福島賞は実力のある3歳馬・4歳馬に注目

元騎手A氏が読み解く福島放送賞

  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣

福島放送賞では、実力がある若い世代の馬に注目。不安がある古馬を消去法で消していく事で購入点数を絞った 予想をしております。

11月1日(土)福島競馬場11R福島放送賞

11月1日(土)福島11R

福島放送賞

~レース特徴~

今週の福島も第3場開催という事もあり、一流騎手の参加はほとんどありません。
過去のレースに注目して予想していきます。

~注目すべき点~

・1枠1番ソルモンターレ

ダート1、700mに適性があり、まずまずの安定性もあり馬齢にしては衰えも少ないです。
しかしこのメンバーであれば良くて3着といった所でしょう。

・2枠2番トリニティチャーチ

短期放牧明けの前走は太かった印象ですが、内枠からまずまずの内容。
1戦叩いて、今回も内枠を引けたのはポジティブに捉えられます。
しかしこの馬も実力では劣り良くて3着といった所でしょう。

・3枠3番サナシオン

今年に入ってからレース内容も悪くなりました。休んで調教でも好タイムをマーク。
まだ5歳馬ですし巻き返しは充分にあります。

・4枠4番ケツァルコアトル

ダートも雨も適性がある馬です。前走好位につけながら、直線で伸びなかったのは印象が悪いです。
前走と同じ津村騎手が騎乗。
どう修正してくるか注目です。

・4枠5番オメガエンブレム

休み明け成績[0.0.03]前走も同じ福島1,700mで内容の悪いレース。
着外切り捨てでよいでしょう。

・5枠6番エイトプリンス

6歳馬で約1年半条件戦での4着以下が続いています。
あまり期待はできないでしょう

・5枠7番コーリンギデオン

スタートも良くなく馬群れを嫌い追い込み型。
よほど展開が向かないと厳しいのと、距離適正にも不安があります。

・6枠8番ファンシーミューズ

休み明け1戦叩いてますので、成長性に期待。
北村騎手から勝浦騎手への乗り替りはあまり印象良くありません。

・6枠9番マイネルマルシェ

7歳馬でピークは一昨年~去年の印象。
今回も厳しそうです。

・7枠10番グリサージュ

3歳牝馬ですが、条件戦に戻してダート初挑戦の前走で快勝。
ダート適性もありこのメンバーであれば実力上位。
7枠10番もちょうど良い枠順と感じます。

・7枠11番エビスグレイト

名古屋競馬で5連勝。夏には函館の500万でも勝っています。
雨にも強くこのメンバーでも勝てる力は持っています。

・8枠12番シュガーヒル

戦歴を通してみると高い連対率を誇りますが1,000万条件になってから苦戦してます。
騎手が上手に乗っていたレースも多く丸田騎手への乗り替りは印象が悪いです。
前々走の福島では勝利まであと一歩の内容。スタートがあまり良くなく実力自体は持っている馬です。

・8枠13番ストロングサウザー

このメンバーであれば実力では上位。柴山騎手とも前レースの内容を見る限り相性良さそうです。
まだまだ成長途中という印象もありますが、勝ち負けの勝負を期待できます。

~予想買い目情報~

不安要素が強い古馬が多く、全体的に若い馬に注目したい。
ある程度消去法でしぼり込みやすいレースとなっています。

◎13番ストロングサウザー

このメンバーであれば素材は一級品。
前々走の休み明けのレースを除けば抜群の安定感もあり軸にできる馬です。

○10番グリサージュ

ダート転向で才能が開花しそうな馬です。雨で少し砂が固くなれば、尚有利に進みます。
骨折明けから見事に復活して、条件戦に長くとどまる馬ではないです。

▲11番エビスグレイド

500万下2勝。福島ダート1,700でも実績もあります。名古屋競馬5連勝後の成長性もあり、実力上位。
ハーツクライ産駒で地方競馬出身も気になりません。

△3番サナシオン

調教でも動きを見るとポン駆けしそうな感じがあります。
スピードもある馬だけに展開次第では勝ち負けのレースができそうです。

以上の事も含めて

福島放送賞

枠連
7-8 7,000円
3-8 3、000円

外枠に有力馬がまとまったことから、枠連での勝負。
購入点数を少なくして強気の予想をしたい所です。
頭数を絞ってBOX買いなどをするのも有効でしょう。

~予想買い目結果~
枠連7‐8 22,400円 的中

競馬情報会社ランキング