北山ステークスでは、2015年ダートで圧倒的な成績を残しているデムーロ騎手に注目です。

元騎手A氏が読み解く北山S

  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣

北山ステークスでは実力上位で、今回はデムーロ騎手騎乗で期待値大幅アップのワンダーアシャートに注目。その他、アドマイヤライディを筆頭に近走惜しいレースをしている馬に期待です。

1月31日(土)京都11R北山ステークス

1月31日(土)京都11R

北山ステークス

~レース特徴~

31日土曜日の京都メイン競走はダート準オープンの北山ステークスが開催されます。
多くの出走馬が年明けてから1戦こなしていて、前走の内容の分析が重要となるレースで、今週末の中央競馬は2場開催もあって
騎手も豪華な顔ぶれが揃っています。
京都ダート1,800mはこの距離で日本レコードも出ているダートの中で時計が早いコース。
コーナーが1・2コーナーが小回りになる為、理論的には、内枠・逃げ・先行が有利になりますが、テンの争いが激しくなり、結果的に3角あたりから仕掛けはじめる差し馬が勝つことも多く、高配当が出る事も多いコースとなっています。

~注目すべき点~

・アクサショパン
幸騎手へ乗り替り。
準オープンで7戦して最高順位が5着。今回も相手は揃っているので良くて掲示板といった所でしょう。

・アドマイヤライディ
昨年菊花賞挑戦のあと、ダートに戻り準オープンで2着・3着。実力上位の馬で、3度目の正直で同級突破を目指している馬。
当然、今回も最有力の馬になりますが、追い込みの脚質で過去2戦も直線に入ってからの追い込みで間に合わなかったレース内容。
今回も4角の時点で後ろだと間に合わない事が多いコースですので、過剰な期待は厳禁。
ただ、今の調子を見れば大崩れは考えにくいです。

・エクストラゴールド

昇級初戦で今回も福永騎手騎乗。昨年秋から急成長した馬で、過去2戦で馬体重が合計18kg増えています。
前々走は太めの馬体を叩いたレースですたが、そこから中2週の前走では更に馬体重を増やして1,000万条件を勝利。
今回も上積みや成長性が期待できます。前走は強い競馬でしたが、展開が良い方向に流れたレース。今回は相手も強くなる中で、しっかり好位を取って折り合いを付けられるかがポイント

・キクノソル

今回も定番コンビの浜中騎手騎乗。ここまで3着以内率が非常に高く、くずれにくい馬。前々走の6着は不良馬場が敗因にもなっています。
レースローテーションが良いのも好感でき、ここでも上位争いを期待できます。

・コルージャ

昨年から同級でも安定感が増してきています。池添騎手との相性も良い様子で、同コースは過去に2勝挙げている相性の良い舞台。
前の残りの展開になると苦しいが、末脚勝負なら上位争いです。

・サンライズマート 

シュタル騎手に乗り替り。準オープン昇格後、ハンデ戦では2回好走しましたが、前走は別定で本来の斤量に戻ったのが重しに感じる内容。
今回も57kgを背負うので、強くは期待できない

・ワンダーアシャート

今回デムーロ騎手へ乗り替りの注目馬。準オープンを6戦こなし、3着を外したのは一度だけ。
ここまでのキャリアで2桁着順がない安定感を誇り、当然崩れる事は考えづらく、今度こそこの勝利を狙いたい実力馬です。

~予想買い目情報~

◎3番ワンダーアシャート

馬の実力や実績は過去の戦歴の通り。当然ここでは実力上位。
決めてに欠ける所も多少あるが、今週も注目したいのがデムーロ騎手の手腕。
今年に入ってダートだけで既に10勝。芝と合わせれば14勝でリーディングランキングはぶっちぎりとなっています。
ダートだけで見れば今年に入って勝率28.6%と圧倒的。注目馬に騎乗する今回は期待値が高まるとともに、決めてに欠く部分も鞍上の手腕で補ってくれると期待できます。
ワンダーアシャートは今回中3週をあけて、しっかりしたローテーションで追い切りでも好タイムをマーク。状態は万全。
コース適性も申し分なく、今回はこれまで以上に条件が整っています。

○11番アドマイヤライディ

前評判通りの予想印となってしまいますが、現状今回のメンバーでは、ワンダーアシャートとアドマイヤライディが実力上位で2強ムードとなっています。
前走はコルージャに先着されたが、重馬場適性はあまり高くない馬。
もっと乾いた時計が必要な馬場であれば、充分巻き返せます。
最大のネックは直線からの末脚で届くのか?といった所もありますが、今回も有力馬は先行脚質が揃っていて、前でテン争いが激しくなる可能性もあります。
過去この馬で2勝している岩田騎手で、ここ2戦も騎乗しているので、なにかしら対策を取ってくる事を期待したい。
1,000万条件を勝った時はこのコースの良馬場で直線しんがりからのマクリ勝ちで、上3Fは35秒4と異次元の末脚を見せて最後は余力まで残しての快勝。
この内容を考えれば過去2戦は不完全燃焼ですし、未だに底は見せていない馬です。

▲エキストラゴールド

ここまでの安定感も然ることながら、ここに来ての成長性も高く評価できる馬。
秋以降馬体が一回り大きくなり、底知れぬ可能性を感じる馬。当然福永騎手の手腕にも期待したい。

△2番キクノソル

ここまでの抜群の安定感や、前走ワンダーアシャートとクビ差のレースをした事は高く評価できます。
今回のメンバー相手でも通用する実力を持っていることも証明済み。浜中騎手とのコンビの信頼性も高いです。上位争いは必須の馬でしょう。

以上を踏まえて

北山ステークス

単勝
3番 ワンダーアシャート  10,000円

以上単勝1点勝負。馬の実力とデムーロ騎手の手腕があれば、単勝1点で充分信頼できる馬。
対抗のアドマイヤライディが、展開次第では間に合わない事を考えると、馬単で手広く流すよりかは単勝1点の方が効率的。
実力馬も多く、オッズもある程度は割れる事を予想しています。
オッズが付きすぎる場合は、予想印を付けた馬を中心に馬単で流すこともおすすめ。
馬単で充分バックが期待できるオッズならば、アドマイヤライディの裏を取るか、馬連の活用。コルージャあたりまで絡めればより手堅くなります。

競馬情報会社ランキング