舎の馬ですので、早熟血統とはいえ、あまり無理はさせないとおもいます。
まずは条件戦など相手は問いませんので、春までに一度素材が光るレースを見せてもらいたいものです。

~今後コース替りで変わりそうな馬~

中山のマイルコースは元々特殊な形状のコースとなっている他、今週の時点でも馬場の荒れ方は目立っていて時計のかかる馬場状態となっていました。
今回荒れたレースになった要因のひとつは、コースが合わなかった馬も多かったという点も挙げられます。
具体的に軽い馬場のコースに替われば変わりそうな馬は

・6番オーミアリス
・15番ローデット
・16番トーセンラークあたりが挙げられます。

競馬情報会社ランキング