騎手に競馬場との相性の良し悪しがあります。騎手が得意な先方と関係する事が多く、騎手と競馬場の相性も競馬予想で重要な要素です。

騎手にも相性がある、競馬場との適正と相性

  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道

騎手と競馬場の相性は、その騎手の得意とする戦法などが関係する事が多く、それぞれの距離別やコースの馬場状態によっても騎手との相性の良し悪しはあります。実際に騎手自信も苦手意識を持っている競馬場があるなど、気持ちの面もあり開催後半にかけて競馬場の相性の良さが際立つ事もよくあります。

騎手と競馬場の相性

東京競馬場

競争馬にも得意な距離や競馬場があるように、騎手にも得意な競馬場や結果がなかなか出ない競馬場があります。
馬にも脚質など得意・不得意があるように、騎手にも逃げが得意な騎手や追い込み・差しが得意な騎手がいます。
こういう戦法に得意不得意があるというのは当然コースにも連動して同じことが言えます。

例えば全体的に逃げが有利と言われている福島では逃げを得意とする騎手が好成績を上げている傾向があります。
競馬場だけでなく、それぞれの距離別のコースや馬場状態によっても騎手にも得意不得意が出てきます。

競馬は走るのは馬ですが、頭脳は騎手になります。
展開に左右されやすい競馬においては騎手の競馬場コースの相性も大切になってきます。
そして実際にほとんどの騎手が競馬場やコースによって得意意識や苦手意識を持っているものです。

もちろん、馬の競馬場との相性の方が重要になりますので、騎手が苦手としていても馬が得意としている距離でしたら勝てる要素は大きいですし、どんなに騎手が得意としているコースでも馬が苦手としている距離で実力もあまり高くない馬では、勝つ事は難しくなります。

さらに騎手は人間ですので、得意としている競馬場で開催される競馬では、その競馬場で行われるというだけでもモチベーションが高くなります。
1つの競馬場は一般的に4週〜8週前後の期間で続けて開催される事が多いですが、高いモチベーションの中でレースを行い結果を出す事で自信を付けて更に良い騎乗をするという相乗効果も期待できます。
そうなってくると気持ちにも余裕ができ開催後半に馬場状態が荒れてきても最善の判断でレースをコントロールできるようになってきます。

ノっている騎手はよく連勝をするとも言われていますが、騎手が絶好調になる要因としては競馬場も大きく関係してくるといってもいいでしょう。

元競馬騎手A氏はこういった、騎手と競馬場の相性も騎手目線から分析される事で有益な予想となってくるのです。

元競馬騎手A氏が語る次回に繋がる先週の重賞レース考察
競馬情報会社ランキング