産経大阪杯の結果は、今後の春競馬ビッグレースに役立つ情報が多い内容でした。

元競馬騎手重賞フィードバック。産経大阪杯のレース結果で見る重要情報

  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道

産経大阪杯のレース内容を見ると、ラキシスやスピルバーグ、ロゴタイプあたりは、着順以上に評価できる内容。キズナやエアソミュールは次走以降も慎重に見ていきたい内容でした。

2015年産経大阪杯(G2)

元競馬騎手A氏重賞フィードバック

4月5日(日)阪神競馬場11R第59回産経大阪杯(G2)

芝不良馬場の中で行われた産経大阪杯では、ラキシスがキズナとの競り合いを最後は突き放す強さを見せて快勝、単勝1.4倍と人気を集めたキズナは
2馬身差の2着に入りました。
馬場状態を考えるとハイペースで前崩れとなったレースの中、先行勢ではエアソミュールが3着、ロゴタイプは5着。
2番人気のスピルバーグは4着と注目馬が掲示板を固める内容となりました。
桜の開花から、急激に季節が逆戻りした中で当日の馬体重では注目点も多いレースでした。

~レース総評~

~見事な鉄砲レースを見せたラキシス~

有馬記念以来のレースとなったラキシスは馬体重プラス10kg。それでも馬体の増加程太め感がない印象で成長性も感じられました。
レースの最後はキズナとの競り合いから突き放す強い競馬となりました。一昨年のエリザベス女王杯を重馬場の中で2着と好走もしていて、
雨のレースの適性も再確認した内容でした。
それでも、有馬記念の6着を考えると、今回のメンバーの中では実力で劣ると見られていた馬だけに、一度休んで見事な巻き返しを
見せた評価を高める非常に内容の良いレースでした。
これまでも休み明け、休み明け2走目での好走実績もあり、リフレッシュした状態に強い馬。昨年のヴィクトリアマイルが馬体重前走比-12kg
の中で15着に大敗した結果を見ると、ある程度ふっくらした馬体であれば期待できる馬だと再認識できるレースでした。
今回の勝利はレースペースや雨などの展開が味方した以上に強い内容で、今後もビッグレースで見直しが必要な馬となりそうです。

~実力、安定感は本物。しかしオッズは過剰評価だったキズナ~

今回は馬体重-8kgでしたが前走が+22kgだった事を考えると、まだ太い印象。
次走では、更なる上積みも期待できますし、馬場状態を言い訳にすれば、評価できる内容。
現役馬でトップレベルの実力なのは間違いないですが、単勝1.4倍は過剰評価されていた印象。
前評判を考えると、雨の中前崩れで末脚が生きる展開だっただけに、ここでは手堅く快勝してほしかったところ。
最後は脚が止まってラキシスに離された事を考えれば、内回りコースや馬場状態などの言い訳はできません。
天皇賞・春、宝塚記念と勝ち負けを期待できる馬ではありますが、骨折の影響があり、全盛期の強さが今後も戻らない可能性が
あります。
今回の予想でも、人気に見合う馬ではない。といった表現で紹介しましたが、次走も今回の敗因が不良馬場。1戦毎に良化。
などといった理由で人気が落ちないのであれば、控えめに見ておきたい馬です。

~やはり上手いM・デムーロ!!騎手の力も大きかったエアソミュール~

前崩れのレースを考えれば、着順以上に評価できたのがエアソミュール。レース全般を見て感じたのは、やはりMデムーロ騎手の
上手さです。スタート直後に熾烈先行争いが行われる中、内枠の有利を活かして、多少抑えながらも5番手と好位を形成。
終始折り合いを上手に付けていた印象。最後の直線も直線の距離やポジションを考えれば早めにムチを入れたい所。
そんな中でタズナを強く引いたのはラスト300m。ムチを入れたのは残り200mと我慢をさせて、先行していたにも関わらず、最後は
脚が生きた内容。それまでの折り合い面でも他の先行馬よりも消耗が少なく、騎手の技量が大きかったレース内容です。
日本競馬を熟知して、今年抜群の成績を残している騎手だけあって、おそらく違う騎手が乗っていたら3着に入るのは難しかったでしょう。
今回は追い切りタイムやパドック。前走、前々走からの上積みもあって絶好調だった馬。
今後G1級のレースで、騎手の乗り替りがあるようでしたら、今回の実績を含めたとしても割引が必要です。

~次走以降の復活に期待のスピルバーグ~

ジャパンカップ以来4ヶ月の休み明けだったスピルバーグは馬体重-10kg。パドックでは落ち着いていましたが細い印象がありました。
不良馬場で斤量58kgという不利もあって4着へと好走したのは評価できる内容です。
大崩れはしなくても、雨適性があまりない馬なので、次走以降でも大きく期待できる馬です。
血統的と戦歴を見れば適性距離は1,800m~2,400mで次走のビッグレースでは距離に不安も抱える事になりますが、
良馬場、馬体重の戻しがあれば、次走以降の巻き返しに大きな期待を持てます。
天皇賞・秋を勝ってジャパンカップ3着の実績ほ本物で春競馬では、年齢による衰えも気にしなくて平気そうです。
今年もビッグレースで主役を狙える馬として今後も注目していきたいです。

~雨と展開に泣いたロゴタイプ~

ロゴタイプは馬場状態が重や不良の適性が少ない馬。今回の敗因としても馬場状態と考えて良いでしょう。
今年は皐月賞以来のG1制覇を期待できる馬である事には変わりはありません。今回の敗北で次走以降人気を落とす事があれば
積極敵に買っていきたい馬です。
本音を言うならば今回の敗因に限れば福永騎手にはないのですが、これまで何度もデムーロ兄弟が騎乗してきた戦歴を
考えても、ビッグレースではMデムーロ騎手への乗り替りを期待したいです。
距離適性的には無理に天皇賞・春には出走せず、安田記念を目標にゆっくり仕上げてくる可能性も考えられますが、
2,000m以下のレースでは、今後も積極的に買い目として考えていきたい馬です。

~次走の巻き返しに期待のショウナンパンドラ~

雨による馬場状態が悪いレースでの適性は高い馬として、今回は期待していましたが、太めな印象も強くポジション争いや
想定以上の縦長なレースで消耗も大きかった印象。
今回は見せ場もほとんど作れませんでしたが、次走では叩き上げが期待できる馬。東京や京都へコース替りすれば
適性による変身にも期待できます。
今回のレースでは、太めな点や、レース展開が折り合いが悪かった点以外は今後に活きてくる材料が少ない面も
多く、過度な期待はできませんが、今後牡馬混合のビッグレースでも好走できる可能性を残している馬です。

競馬情報会社ランキング