今年のみやこステークスは注目馬多数で大混戦です。

元騎手A氏が読み解くみやこステークス

  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道

今年のみやこステークスは、展開次第では勝てる力を持っている馬が多く集まりました。オッズもバラけて 中波乱が予想されるこのレースでは枠連で手広く勝負します。

11月9日(日)京都競馬場第11Rみやこステークス(G3)

11月9日(日)京都11R

みやこステークス(G3)

~レース特徴~

日曜日の京都メインレースのみやこステークスでは1着馬に旧ジャパンカップダートにあたるG1競走チャンピオンズカップの優先出走権が与えられるトライアルレースです。
注目の騎手の乗り替りも多く、見所が多いレースとなっております。
みやこステークスの注目馬情報は以下の内容です。

~注目すべき点~

・1枠1番ブライトライン

昨年の同レース優勝馬。福永祐一騎手とのコンビも定着してきました。
今年は海外遠征もあり、結果がないのと休み明け成績が悪いのがネックです。
G1でも好走しているだけに実力は上位です。

・1枠2番ソノル

注目の騎手の乗り替りで岩田騎手との初コンビです。
今年は重賞も勝ち急成長中の馬。
周りの馬を気にする面もあり、今回はチークピーンズを着用するとの事。

・2枠3番マイナルバイカ

前走では9番人気ながらオープン競走のブラジルカップを制しました。
できれば前走と同じ北村騎手とのコンビを期待したかったが、今回は初騎乗の松山騎手へ乗り替り。
中1週のローテーションですが、距離が短くなるのは好感できます。
今回も穴候補として一発もありえるか。

・2枠4番ランウェイワルツ

今回は浜中騎手へ乗り替り。
過去3戦3着2着2着と抜群の安定感を見せています。
3歳馬で中1週でもまだ体力はあるでしょう。
ここまでの勝利も全て右回りで勝機ありです。

・3枠5番クリノスターオー

今一番調子が良く、波に乗っている馬です。
ローテーションも良く、乗り慣れている幸英明騎手騎手とのコンビは健在。
成長著しい4歳馬に注目です。

・4枠7番ニホンピロアワーズ

酒井騎手とのお決まりのコンビ。
7歳馬ですがまだまだ衰えてないです。
休み明けとなる今回のレースですが、過去休み明けは[2.3.0.1]と好成績を残しています。

・5枠10番ナムラビクター

小牧騎手とのコンビニなってから]2.1.0.1]と抜群の好成績をあげています。前走シリウスS2着と好走。得意の距離に戻って斤量モ1kg減ります。
得意の中枠も引いて好条件が整っていると言ってよいでしょう。

・6枠11番サトノプリンシバル

今年に入って大きく成長した馬。前走武豊との初コンビも悪くないです。距離も短縮されて枠も内枠になりました。
前走も逃げからの4着は評価でき、侮れない馬です。

・6枠12番ヴォーグトルネード

オープンに上がってから[2.0.2.0]と抜群の安定を見せています。
初めての重賞挑戦で騎手が川須騎手に乗り替りはネガティブに捉えてしまいます。
末脚が活かせる展開であれば巻き返しも期待できます。

・7枠13番グラッツィア

注目のルメール騎手が騎乗。
今年に入ってダート勝率は約2割・連対率約4割と抜群の騎乗成績を残しています。
このメンバーでは実力は劣りますが、ルメール騎手騎乗でダークホース的存在に変わりました。

・7枠14番インカンテーション

昨年の同レース2着。
直近オープン2連勝と実績も成長性もある4歳馬です。
大野騎手との相性もコース・距離適正も抜群です。

・8枠16番アスカノロマン

太宰騎手が騎乗したレースでは[4.1.0.1]と好成績をあげています。
前走も京都ダート1,800mで快勝。
力のある3歳馬です。
外枠を引いてしまったのが少し残念ですが良いポジションを取れればチャンスがあります。

~予想買い目情報~

今年のみやこステークスは大混戦。勝つチャンスがある馬が非常に多いです。
この中であえて予想印を付けていくと

◎5番クリノスターオー

実力上位。枠順良好。ローテーションも調教状態も申し分なしです。

○7番ニホンピロアワーズ

実績十分で休み明け成績も良いです。
調教は数もこなして仕上がりも良好。
こういった混戦レースでは経験値も高いニホンピロアワーズを対抗です。

▲14番インカンテーション

2連勝中。
左回りに強いデータもありますが、昨年の同レースで2着とコース替りは問題なしです。
昨年の2着から明らかにパワーアップした4歳馬で注目できます。

△1番ブライトライン

休み明け成績は悪いですが、実力はある馬。
内枠を福永騎手が上手くいかせれば勝ち負けの展開も!

注1 3番マイネルバイカ

前走のブラジルカップは強い勝ち方をしました。
その勢いが継続すればチャンスアリです。

注2 11番サトノプリンシバル

逃げ馬ながら最近の成績が安定しています。
武豊騎乗2戦目。
距離も短くなりチャンスありです。

以上を踏まえて

みやこステークス(G3)

枠連
3-7 2,000円
3-4 2,000円
1-3 1,000円
2-3 1,000円
4-7 1,000円
6-7 1,000円
4-7 1,000円
4-5 1,000円

枠連で幅広く買います。当日オッズで人気が高い所は買うのを控えても良いかと思います。
思い切って軸として信頼できる馬も不在で波乱の展開も踏まえた予想となっています。

競馬情報会社ランキング