斑鳩Sでは、エイシンスパルタンとエイシンペペラッツの2頭のエイシン勢に注目です。

元騎手A氏が読み解く斑鳩ステークス

  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道

斑鳩ステークスでは、閉幕週の馬場状態や先週のレース結果の傾向を重視した、逃げ先行馬を重視した、馬単2頭軸予想です。

2月21日(土)京都11R斑鳩ステークス

2月21日(土)京都11R

斑鳩ステークス

土曜日京都メイン競走は準オープンの斑鳩ステークスが開催されます。
斑鳩とは奈良県の地名で「いかるが」と読みます。
本来であれば、京都芝外回りは差しも決まりやすく、スピードがある馬が強い傾向がありましたが、今週が閉幕週となる京都芝コースの馬場状態は、荒れていて本来の京都適性が生きてこない傾向が出ています。
詳しくは今週の重賞フィードバックコラムでも紹介しています。サイト内検索で「重賞フィードバック」もしくは「京都記念」で検索して頂ければ閲覧できます。
こういった現在の京都の特性を踏まえて予想していくのが大事なレースとなります。

~レース特徴~

~予想印を付けなかった注目馬の一口情報~

・4番ロノ

久しぶりに福永騎手騎乗。好枠も引けて期待値は上昇。
準オープン昇級後、9着8着ですが差はそこまでついていない。
末脚勝負の展開になればチャンスはある

・8番シンジュボシ

前走ははじめて馬体重が500kgを超えて、大型馬になった馬。
休み明けを1戦叩いた上積みも期待でき不気味な存在

・9番ダンスディレクター

今回最注目されている1頭。全成績は[4.4.12]と抜群の安定感もあり、準オープン昇級後も2戦連続2着。
それでも、1番人気に推されたレースで勝ちきれないのは決めてに欠く部分もあり、先週の京都開催を見ると差し馬の有力馬が相次いで伸びなかった事例もあります。
実力は認めつつも、今回は思い切って外してみるのも一つの手でしょう。

・16番ピークドラム

今年絶好調のデムーロ騎手騎乗。
芝コースの勝率こそ落ちてきたものの、3着内率は2015年に入って40%を大きく超えています。
過去2戦残念なレースが続いてしまいましたが、騎手の乗り替りによる変身にも期待。

~予想買い目情報~

◎13番エイシンスパルタン

8ヶ月半ぶりのレースになりますが、怪我による長期離脱がなければ、大きな実績を残していたかもしれない素質馬です。
直近2走は1,400mを楽逃げしていて、まだ底は見せていない馬。
前の残りが多い現在の京都であれば、いつも以上に有利な展開となる可能性があります。
元々ポン駆けするタイプの馬でもありますし、調教の動きも今月に入ってから良くなってきました。
今回は岩田騎手への乗り替りもポジティブに評価でき、逃げ馬の最有力候補でコース・距離実績もあるエイシンスパルタンを本命推しです。

○7番エイシンペペラッツ

昨年11月の復帰以降、1着、2着、1着と抜群の安定感を見せている昇級組の1頭です。
デビュー以来続く武豊騎手とのコンビは今回も健在。
逃げ・先行もできる脚質と若干内側の好枠を取れた事で、不利のないレースになる事も予想されます。
前走の1,000万条件は同コースで2馬身差の強い競馬。昇級戦でも実力は上位候補。
持ち時計もエイシンスパルタンと並んでトップタイムを誇ります。
未勝利戦ではダート2着の実績もあり、荒れた現在の馬場状態も問題なくこなせる馬。
勢いもあり、鞍上にも期待できる今回は必ず絡めた馬券を持っておきたいと思える1頭です。

▲14番テイエムタイホー

ここ2走はクビ差の2着と惜しい競馬が続いています。同級で見切りが付いている事は明確で、そろそろ順番になってもおかしくない。といった印象もあります。
前々走は11番人気からの2着でしたが、前走は2番人気の期待に応える好走。
今年に入って大きく調子を戻してきた馬で、この馬本来の姿に完全に戻っています。
前走は距離が短かった敗因もあり、得意の1,400mで巻き返しに期待です。
秋山騎手への乗り替りが少し心配ですが、好位を取る事ができれば、勝ち負けの勝負ができる力を持っています。

△15番サマールナ

前走は出遅れの不利がありながら、勝ち馬と0.2秒差まで追い上げた着順以上に内容の良いレース。
2走前でも逃げ切ったニザエモンに続く2着。同級でも見切りは充分ついている。
今の状態であれば、距離が伸びるのは歓迎。1,000万条件は1,800mで勝ったスタミナも持っています。
前走の2着で注目馬ダンスディレクターと差がないレースをしていた事を考えれば、実力は上位クラス。
前からのいつも通りの競馬ができれば巻き返しも可能です。
ベテランの四位騎手への乗り替りになるのもプラス材料です。

以上を踏まえて

斑鳩ステークス

馬単

1着軸13→相手7,8,14,15,16 合計5点流し 各1,000円
1着軸7→相手 8,13,14,15,16 合計5点流し 各1,000円

以上馬単10点買い。
ダンスディレクターは思い切って外し、2頭のエイシン勢を軸の逃げ・先行馬中心の馬単各5点流しです。

競馬情報会社ランキング