2015年の東京優駿は、注目馬がそれぞれ力を発揮した見応えのある歴史に残る名勝負となりました。

元競馬騎手重賞フィードバック。日本ダービー(東京優駿)のレース結果で見る重要情報

  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣

日本ダービーではドゥラメンテが騎手と馬がそれぞれ完璧な仕事をしてクラシック2冠達成。サトノラーセン、サトノクラウン、コメートが内容の良い見せ場があるレースをしました。

2015年東京優駿・日本ダービー(G1)

元競馬騎手A氏重賞フィードバック

5月31日(日)東京競馬場10R第82回東京優駿・日本ダービー(G1)

2015年のダービーは皐月賞に続いてドゥラメンテが圧倒的な強さを示すレースで2冠を達成。
挑戦が予想される凱旋門賞に弾みも付くレースになりました。
2着には京都新聞杯勝ち馬のサトノラーセンが粘り、3着は2着までハナ差に追い上げたサトノクラウン。
2番人気のリアルスティールは3着から2馬身空いての4着。5着には16番人気のコメートが善戦しました。

当日の東京競馬場は、パンパンの馬場で、開催12日目とは思えない綺麗な馬場状態でした。
勝ち時計はレースレコード。内側の芝も綺麗な状態で、外を回った馬が直線一気に伸びるような事もなく、内側をロスなく回った馬が有利なコース状態でした。

~レース総評~

~レース前から全てが完璧だったM・デムーロ騎手!ドゥラメンテは世界に翔びたてる名馬~

ドゥラメンテは皐月賞で圧倒的な力の差を見せつける強い勝ち方をしていました。
ダービーでも結果的に単勝1倍代のオッズが付きましたが、前評判では気性が荒く2,400mは折り合いに問題が出てくると不安視されていました。
レース当日はデムーロ騎手は過剰反応を見せるくらいにレース前から馬を落ち着かせる事に全力を注いでいて、返し馬が終わってゲートへ向かう僅かな道でも、極端なくらい慎重に馬を移動させていました。
結果的にダービーでは、皐月賞とはうって変わって折り合いも、抜け出しも完璧な成功法の競馬で横綱競馬を演じました。

皐月賞よりも馬が動揺しやすいと言われるダービーの舞台で、これだけ完璧なレースができたのは騎手の配慮があってこそ。
これが違う騎手でレース前から馬のテンションを上げていたら勝てなかったレースかもしれません。
ドゥラメンテ自体は皐月賞前までは4戦2勝。
その後デムーロ騎手騎乗でクラシック2連勝を達成。
決して誰が騎乗しても強い馬ではなく扱いがとても難しい馬です。
皐月賞でも、ドゥラメンテの荒い所が出て、結果的には騎乗停止処分を受ける結果になりましたが、今回はその失敗も踏まえて完璧に修正してきました。
今後も是非コンビを組み続けて日本を代表する名馬への道を進んでもらいたいです。

騎手の腕や相性が良いとはいえ、クラシックのビッグレースでこれだけ強い勝ち方を2回続けるのは、馬の力が高いからです。
クラシックが始まる前は、今年のクラシック世代はルージュバックが最強なんではないか?という話も出ていましたが、
春の2戦が終わって完全に下馬評を覆して覚醒したのがドゥラメンテです。
過去3冠を達成した名馬と比べてもヒケを取らない豪快な勝ちっぷりで、日本を代表する名馬になる素質を持っています。
国内クラシック3冠ではなく、凱旋門賞を目指す流れが有力ですが、ここ2戦の内容を見れば、世界でも通用するだけの素質を持った馬。
悲願の日本馬初の凱旋門賞制覇を目標に、世界で活躍する事期待します。

・坂で一気に突き放したドゥラメンテ。関西遠征には不安もあり!!?

皐月賞でも東京でも変わらぬ強さを見せましたが、どちらも決めてになったのは最後の直線の上り坂で一気に抜け出しました。
スタミナもさることながら、ラストスパートで坂で一気に飛ばせる馬力がドゥラメンテの最大の強みです。
ここまでキャリアは東京と中山のみ。仕掛けどころの直線で坂がない京都や、高低差が少ない阪神などコース替りによっては、2冠を取ったような強さが薄れる可能性もあります。

~実力を図る良いレースになったサトノラーセン~

2着に健闘したサトノラーセンは、最内枠の有利こそあったものの、ポジション取りや仕掛け時はドゥラメンテとほぼ同じ。
ロスのない王道競馬をして、追われる立場ながらサトノクラウンをハナ差で抑えた事は評価できます。
ドゥラメンテとは1 3/4差。これは現時点での実力差ですが、京都新聞杯組みでまだまだ発展途上中の馬。
秋競馬ではクラシック世代の主役になれる素質を持っています。

~上がりタイムは最速!高い実力を証明できたサトノクラウン~

皐月賞5着からダービーは3着。
元々皐月賞1番人気の馬という事を考えると物足りない結果ですが、上3Fは最速の33秒8。
馬場状態が良く、コース内側の方が有利な中で外側を回るロスもありながら33秒代の末脚は輝いていました。
馬場状態も良くレースレコードになる速い競馬。
勝ったドゥラメンテが中団から33秒台の末脚を使われては勝つのは難しいです。
本来はもっと前からの競馬もできる馬ですが、展開や折り合いを欠いていた所もありました。
負けても評価が落ちる要素はなく、今後も注目できる馬です。遅かれ早かれビッグタイトルを取れる馬でしょう。

~展開が敗因のリアルスティール~

4着の結果は褒められる内容ではありますが、着順、着差以上に力負けをした印象が強く、前評判を考えればもっとやれたハズだと思えるレースです。
敗因は展開で本来はもっと先行できる脚質でしたが、スタート直後のポジション争いも熾烈で無理をさせないで後方待機。
ハイペースでレースが進む中、そうそうに前を走る馬がバテる事も予想されていましたが、馬場状態が良くて想像以上に粘ってしまいました。
元々瞬発力ではなく、粘りの走りで実績を積み重ねてきた馬。
もっと楽に好位を取れる力や柔軟性が身に付ける事ができれば、今後更に飛躍していくでしょう。
今回も大崩れはしていませんが、後方からの競馬なりに力を出し切っての惨敗は、今後の課題が浮き彫りになったレースでした。

~今後の飛躍に期待ができるコメート~

16番人気ながら掲示板入賞のコメート。終始内側をロスなく回れた有利もありましたが、ハイペースで他の先団グループを走っていた馬は軒並み2桁着順。
そんな中コメートは直線でひと伸びする見せ場も作り、周りの馬を気にするそぶりを見せながらの走り。
相手が落ちたり、もっと集中力を身につける事ができれば、G2、G3クラスでは圧勝できるくらいの力を感じました。
ここまで注目度の低い馬でしたが、ダービーでは着順以上に強いレース。今後のレースが楽しみな馬です。

競馬情報会社ランキング