プロミネントJTではWSJSの優勝争いにも注目して見ていきたいです。

元騎手A氏が読み解くプロミネントJT

  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!

WSJS最終戦となる東京10RプロミネントJTでは初日に上位に付けている騎手に注目です。その中でも高知競馬の赤岡騎手に期待をしていきたいです。

11月30日(日)東京10RプロミネントJT

11月30日(日)東京10R

プロミネントJT

~レース特徴~

29日に引き続き東京競馬場ではワールドスーパージョッキーシリーズ2014(以下「WSJS」の略称を使用)が開催されます。
WSJSの概要や参加騎手の情報等は29日の予想記事でも紹介しています。興味のある方はサイト内検索で「11月29日」「ファンタスティックJT」「WSJS]等で検索して頂けれhば閲覧できます。

~注目すべき点~

~11月29日(土)のWSJS成績~

東京競馬場の9Rと11Rで対象レースが開催されています。
騎手別の上位10位の成績を紹介いたします。

・1位 福永祐一 1着20点(1人気)ー7着5点(6人気) 合計25点
・2位 浜中俊 5着10点(3人気)ー2着15点(2人気) 合計25点
・3位 田辺裕信 14着 1点(12人気)ー1着20点(10人気) 合計21点
・4位 デフリー 8着 4点(9人気) ー 3着13点(1人気) 合計17点
・5位 赤岡修次 2着15点(13人気)-13着 1点(13人気) 合計16点
・5位 マクドナルド 4着11点(5人気)ー7着 5点(3人気) 合計16点
・5位 スマレン 7着 5点(6人気)ー4着11点(5人気) 合計16点
・8位 バートン 3着13点(4人気)ー10着 2点(4人気) 合計15点
・9位 スミヨン 6着 6点(8人気)ー6着 6点(8人気) 合計12点
・10位ヒューズ 16着 0点(7人気)ー5着10点(15人気) 合計10点

初日終了時点でこのような内容となっています。
過去4年外人騎手の優勝が続いていましたが、初日は日本人騎手が強い内容となっていました。

~プロミネントJTの注目馬と注目騎手~

・1枠1番ローレルブレッド
5位タイに付けているスマレン騎手騎乗。
ローレルブレッドは準オープンの壁に当たっている馬です。
追い込みの脚質を生かせれば力はある馬ですが、スローペース予想のレースとなっているのが最大のネックです。

・2枠3番トウカイオーロラ
初日1位の福永騎手が騎乗。
準オープンを連戦している馬で7歳馬になりますが3月のレースでも3位に入っています。
休み明けの前走は馬齢的にいきなりは厳しい内容。
1戦叩いた事で変われるかがポイントです。
WSJSがなければ縁がなかったであろう馬との初コンビに注目です。

・2枠4番タイセイドリーム
初日3位の田辺騎手騎乗。
初日2戦目は10番人気のフレイムヘイローで見事な勝利を収めました。
タイセイドリームは夏に500万下1,000万下と連勝した馬。ここ2戦は不調ですが力は持っている馬です。
最終戦で田辺騎手がWSJS逆転の可能性も充分あるでしょう。

・3枠5番ニシノテキーラ
初日2位の浜中騎手騎乗。
ニシノテキーラは昇級初戦ですが、得意の距離でチャンスは充分にある馬です。

・4枠8番メイショウリョウマ
初日外人トップのデフリー騎手騎乗。
メイショウリョウマは昇級初戦で5ヶ月半の休み明け。
前走は2,200mで逃げ切り勝ち。
スタミナ自体は問題ないですが、これまで非根幹距離で好走している傾向があります。

・5枠9番サムソンズプライド
コントレ騎手騎乗。
サムソンズプライドは3歳時に同コースオープン競走で逃げ切り勝ちをした事もあります。
休み明けで不安要素もありますが、過去の脚質だけ見れば短期逃げの可能性も高く一発がある馬です。

・5枠10番フレージャパン
初日苦戦した蛯名騎手騎乗。
蛯名騎手の性格は勝てないと思ったレースでは馬に無理をさせずに早めに諦める性格ですので初日の結果は特に気になりません。
フレージャパンは準オープンをこれまで5戦行い掲示板を外したのは1回のみという安定感がある馬です。
2日目の巻き返しのチャンスもあるでしょう。

・6枠11番ロンギングダンサー
北村騎手騎乗。
ここまでの全成績が[4.4.6.5]と安定していて人気が集中する事も考えられます。
休み明けで1戦叩いた上積みもあり、ここでは期待したいです。

・6枠12番ビービートレイター
初日人気薄の馬の気丈ながら5位タイに付けている高知競馬の赤岡騎手気丈。
WSJSは前回挑戦時も総合3位と相性が良いです。
ビービトレイターは準オープンでも1回勝っています。
6ヶ月半の休み明けの前走ではいきなり走るのは難しかったですが、1戦叩いて充分期待できます。

・7枠13番マイネルマーク
今回のWSJSで最注目のヒューズ騎手騎乗。
初日も15番人気の馬を内枠から上手に折り合いをつけて掲示板に入るなど
前評判に恥じない騎乗をしました。前走同条件・同コース2着のマイネルマークで最終戦で巻き返すチャンスが充分にあります。
6歳馬ですがここに来て馬体が一回り大きくなって成長した馬です。ここでも期待できます。

・8枠15番サフランディライト
岩田騎手騎乗。
過去6戦準オープンで全て掲示板に入っている馬で今年に入り安定感が増しています。
休み明け1戦叩いた上積みも期待でき、このメンバーであればチャンスありです。

・8枠16番アップルジャック
WSJSでギリギリ優勝圏内とも言えるスミヨン騎手騎乗。
今年に入り安定性が出てきた馬です。
スピードは持っていない馬なので前から気持ちよく折り合いをつけたい所。
指し・追い込みが比較的多い今回のレースでは展開が良い方向になる要素もあります。

~予想買い目情報~

◎ビービートレイター

地方競馬の赤岡騎手は先行を得意としています。
WSJSでも成績が安定していて、現在は中央競馬で活躍している岩田騎手依頼の地方競馬騎手の優勝の期待もかかります。
休み明けの前走は馬体重プラス20kgと明らかに太かった。
1戦叩いて本来の力が出せれば勝ち負けの勝負となるでしょう。

○11番ロンギングダンサー

戦歴を見てもこのメンバーの中で実力上位なのは明白です。
1戦叩いた上積みもあり、前評判は騎乗騎手が決まる前から一番高かった馬です。
北村騎手とは初コンビですが無難に乗りこなせれば上位に入れるでしょう。

▲13マイネルマーク

ヒューズ騎手騎乗で期待値上昇です。
本来であれば予想印を本命か対抗に付けても良い馬です。
前走の2着がマグレではなかった事をここで見せてもらいたいです。

△4番タイセイドリーム

人気が薄い馬に騎乗しながら初日3位調子が良い田辺騎手騎乗のタイセイドリームは潜在能力が高い馬。
馬の力を上手く引き出せればチャンスありです。
以上を踏まえて

プロミネントJT

馬単
12番ビービートレイダー1着軸
総流し(15通り)
各600円 合計9,000円

4→11 500円
4→13 500円

ビービートレイダーからお馬単総流しで勝負。赤岡騎手の中央競馬でも通用する手腕に期待です。
一発の要素が高いタイセイドリームからは安定感が高い馬を中心に試し買い程度です。

競馬情報会社ランキング