チャレンジカップは阪神競馬場4戦全勝のスマートレイアーに注目です。

元騎手A氏が読み解くチャレンジカップ

  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析

チャレンジカップは、前走のエリザベス女王杯から得意の距離とコースに戻って巻き返しを狙うスマートレイアーに注目です。他にも実力馬が多く混戦ムードにもなってます。

12月13日(土)阪神競馬場11Rチャレンジカップ(G3)

12月13日(土)阪神11R

チャレンジカップ(G3)

~レース特徴~

13日土曜日は、阪神競馬場でチャレンジカップが開催されます。日曜にはG1競走の阪神JFが開催される事もありトップジョッキーが集結し、急成長中の3歳馬と、実績のある古馬との対決に注目が集まります。

~注目すべき点~

・1枠1番アドマイヤタイシ

小牧騎手への乗り替り。全盛期は重賞で5戦連続2着に入った馬。
ここ最近結果が出ていなかったし決めてに欠ける馬ですので、騎手を変えるのは良い刺激となりそうです。
休み明け成績は[1.1.1.2]と悪くなく、一度リフレッシュした事で巻き返しに期待。
一番のネックは年齢による衰えか。

・3枠3番スマートレイアー

3戦前に1度かえ騎乗した池添騎手に乗り替り。
阪神競馬場は4戦全勝と圧倒的な適性を持っている得意コース。
エリザベス女王杯は大敗しましたが、折り合いがあわず脚を貯められなかった様子。
得意の阪神で力を出せれば。
実力はこのメンバーでも最上位。
人気を落とすようなら積極的に買いたい馬です。

・4枠4番エイシンヒカリ

今年の4月にデビューして5連勝と無類の強さを見せている注目馬。
3走前は同コースで逃げたにもかかわらず上3F32秒8の驚異的な内容で圧勝しています。
その時の走りが再現できれば、メンバーが強くなるとはいえ、充分通用しそうです。

・5枠6番トーセンスターダム

今年のクラシックを戦ってきた馬。デビュー以来武豊騎手騎乗。
今回も武豊騎手はスマートレイアーを蹴ってまでトーセンスターダムに騎乗。
元々は1,800m~2,000mに適性がある馬。
距離見直しで巻き返しなるか?

・6枠7番ダイワマッジョーレ

昨年末から調子を落としている馬。前走では馬体重が戻ってきて復調の兆しが見えました。
前走もハイペースで先行組に辛い展開だったという敗因もあり、馬体重を戻した馬体から1戦叩いた上積みもありそうです。
今回はビュイック騎手への乗り替りになるのも注目です。

・6枠8番アズマシャトル

3戦前から引き続いて和田竜二騎手騎乗。
和田騎手になってから成績お安定しているので、馬との相性が良いのでしょう。
差し脚質が圧倒的に有利な阪神芝1,800mではアズマシャトルが過去3戦で見せている末脚は驚異です。
ダービ以来の重賞ですが、その時よりも大きく成長しているのは明らか。
夏以降での成長力で言えばこの馬がトップと言えます。

・7枠10番ウインフルブルーム

昨年の朝日杯と今年の皐月賞で3着に入った実力馬。
前走のカシオペアSも快勝して注目馬となります。
しかし今回は今年僅か3勝の国分騎手へ乗り替り。
騎乗に至った経緯は分かりませんが、若手騎手のターニングポイントになりそうなレース。
期待値としては、下がってしまうのが正直な所。
逃げ先行を得意とする馬ですが、差しが圧倒的な有利なコースで外枠を引いたのはネガティブに見えます。

・8枠11番フルーキー

昨年の菊花賞から11ヶ月の休み明けを経て見事に復活した馬です。
2ヶ月ぶりのレースとなりますが、中間の気配もよく調子は良さそうです。
出遅れてシンガリからの競馬でスローペースだった前走も見事な差し切り勝ち。
実力はこのメンバーでも上位レベルに見えます。
外枠も問題なしで浜中騎手との相性も抜群です。
怪我で出遅れた実力馬は勢いにのって重賞をとってしまう可能性も充分ありえます。

・8枠12番バッドボーイ

先週ホッコータルマエでG1を制した幸騎手騎乗。
条件戦でくすぶっていた馬で久しぶりの重賞挑戦となります。
元々はラジオNIKKEI杯2着など、もっと表舞台で活躍していてもおかしくなかった馬。
前走では全盛期の馬体に戻った様子で準オープンを快勝。
前走からの上積みも期待できるでしょう。

~予想買い目情報~

◎3番スマートレイアー

相性抜群の阪神で本来のピッチ走法を活かした競馬ができれば、このメンバー相手でも勝てるだけの実績があります。
春の阪神牝馬Sでは大きく出遅れながら差し切った馬。
多少の不利があったとしても補えるでしょう。

○11番フルーキー

今年大復活しても尚、底を見せていない馬。
来年はビッグタイトルを取ってもおかしくない素質を持っています。
勢いそのままに重賞奪取できるか注目です。

▲12番バッドボーイ

差しが有利コースとはいえ、有力馬に差し・追込脚質が固まった事を考えると、楽に先行できそうな馬は抑えておきたい所。
勢いに乗る幸騎手が騎乗するバッドボーイは穴馬の要素も充分です。

△8番アズマシャトル

大敗した日本ダービーの時とは別の馬へと成長しました。
和田竜二騎手とのコンビで覚醒したアズマシャトルは抑えておきたいところ。

注7番ダイワマッジョーレ

復調の兆しが見えて、ビュイック騎手騎乗。
昨年のマイルCS2着馬はここでは、過小評価されすぎか?

以上を踏まえて

チャレンジカップ(G3)

馬単
3番スマートレイアー1着流し→1・6・8・10・11
5点流し各1,000円
3番スマートレイアー2着流し←4・7・8・11・12
5点流し各1,000円

スマートレイアーを軸に馬単裏表各5点流し。
勝てる実力を持っている馬が多い中、阪神競馬場の相性抜群で崩れにくいスマートレイアーを1着軸と2着軸に幅広く買っていきます。
あえて馬連ではなく、一発の要素が強い馬を並べた2着流しを含めた変則買いで効率アップです。

競馬情報会社ランキング