御堂筋ステークスでは、福永騎手騎乗で期待値上昇のヴォルシェーブに期待です。

元騎手A氏が読み解く御堂筋ステークス

  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣

御堂筋ステークスの予想では、注目のヴォルシェーブを信頼できる1着軸に置いた馬単5点流し買い予想を紹介しています。

2月28日(土)阪神10R御堂筋ステークス

2月28日(土)阪神10R

御堂筋ステークス

阪神・中山の主要2場が開幕週となる今週の中央競馬。その中で注目したいのが土曜日阪神10Rの御堂筋Sです。
準オープンながら、信頼できる軸馬もいて、主力騎手が多数参戦する同レースは、手堅く馬単を狙いやすい
レースとして注目しています。中山芝2,400mは1角、2角が小回りのトリッキーなコース。
バックストレートが長く差し馬有利な傾向もありますが、開幕週の今回は、内側の好位をうまく取れる事が重要となってきそうです。

~レース特徴~

~予想印を付けなかった注目馬の一口情報~

・4番ジャイアントリープ

シュタル騎手へ乗り替り。ここに来て調子を上げてきている騎手への乗り替りと、距離はこなせるスタミナを持っているので、
上位に入ってくる可能性もあります。

・6番マイネルマーク

未勝利戦以降の松岡騎手騎乗。馬齢による衰えも感じる馬で、スタミナ面での衰えも感じる内容。
2,400mはいまの状態だと少しきついか?

・7番アドマイヤバラード

500kgを大きく上回る大型馬の休み明け2戦目。
昨年はオープン特別3着の実績もあり、叩き上げによる良化で変身できれば、上位の可能性も充分あります。
今回は和田竜二騎手への乗り替りとなっています。

・8番フェデラルホール

柴山騎手への乗り替り。準オープン昇級後は壁にぶつかっていますが、タイム自体は悪くないので、展開次第では上位もありえます。
前走+12kgを叩いての上積みにも期待です。

・11番タガノレイヨネ

今回唯一の昇級組。楽に逃げられれば開幕週だけに怖い馬ですが枠順が外枠だと、崩れる事も多くなる馬。
相手も強くなり、外枠を引いてしまった事を考えると、いきなりは厳しいか?鉄砲レースからの2走ボケをする事も多いのもネックに。

~予想買い目情報~

◎1番ヴォルシェーブ

今回は注目の乗り替り情報があり、福永騎手騎乗となります。
昨年は神戸新聞杯5着、菊花賞11着の実績があり、準オープンのここでは、実力上位。
過去2戦準オープンでは出遅れや、内側にモタれる不利がありながら上位に食い込む内容。
特に前走は逃げ切った勝ち馬に差はついたものの、後方から2着まで追い上げた内容は評価できます。
荒らさも残る中で崩れない安定感と、今回は福永騎手騎乗で相手も弱くなる印象を考えれば、信頼できる本命馬として期待したいです。
最内枠を取れた事も好印象で、大きな不利さえなければ勝てる内容。

○2番モビール

今回は浜中騎手へ乗り替り。昨年は夏以降オープン・重賞と挑戦して、前走は久しぶりの準オープンで3着に入っています。
前走は不利を回った不利もありましたが、今回は内枠に12頭立てで、前走よりかは不利を受けにくい環境。
更に前走は短期放牧を挟んだ2ヶ月ぶりのレースで、馬体重は+8kg。今回は上積みも期待できますし、更なる前進に期待です。
約4年ぶりの阪神となりますが、その4年前は距離が1,800mながら勝利を挙げている競馬場。
その後スタミナを付けて、現在では得意距離となった2,400mで4年越しの阪神競馬場連勝を狙います。

▲12番アドマイヤケルソ

前走に引き続き岩田騎手騎乗。前走は苦手な稍重の緩い馬場で力を出せなかった。
2走前は距離が長すぎたと敗因がはっきりしています。
3走前のアルゼンチン共和国杯では、51kgの斤量という有利もあり4着。
4走前は準オープン2,400mで3着と得意の距離であれば、結果も出しています。
開幕週の綺麗な良馬場と得意コースの条件が揃えば巻き返しのチャンス充分です。
木曜日の雨の影響が土曜日に完全に抜けているかもポイントになりそうです。

△5番リベルタス

今年注目のデムーロ騎手へ乗り替りとなります。
ここ最近毎週のように紹介しているデムーロ騎手の活躍ですが、最近は芝コースに限れば2015年の勝率が11.1%まで落ちてきましたが、それでも3着内率は46.3%と抜群の安定感を誇ります。
リベルタスは前走準オープンで人気を集めながら出遅れと、最後の直線で進路があかず、9着に沈みました。
不利も多く不完全燃焼のレース。距離が短かったのも痛かったです。
2走前は2,400mで2着に入っていて、今回は当然巻き返しの期待がかかります。
人気も上位に入る事が予想されている馬ですが、今回は3ヶ月半の休み明け。稽古量も少ない印象なのが少しネック。
更に中山競馬場と相性が悪く、ここまで[0.0.1.5]となっています。
力はある馬ですが、今回は悪い条件も多く、1戦叩いた次戦以降に期待したい印象です。

以上を踏まえて

御堂筋ステークス

馬単

1着軸 1番ヴォルシェーブ → 相手 2,5,7,8,12 合計5点流し 各2,000円

以上、ヴォルシェーブからの馬単5点流しのみで勝負です。
ヴォルシェーブは信頼できる1着軸として期待。
単勝オッズ2.5倍以上であれば、単勝1点買いでも良いです。
2着の相手探しは混戦予想となりますが、ヴォルシェーブの1強ムードを考えれば、相手は5点程度に絞っておきたい所です。

~予想買い目結果~
馬単1→2 25,800円 的中

競馬情報会社ランキング