若駒ステークスではシュヴァルグランと今年絶好調のデムーロ騎手騎乗のストーンウェアに注目です。

元騎手A氏が読み解く若駒S

  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法

若槻ステークスでは、実績十分で過去2戦戦ってきた相手も強かった8番シュヴァルグランに注目。8頭立ての強みを活かした3連複予想紹介しています。

1月24日(土)京都10R若駒ステークス

1月24日(土)京都10R

若駒ステークス

~レース特徴~

24日土曜日の京都競馬場はメイン競走でG3京都牝馬Sが開催される事もあり、トップジョッキーが集結しています。
10R若駒Sは3歳オープンの8頭立てになっていてキャリアが浅い馬を中心ですが、注目の素材馬も多く見所満載となっています。
京都芝内回り2,000mは1角までの距離も長くこの出走頭数であれば、内外の優劣は少なく、差し馬が決まりやすいコースとなっています。

~注目すべき点~

・1枠1番ジャズファンク

2戦ぶりに池添騎手騎乗。前走は2,000mを使って適性が高い事が分かったのは大きな収穫。
スタミナがある馬ですので、京都内回りは適性が高そうです。休み明け2戦目でしっかり変わる事ができ、今回も上積みが期待できそうです。

・2枠2番ミコラゾン

今回も武豊騎手騎乗。未勝利戦はダートでの勝利でしたが、重馬場のダートコースを軽快に走っていました。
京都の芝は初めてですが、スピードがある馬です。
距離に不安がありますが、ダートで走ってきた馬ですので2,000mまでなら現時点でもこなせそうです。

・3枠3番ストーンウェア

デムーロ騎手に乗り替り。キャリア2戦ですが上3Fはいずれも33秒台と末脚が光っています。
距離延長が一番の課題ですが、8頭立てでデムーロ騎手騎乗であれば、折り合いをうまくつけてくれそうです。
中間の気配も良好で、オープンでも充分通用する素材です。

・4枠4番サトノゼファー

キャリア1戦でデビュー戦に引き続き岩田騎手騎乗。デビュー戦で今回と同じコースを逃げ切っています。
現時点では良馬場でないと難しそうな馬ですが、金曜正午で京都芝コースは稍重。土曜の午後には良まで回復する見込みもあるので問題ないでしょう。
前走目いっぱい走っていた感じもあるので、相手が強くなってどこまでやれるか?

・5枠5番アドマイヤガスト

デビュー以来コンビが続く福永騎手騎乗。
休み明けの前走は差はついてしまったものの、今回と同じコースを2分を切るタイムで走っています。1戦叩いた上積みにも期待です。

・6枠6番アダムスブリッジ

キャリア1戦でデビュー戦と同じ和田竜二騎手騎乗。前走は阪神2,000mでスローペースで流れる中、見事な差し切り勝ち。
馬としての完成度は低く青さもある馬ですが、器用な競馬を見せてくれました。
前走よりかは時計が早くなりそうな今回のレースですが、どんな展開になってもある程度柔軟な対応ができそうな馬です。

・7枠7番エメラルヒマワリ

北海道競馬出身の地方馬。中央デビューの前走はダート1,200mで8着。今回は芝初挑戦ですが走り方を見るとダートの馬といった印象。

・8枠8番シュヴァルグラン

前々走からのコンビの内田騎手騎乗。
ここまでキャリア4戦は全て2,000m。前々走は重賞でクビ、クビ差の3着で0.1秒差。前走は500万条件ながら出世レースのエリカ賞で相手が強かった印象。今回のメンバー相手であれば実力は上位。
唯一の実績馬といっても良いだけの戦歴もあり、順当に行けばここでは勝ち負けのレースとなりそうです。

~予想買い目情報~

◎8番ジュヴァルグラン

これまでのレース内容を見ても光るものがあり、安定感も高い馬です。実力は間違いなく上位。
前走プラス10kgから叩いた上積みもできます。
ハーツクライ産駒が強いコースでもありますし、8頭立ての大外枠はポジション取りが容易でポジティブに捉えられます。
春のクラシックに進む為には、ここでで足踏みはしたくない素質馬で本命馬として充分期待できます。

○3番ストーンウェア

差しが決まりやすい京都2,000mでは、これまで抜群の末脚を見せているのはポイントとなります。
デムーロ騎手は今年既に11勝で連対率は芝コース限定で見れば43.8%と絶好調です。
騎手の勢いも加わり、このメンバー相手でも充分に戦えるでしょう。

▲1番ジャズファンク

新馬戦勝利は1,800m。その後マイルを使っても結果が出ず前走2,000mを使い2着に入り中~長距離に可能性を見せた馬。
時計が早い京都の馬場に対応できるかが鍵になりそうですが、注目のハービンジャー産駒でスピードもある馬。
秋に放牧を挟んで成長した面もあり、まだ底も見せていない馬。
新馬戦で勝った池添騎手とのコンビでオープンでも充分通用するでしょう。

△5番アドマイヤガスト

ここまで3戦1勝で4着以下2回と成績だけ見れば冴えないですが、前走同コースで2分切ったタイムは今回のメンバーでは一弾飛びぬけた持ち時計。
休み明け1戦叩いた上積みも期待できます。前走時の馬体重で516kgの大型馬。
前走よりもスローペースになっても、器用に折り合える馬で、パワーもあるので多少馬場が渋めでも力を出せるでしょう。

以上を踏まえて

若駒ステークス

3連複
軸3・8-相手1・4・5・6
合計4点流し各2,000円
1-5-8 1、000円
1-6-8 1,000円

以上3連複6点買い。
順当に行けばシュヴァルグランが勝つレースですが、低キャリアで未知の要素が多い3歳オープンという所も踏まえて、手堅く3連複を狙いに行きます。
8頭立てで8番シュヴァルグランに人気が集中する事も考えられるので、直前オッズを見て柔軟に対応することも大切なレースになりそうです。

8番はシュヴァルグランが出走取り消し・・・

競馬情報会社ランキング