元競馬騎手の最新の重賞解説と予想記事をこちらのページにピックアップします。

先週の重賞フィードバック(火曜日更新)、今週の予想(土日更新)

  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣

元競馬騎手A氏の先週の重賞フィードバックと今週の予想をこちらのピックアップページに更新していきます。

元競馬騎手A氏のピックアップ

12月13日(日)阪神11R

阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)

2歳女王決定戦の阪神JFは、例年に比べても素質が高い注目馬が揃った印象です。
中央競馬でも年々牝馬の実力が上昇していて、今年はハイレベルなレースを期待できます。
なお阪神芝1,600mのコースデータはディープインパクト産駒が高い適性を誇っていて、昨年の2歳G1連勝も印象に強く残っています。
外回りコースなので、枠順の優劣は少ないですが、まだ不器用な2歳馬で多頭数のレースが多い阪神JFのレースデータに限定してみると、内よりも外枠の方が好走しているデータが出ています。
各馬の騎手との相性や、過去のレース内容を分析しながら予想を紹介していきます。

~レース特徴~

~予想印を付けなかった注目馬の一口情報~

・1番アドマイヤリード

ファンタジーSでは発熱の為、力を出せず、500万条件から1週でこの舞台に進んできました。
コース内側の狭い所を縫って走れる器用さも魅力で、フルゲートで最内枠を引いたこの舞台では大きな強みになります。
素質は非常に高く、新馬戦で負かした牡馬のシルバーステートもその後連勝中の注目馬になっています。
菱田騎手との相性も良さそうで、勝つチャンスも充分にあります。

・7番クロコスミア

7戦2勝の戦歴ですが、相手が強い重賞でも上位争いをするなど、安定性も魅力です。
勝浦騎手とのコンビにこだわってG1まで進んできました。
関西馬ですが、初の関西挑戦です。輸送の負担も少なく穴馬の要素があります。

・9番アットザシーサイド

今回唯一の土つかずの馬です。ただ2戦とも相手が弱く、タイムもイマイチ。
距離延長も不安だし、三浦騎手への乗り替りも大きな評価はできません。

・18番メジェルダ

ディープインパクトに母父フレンチデビュティの配合で血統的にも期待できる馬です。
京都でも安定感を出していて、ディープ産駒が最も得意にしているマイルなら距離延長もポジティブに取れそうです。
大外から発馬よく先行ポジションを確保できればチャンスがあります。

~予想買い目情報~

◎2番メジャーエンブレム

6月に完成度の高い馬体でデビューした早熟馬です。先行でもあり上がりの切れ味が少ない点が非常に評価できます。
前走のアルテミスステークスでは、今回も最大のライバルと称されるデンコウアンジュに差しきられてしまいました。
ただレースを見てみると、内と外で離れて追い比べした時のコースの芝の状態が勝敗を分けた印象。
レース内容自体は外枠がハナに立つまでの負担もあったメジャーエンブレムの方が高く評価できます。
今回は開幕2週目の阪神に変わるのもプラスです。緩い流れになりやすく、上がり勝負でも決め手に充分な瞬発力はこの舞台でも自信を持って推せる本命馬と評価できます。
秋競馬好調のルメール騎手との相性も抜群。フルゲートは持ち前の自在性が有利で騎手がどのような戦略を取るかも見所です。

○11番ブランボヌール

素質を感じる馬で、走りを見ていると今後一番伸びしろがありそうな馬だと感じています。
ディープインパクトに母父がサクラバクシンオーの配合で、短距離適性が高い母型の面影が強いように感じます。
前走の内容だけを見れば更なる距離延長には若干の不安がありますが、前走は窮屈な競馬でアタマ、クビ差の同タイム決着なら割引する必要はありません。
休み明けの上積みも期待できますし、ディープインパクト産駒のDNAにも注目。
岩田騎手がデビュー以来コンビを続けている馬で、ここ最近は精神面の成長も著しいとコメントしています。
中間の気配も良好で、あとは輸送さえクリアすれば勝ち負けの争いが期待できるでしょう。
当日のパドックでテンションが高いようなら、割引が必要ですが、中間の気配では不安要素は一切なく、手堅い競馬を見せてくれると期待しています。

▲17番デンコウアンジュ

新馬戦の敗因は他馬との接触。しかしその後は連勝し、前走ではメジャーエンブレムを差し切っての勝利です。
上3Fが33秒3と他馬を圧倒する切れ味を披露。外回りコースで開幕2週目の阪神へのコース変わりはポジティブに評価できます。
綺麗な芝の上を走れたコース取りは、当時騎乗していた田辺騎手を評価できますが、発馬の不安定や折り合い面など、若さが前面に出ていて課題も多いです。
その分、1戦ごとの成長性が期待できる馬でもあります。中間の気配もテンションの高さが印象に残っていますが、今の時期であれば、多少高いテンションは歓迎できると見れそうです。
今のデンコウアンジュのメンタル面を考慮すれば、外枠は歓迎。フルゲートの中で先行馬が適度にやりあってくれれば、勝機ありでしょう。
前評判では安定性を期待する声もありますが、精神面がまだ青い馬なので、強気な軸馬にするのはちょっと危険です。

△15番キャンディーバローズ

強い相手が揃ったファンタジーSを勝ってこの舞台に進んできた馬です。2戦目では札幌でレコード勝ちをしていて、能力が高い馬です。
初挑戦の距離ですが、小回りで洋芝の札幌1,500mをこなしていた事は考えれば、距離に不安はなさそうです。
鞍上はアッゼニ騎手へ乗り替り。ルメール騎手とのコンビが解消されたのは残念でしたが、先行力もあり、器用さも備え持っている馬なので、阪神コースであれば力を出し切れるでしょう。
来日以来苦戦しているアッゼニ騎手の重賞初勝利の可能性も充分考えられそうです。中間の気配が若干悪く感じて割引をしている所もありますが、ファンタジーSの内容を見る限り、多少の不安はあっても
軽視はできません。

以上を踏まえて

阪神ジュベナイルフィリーズ

単勝

単勝
2番メジャーエンブレム 10,000円

以上単勝1点勝負です。前走の内容や現在の充実度を考えれば、信頼できる頭候補として期待できます。
今回は前走で負けたデンコウアンジュや、アドマイヤリードなどにも適度に人気が分散すると予想。
相手候補も難しく、人気上位馬で流すのも非効率です。
そこで、手堅く3~4倍くらいの見返りが期待できる単勝で強気に1点勝負するのが効率的です。

競馬情報会社ランキング