嵯峨野特別では、不安要素が強い馬も多く、実力馬中心の3連複予想です。

元騎手A氏が読み解く嵯峨野特別

  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣

日曜日の京都競馬場9Rでの嵯峨野特別では、実力を出し切れれば上位必須のコルサーレやコウエイワンマン・ヤマイチパートナーに注目で9頭立てを活かした3連複を予想してます。

11月23日(日)京都9R嵯峨野特別

11月23日(日)京都9R

嵯峨野特別

~レース特徴~

日曜日は京都競馬場のメインでG1競走のマイルチャンピオンシップが開催されますが、その前に開催される9Rでは手堅く取れる可能性が高いレースの9Rで一勝負オススメしたいです。
9Rであればメイン競走の直前予想にも支障も出ない時間帯となります。
9頭立てで行われる嵯峨野特別ではメイン競走でも騎乗する一流ジョッキーの参戦も多く注目できます。
過去のレースと騎手情報を見ながら予想していきます。

~注目すべき点~

・1枠1番メイショウエゾフジ

地方競馬出身ですが、中央参戦してからは武幸四郎騎手が全て騎乗しています。
過去2戦凡走してますが、前走は短期逃げの展開にできましたが先行馬のペースも早く前崩れの展開。前々走は大きく出遅れてます。
500万下では強い勝ち方もしてますので、気持ちよく逃げられれば一発がある馬です。
本当は1,800mくらいの距離が合っていそうで、2,000mを走り切るスタミナに不安要素があります。

・2枠2番ヤマイチパートナー

秋山騎手とのコンビは3戦前からで、これまで[0.2.0.1]と条件戦の馬としては良い成績を上げていて相性の良さは期待できます。
昨年,000万条件を買っているので実力・実績は申し分ないです。
ステイヤー適性もありスタミナはこのメンバーであれば最上位。これまでも2,000mでの実績もあり、消耗戦になればより有利です。
出走頭数が比較的少ないレースで好走していて、9頭立てでこのメンバー相手であれば上位争いができそうです。

・3枠3番ランフォージン

今回岩田騎手に乗り替りです。5歳馬ですが既に30戦のキャリアがある馬です。
今年に入って同条件で3着3回の実績がありますが全てハンデ戦で斤量54kgを背負っての事。
定量57kgを背負う今回はあまり期待できません。

・4枠4番フジインザスカイ

今回は注目ルーキーの松若騎手に乗り替り。前日22日の土曜日の予想でも紹介していますが松若騎手はデビューイヤーながら輝かしい結果を残していますが、
京都競馬場では先週までの年間成績で未だ連対すらしていなく、相性の悪さがネックとなります。
これまでの戦歴は全てダート戦で今回は芝コース初挑戦です。
走り方だけを見れば後ろ脚の力もありそうで芝適性もありそうに見えます。穴馬候補としての要素は持っている馬です。

・5枠5番コウエイワンマン

前走に引き続き福永騎手が騎乗。
ハンデ戦の前走は福永騎手初騎乗で斤量53kgと好条件もあり、好位からの競馬ができましたが、最後は馬がバテてしまいました。
敗因が掴みにくい所もありますが、中1~2週のローテーションで出走している所を見ると、使いながら良くなるタイプで疲れも今のところ問題ないのでしょう。
相手が前走よりも弱くなるのでチャンスは充分にありますし、福永騎手が騎乗2戦目で馬の良さを引き出してくれる事に期待したいです。

・6枠6番ファシーノ

今回のメンバーの中では数少ないお決まりの騎手とのコンビで、いつもどおりに北村騎手騎乗です。
本来は500万条件の馬ですので飛び級挑戦となります。
500万下でも苦戦しているので、相手を見ても厳しそうです。
前々走では休み明けでプラス10kgの重たい馬体から3着に好走して前走は2走ボケの要素もあります。
今回再び変わってくる要素はあります。

・7枠7番トーセンギャラリー

ブド騎手に乗り替りが注目ポイントです。混戦のレースで好走する傾向があり、展開次第ではチャンスはあります。
追込脚質の末脚が活かしづらい内回りコースですが、過去の戦歴を見れば気にならないです。
今年に入ってからは不調で前走はルメール騎手が乗ってもきっかけは掴めず、今回は連闘での挑戦と不安要素は多いです。

・8枠8番ゴールドブライアン

3年前に1,000万条件を勝ちましたが、2年前にこの条件に戻ってきてから苦戦してしています。
今年の入っての最高位も4位と衰えも感じているのが現状です。
今回も掲示板争いといった感じです。

・8枠9番コルサーレ

過去3回騎乗して[1.1.1.0]と相性の良い浜中騎手に戻るのは好材料です。
このメンバーであれば実力は上位で1番人気に押されて5着に沈んだ前走も直線の不利があり、最後は差のない所まで末脚を光らせました。
力はあっても扱いにくい面もある馬では実績のある浜中騎手に戻る事で安定した走りを見せて勝ち負けの勝負が期待できます。

~予想買い目情報~

◎9番コルサーレ
浜中騎手とのコンビで巻き返しが期待できます。昇給2戦目ですが、もっと上でやれる実力を持っている馬です。

○5番コウエイワンマン
福永騎手騎乗2戦目に期待。今回は上手く力を引き出してくれると信じたいです。

▲2番ヤマイチパートナー
実力も上位ですし、頭数の少ないレースでの好走実績に期待

△8番ゴールドブライアン
同級を勝った事もある実力馬で、緩やかに上昇ムードがあります。末脚を活かせる展開であれば

注1番メイショウエソフジ
逃げ有利の展開となれば一発のある馬です。

以上を踏まえて

嵯峨野特別

3連複
2-5-9 5,000円
5-8-9 3,000円
2-9-8 2,000円

以上3連複3点買いです。
9頭立てのレースであれば3連複を取れるチャンスも広がります。
本当はもう少し購入点数を広げた予想をしたい所ですが、マイルチャンピオンシップ前の運試しとして少ない資金でそれなりの払戻金を受け取れるように購入点数を絞った予想としました。
是非日曜日はメイン競走の前の9Rにも注目してください。

競馬情報会社ランキング