ホープフルステークスは本命軸としてダノンメジャーを推せるものの波乱の要素が強いレースです。

元騎手A氏が読み解くホープフルステークス

  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法

ホープフルSでは来年のクラシックでも活躍してもらいたいという期待と、ここまでの安定性を重視してダノンメジャーを本命予想。 対抗馬以下は穴馬予想となっています。

12月28日(日)中山9ホープフルステークス(G2)

12月28日(日)中山9R

ホープフルステークス(G2)

~レース特徴~

今年最後の中央競馬は中山10Rの有馬記念に注目が集まりますが、ひとつ前の9Rでは今年から2に格上げされたホープフルSが開催されます。
2歳馬重賞で朝日杯FSよりも長い2,000mの開催となり、来年のクラシックに向けて重要なレースとなっています。
朝日杯に出ても注目されていた可能性が高い実力馬も出走し見所が多いレースとなっています。

~注目すべき点~

・1枠1番ダンタアレグリア

前走の未勝利戦で勝利を挙げた三浦皇星騎手騎乗。
休み明けの前走では馬体が一回り大きく成長して見事な差し切り勝ち。
小回りが効いて内枠は有利ですが後ろからの競馬となるとロスが大きくなるのがネックです。

・1枠2番レトロロック

デムーロ騎手への乗り替りで注目が増します。
内枠に先行と有利な条件が整ったコースで距離適性も問題ありません。
前走の敗因は折り合いが悪く実力が出せなかったレース。
デムーロ騎手騎乗で巻き返しに期待です。

・2枠3番ソールインパクト

今回も福永騎手騎乗。
初勝利まで3戦かかりましたが、東スポ杯で3着に入り地力の高さを証明しました。
はじめての距離で前走は3着に粘ったとはいえ、最後はスタミナ切れで現時点ではマイルが適性の馬です。

・2枠4番フォワードカフェ

今年の2歳G1を連勝して絶好調の蛯名騎手騎乗。
デビュー以来変わらぬコンビとなっています。
これでディープ産駒とのコンビでしたら2歳重賞3連勝を期待したくなりましたが、今回はマンハッタンカフェ産駒。
ここでは実力が一歩劣る印象です。

・3枠5番マイネルシュバリエ

札幌2歳Sで2着に入った実力馬。前走はイレ込んでいた様子で逃げて前崩れの展開。
スムーズにハナを取って折り合えば前の残りも多い中山2,000mではチャンスもあります。

・4枠8番エニグマバリエート

未勝利戦で勝った岩田騎手とのコンビ。
前走の時計も悪くなく、人気が薄いようでしたらチャンスありです。

・5枠9番ダノンメジャー

今回最注目されている馬でデビューから続く小牧騎手とのコンビ。
マイルに不安がある馬で朝日杯を回避してここに照準を合わせてきました。
デビュー戦では先行できていたので上手く折り合いを付けられればこのメンバーなら勝てる馬です。
来年のクラシックに向けて弾みのレースにしたい所

・5枠10番シャイニングレイ

キャリア1戦ですがデビュー戦でムチも入れずに最後は馬なりで圧勝した馬です。
時計が遅いのも余力を残していたレースなので気になりません。
前走ほど楽に折り合えないメンバーになりますが、素質は光るものがあります。
馬券にどう組み合わせるのかが非常に難しい馬です。

・8枠15番ティルナノーグ

今回も武豊騎手騎乗。
素質は光る物がありますが前走のラジオNIKKE杯ではいつも通りスタートが悪かったにしろ全く見せ場を作れなかったのがネック。
追い込みの脚質に外枠では期待値は下がります。
持ちタイムはメンバー最速で実力はある馬です。スローペースも予想されるので、勝つ可能性は高いものの、前走のように大敗する可能性もある事を考慮しておきましょう。

・8枠16番ナンヨーテンプル

キャリア1戦で2,000mで勝利を挙げています。
シャイニングレイの時計とほぼ同じですが、ナンヨーテンプルの場合は前走は柴田騎手がロスの無い競馬をして、一杯に走ってなんとか粘りきった内容。
シャイニングレイと比べると今回の期待値は大幅に下がります。
今回は休み明けで稽古量も少なく、元々調教ではほとんど走らない馬。
2歳馬ですので成長性もありますが、中間気配では前走からどれだけパワーアップしてきたのかが分からない馬です。

~予想買い目情報~

◎9番ダノンメジャー

今回のメンバーでは実力は頭ひとつ抜けている様子。
ダイワメジャー産駒は主要会場で中山を苦手にしていますが、前走大外を回ってロスが大きいながら2着に入った強さを見れば、仮に今回も外を回ったとしても大きく崩れるとは考えづらいです。
小牧騎手も前走の反省を踏まえて修正してくる事に期待。
現時点で馬の完成度は非常に高く、来年のクラシックで活躍するには、ここでは勝っておきたい馬です。
ただし、単勝での期待値で考えるとコース適性と折り合い面の未熟さがあるので強気には行きづらい傾向があります。

○2番レトロロック

有利な脚質に、デムーロ騎手への乗り替り。勢いのあるディープ産駒に有利なデータが出ている内枠をひけたレトロロックはチャンスアリです。
前の残りも考えやすい中山2,000mで上手く折り合いさえつけば勝てる力も持っている馬です。
2走目に出遅れてシンガリからの競馬もしているのがネックとなりますが、デムーロ騎手に変わって上手にコントロールしてくれる事を期待。

▲8番エニグマバリエート

過去のレースを見れば中山にも適性が高そうな馬。
良血統の馬で現時点の完成度も高い馬。
上位に食い込む力は充分にありそうです。
新馬戦では進路があかず中々仕掛けられなかった中でラスト1ハロンの末脚は光っていて、騎手の指示通りに細かく馬の間を縫って5着に入ったのが印象的なレース。
4角から混戦も予想されるホープフルSでは、単穴候補として充分な素質を持っています。

△5番マイネルシュバリエ

注目馬で安定して先行できる馬がいない今回のメンバーでは単騎逃げも考えられるマイネルシュバリエも抑えておきたい馬です。
逃げ切りも充分に期待できます。
前走は馬体重プラス20kgも重しとなっていた事が考えられ1戦叩いて良化してくる可能性も充分にあります。
楽に先行ポジションを取ってスローで流れる展開になればなれば面白いです。

注16番ナンヨーテンブル

キャリア1戦で3ヶ月の休み明け。
調教で数をこなしてなくても時間が経過すれば成長する事もあるのが2歳馬です。
1戦して1勝できたのは何かしら持っている物があるからです。
今回も軽視しすぎると一泡吹かす存在になるかもしれません。

以上を踏まえて

ホープフルステークス(G2)

ワイド
2-9  5,000円
8-9  4,000円
2-8  1,000円

以上ワイド3点買い。波乱が多い今年の2歳重賞。
今回も混戦模様ですんなり人気上位馬で堅く決まるとは考えづらい。
中山2,000mに有利な内枠と逃げ・先行を優先して選んだ馬を中心にワイドで集中勝負です。
ティルナノーグは素質は認めつつも、今回はコース適性の不安を考えて思い切って外していきます。

競馬情報会社ランキング