オーシャンステークスでは、勝てる力を持っている馬が多く登場する中強気なワイド1点予想を紹介しています。

元騎手A氏が読み解くオーシャンステークス

  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道

混戦模様のオーシャンステークスでは、中山芝1,200mに適性があり、今回条件が揃っているスマートオリオンとハクサンムーンに絞った予想を紹介しています。

3月7日(土)中山11Rオーシャンステークス(G3)

3月7日(土)中山11R

オーシャンステークス(G3)

7日は先週の阪急杯に続く、高松宮記念ステップレース第2弾のオーシャンステークスが開催されます。
中山芝1,200mはスプリントレースの中でも特殊なコースで外回りコースの2角の終わりがスタート地点となり、外枠馬の方が混雑もなく、綺麗な馬場から3角にかけて真っ直ぐ進む事できて内枠よりも有利とされているコースです。
騎手情報や枠順、過去レースの戦歴を分析しながら予想を紹介していきます。

~レース特徴~

~予想印を付けなかった注目馬の一口情報~

・8番ワキノブレイブ

前走シルクロードSでは体調を崩し大敗でしたが、今回は追い切りで好タイムをマークして巻き返しのチャンスも充分。
松岡騎手への乗り替りにも注目です。

・10番バクシンテイオー

久しぶりに石橋騎手騎乗。重賞でも大崩れしていない安定感もあり、勝ち負けの勝負までは難しくても上位に食い込む可能性は充分あります。

・11番プリンセスメモリー

前走は強いメンバーが揃ったラピスラズリSで11番人気から見事な勝利。展開が良かった面もありますが、流れが向けば、強いメンバー相手でも勝てる事が証明されていて、ここでも軽視はできません。

・13番ベステゲシェンク

昇級初戦の前走シルクロードSでは0.2秒差の4着。第一線でも通用する力を持っている馬です。
有力馬に逃げ・先行が多い中前崩れの展開になればチャンス充分です。

~予想買い目情報~

◎14番スマートオリオン

圧倒的な実績がある注目馬が不在で大混戦となっているオーシャンステークスでは、昨年の優勝馬のスマートオリオンの連覇を期待します。
元々中山1,200mを非常に得意としていて、前走のラピスラズリSまでは同コースで6戦連続連対という実績がありました。
前走は最内枠から包まれてしまったのが敗因。今回は混雑もなく一気にいきやすい外枠を引けた事で、期待値上昇です。先年のオーシャンS以降は重賞で苦戦してきた戦歴もありますが、得意コースで、今回は相手も弱い印象がある事を考えれば、信頼のできる本命馬とみてよいでしょう。

○4番ハクサンムーン

一昨年は中山開催のスプリンターズSで2着の実績。昨年は新潟開催のスピリンターズSで1番人気に推された注目馬です。
その後同レースと前走の阪神カップでは2桁着順に沈んでいますが、コース替りと前走からの距離短縮、相手も過去2戦に比べれば逃げ・先行馬が揃っていない事を考えれば巻き返しのチャンスは充分にあります。
有力な先行馬が外枠に固まった事で、内枠からストレスなくハナを取れる可能性も高く枠順もポジティブに捉えられます。休み明け2戦目で好走する事も多く、今回は長くコンビを組んでいた酒井騎手に戻ります。
かつて第一線で活躍したスピリンターが、この舞台で再び輝ける可能性は高く、条件的にも良い舞台だと評価できます。

▲12番サクラゴスペル

一昨年のオーシャンステークスの優勝馬。その時もラピスラズリSからのローテーションで、今回も前走クビ差の2着からしっかり休んでのオーシャンズカップ参戦と、勝った一昨年と状況が似ている点にも注目。
大きなネックは7歳馬になった衰えですが、前走の内容を見ればまだまだ第一線で戦える力を持っています。
前走は斤量58kgと重かったですが、今回は56kgと負担も軽く、中山1,200mはG1のスプリンターズSを除けば3戦全て連対という安定感にも注目。相手も強い印象はなく枠順も好枠を取れた事で順当に行けば勝ち負けの勝負ができるでしょう。
今回は戸崎騎手への乗り替りとなっています。

△3番リトルゲルタ

年末の香港遠征では大敗しましたが、その前は国内スプリント重賞で連勝した実績を持つ注目馬。
当然ここでも実力上位ですが、休み明け成績は[0.0.0.2]と崩れている戦歴もあります。
昨年の成長性や追い切りの動きを考えれば、克服できる要素もありますが、前走の内容もあり割引をして見ておきたい所。
重賞を連勝した時の丸田騎手とのコンビ復活は好印象で、当日のパドックの様子さえ良ければもっと見直しも検討したい馬です。

注7番ショウナンアチーヴ

最近の戦歴はマイル中心ですが、中山1,200mは未勝利戦で勝った実績もあり、それ以来の挑戦。
マイルで結果を出せていない中、距離短縮で変身の可能性もあります。
主力ジョッキーの多くは京都に行っている中で蛯名騎手の乗り替りも評価できる内容。一発の要素はあります。

以上を踏まえて

オーシャンステークス

ワイド

4-14  10,000円

今回は予想印を付けなかった馬も実力がある馬が揃った混戦の難しいレース。
馬連などで手広く買っていきたい面もありますが、注目馬を中心に手広く買うのもオッズ的な難しさがあります。
こうした背景もあり、ワイドで購入点数を絞って勝負するのが効率的。中でも中山芝1,200mに高い適性があるスマートオリオンとハクサンムーンの2頭をピックアップした1点買いで強気に勝負をかけます。

競馬情報会社ランキング