アルデバランステークスでは、外枠の不利があってもランウェイワルツに期待をします。

元騎手A氏が読み解くアルデバランS

  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!

アルデバランSでは、今年絶好調でダートに強いデムーロ騎手騎乗のランウェイワルツに期待。その他勝てる力が高い馬が揃った内容を考慮した予想となっています。

2月14日(土)京都11Rアルデバランステークス

2月14日(土)京都11R

アルデバランステークス

~レース特徴~

土曜日京都メイン競走ではダートオープンで、今年は名古屋WINSリニューアル記念レースにもなったアルデバランSが開催されます。
実績馬の参戦もあり、トップジョッキーも多数参戦している見所満載の注目レースとなっています。
京都ダート1,900mは流れは1,800もほぼ同じでダートコースを約1周するコースで、1角までのポジション争いが重要。
逃げ・先行有利のレースで、基本内枠が有利ですが、1角までの距離が380mと若干余裕がある為、内外の優劣は若干緩和されています。

・4番トウシンイーグル

シュタル騎手への乗り替り。今年未勝利の騎手ながら累計成績で見ればダートを得意としている騎手です。
昨秋シリウスSで3着に入った実績もあり、今回も上位に入るチャンスはあります。

・7番ベルサリエーレ

前走準オープンを勝った昇級組で武豊騎手へ乗り替り。
一発性は多少ありますが、相手が強くなった中で大きな期待はできません。

・9番メイショウイチオシ

昨年の秋からの成長性が著しい馬。昇級初戦は差がついたものの4着と、このクラスでもやれる手応えはあります。
元々は全4勝が1,800mで前走は距離が敗因の一つ。今回は100m短縮とクラス2走目の経験で巻き返しのチャンスはあります。

~予想買い目情報~

◎15番ランウェイワルツ

今年に入り予想記事でも度々紹介している今年絶好調のデムーロ騎手へ乗り替り。
未だ今年のリーディングトップを快走していて、ダートでは勝率23.7%と圧倒的な強さを誇っています。
今回注目馬のランウェイワルツに騎乗した事で当然期待値は上昇します。
ランウェイワルツは前走東海Sでは8着に沈みましたが、昨年8月以降のオープン特別で見れば、2着3回、3着1回と抜群の安定性を誇っています。
勝ちきれない部分がこれまでありますが、デムーロ騎手の手腕で今回は勝利を期待したい内容です。
大外枠を引いてしまったのは割引材料ではありますが、差しや追い込みもできる自在性の高い馬で、1,900mの距離であれば充分にカバーできる範囲内。
ハンデ戦の今回で斤量55kgはポジティブポイントです。

○14番マルカプレジオ

前走は久しぶりに福永騎手騎乗でオープン特別を快勝。今回も福永騎手鞍上で信頼性は高い。
昨年の同レースでも2着に入っていて、コース適性は問題なし。
ランウェイワルツと同様外枠を引いてしまった事は割引材料ですが、ゴールドアリュール産駒が強いコースに信頼できる騎手とのコンビで充分に戦える内容です。
短期放牧明けで、7歳馬となった経験の長さから調教では本気を出さなくなってきた傾向があり、表面的には不安な要素も若干ありますが、陣営がここを目標に仕上げたとコメントしている通り、充分に力をだせる状態だと評価できます。

▲1番アスカノロマン

注目馬2頭が外枠になった事で、内枠の先行馬は押さえておきたい要素が強まりました。
前々走は京都良馬場の1,800mで早い時計で快勝していて、力を出し切れればこのメンバー相手でも勝機ありです。
前走は重賞で外枠。今回はオープンで内枠という条件で巻き返しのチャンス充分です。
3ヶ月の休み明けですが、中間の気配を見る限り、しっかり仕上がっている様子。
内枠・中枠の逃げ・先行馬で注目馬はソロルくらい。最内枠から楽に折り合う事ができれば理想的な展開です。

△6番ソロル  

好枠で先行もできる脚質。前走では復調の兆しを見せたレース内容で、馬体重+10kgを叩いた上積みも期待できます。
本来であればもっと高く期待したい馬ではありますが、今回は57.5kgのトップハンデがネガティブ材料。
シリウスSでも同じ斤量を背負って10着に沈んでいて、ライバルが55kgや54kgの斤量となっている事を考えれば少し厳しいハンデと見れます。
久しぶりのオープン特別で実力上位ではありますが、強気には買いにくい内容。

注2番マイネルバイカ

2桁着順に沈む大敗も多い馬ですが、昨秋のブラジルCではランウェイワルツを抑えて勝利。
前走東海Sでも豪華な顔ぶれが並んだレースで4着と一発性が高い馬。
2枠2番から好スタートを切って先行できてしまえば、勝ち切れるだけの実力は持っています。
今回は小牧騎手への乗り替りですが、これまでの実績を見る限り、鞍上は選ばない馬。今回も注意が必要な馬です。

以上を踏まえて

京都11Rアルデバランステークス

単勝・ワイド

15番ランウェイワルツ 5,000円
ワイド14-15 5,000円

1着の確率が非常に高いデムーロ騎手騎乗のランウェイワルツの単勝と、8枠コンビのワイドで勝負です。
混戦ムードもある中、勝てる期待値として期待できるランウェイワルツを軸にしつつ、勝つ力は持っているが不安要素も多いメンバーが集まった特性も活かし、ワイドも抑えておきます。
ワイドの相手としては、ランウェイワルツ以外で安定感も期待できる同じ8枠で福永騎手騎乗のマルカプレジオを選びます。

競馬情報会社ランキング