ポラリスステークスでは混戦ムードもある中、最も期待できる1頭に絞った単勝1点買いです。

元騎手A氏が読み解くポラリスステークス

  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め

ポラリスステークスでは、過去2年の同レースで結果を出していて、今回は今話題のM・デムーロ騎手騎乗で期待値上昇のエアウルフが本命軸です。

3月8日(日)阪神10Rポラリスステークス

3月8日(日)阪神10R

ポラリスステークス

~レース特徴~

8日は主力騎手の多くが、皐月賞が開催される中山に行くなか、ダートを得意としているジョッキーは阪神に残っています。
阪神10RのポラリスSはダートオープンの1,400mで軸もしっかりしている狙い目のレースとなっています。
阪神ダート1,400mはスタート後に3角までの長い直線がある為、枠順の内外の優劣は少なく、データを見ると混雑に巻き込まれにくい8枠からの好走が多いデータも出ています。

~予想印を付けなかった注目馬の一口情報~

・1番シンボリエンパイア

前走ファイナルステークス3着の実績。オープン昇級後ダートで見れば5着、3着ときているので実力は上位。ここでも上位候補となります。今回の騎手のメンツを見れば四位騎手騎乗も好印象です。

・4番ポアゾンブラック

3戦前はオープン特別勝利。その後中央交流のG12着という実績があります。前走根岸Sでは大敗しましたが、オープン特別に替わるここでは実力上位。前走根岸Sではスタートに失敗しましたが、スムーズに逃げれる得意の展開を作れればチャンスありです。スタートに課題もあるだけに、外枠の方が良かった印象。

・10番オースミイージー

前走は和田竜二騎手への乗り替りで準オープンを勝利。1,000万条件では1,400mでも勝利を挙げています。
それぞれ人気が薄い中での勝利だけに、底は見せている7歳馬といえども、展開さえ向いてしまえば侮れない存在です。

・11番ブライトライン

かつてはフェブラリーSやJCダートのビッグレースでも掲示板に入っていた実力馬。
昨年のドバイ遠征から体調を崩して思うような結果が出ていませんが、前走+8kgを叩いた上積みや、追い切りで高タイムを出すなど復調の兆しは見せています。それでもトップハンデや前々走の7着に沈んだ時のコンビの丸山騎手へ戻るのは悪い印象。
当日のパドックの状態次第では見直しも必要ですが、最近のオープンでも決めてを欠くレースをみていると割引しておきたい印象です。

~予想買い目情報~

◎3番エアウルフ

ポラリスSでは一昨年は1着、昨年は2着という実績があります。
コースとの相性は抜群でここでは実力上位。今年で8歳になった馬ですが前走大和Sではハナ、アタマ差の同タイムでの3着。
衰えもまだまだ問題なさそうです。
今回は注目のM/デムーロ騎手騎乗。今年の前半大躍進したCデムーロ騎手の兄で、ルメール騎手とともに、JRAの免許を取った事でも注目を集めています。JRA騎手としてはデビューとなった先週はいきなり3勝をあげる活躍。弟とともに今年は兄弟での更なる躍進に期待がかかっています。
今回は本命馬に騎乗する事もあり期待値は上昇。相手を考えても信頼できる1着軸として見れる内容でしょう。

○2番ウォータールルド

8ヶ月半の休み明けですが、休む前はオープン特別で2連続で2着の実績があります。中間の気配も良好で稽古量も充分な内容。
阪神ダート1,400mは最も得意としている舞台でもあります。休み明け成績も[1.0.2.2]とまずまずの内容で馬体重をある程度増やしてきても鉄砲レースができるタイプ。久しぶりの酒井騎手騎乗になりますが、かつて安定した結果を出し続けていたコンビ。
本来の力さえ出せれば勝ち負けの勝負が期待できます。

▲8番ニシケンモノノフ

前走は同コースで開催されたファイナルSで2着と善戦。4歳馬という事もあり、今回のメンバーであれば成長性にも期待ができる馬です。地方馬となりますが、中央競馬でもオープン特別で善戦している結果も多く昨年のユニコーンSでは5着に入った実績もあります。
今回のメンバーの中では実力上位。
騎乗する中谷騎手は今年はまだ中央競馬での勝利はありませんが、3着以内率で見れば高い結果を残している信頼のおけるベテランジョッキーです。

△16番キズマ

前走大和Sでは2桁着順に沈みましたが、積極的に逃げた結果。折り合いが付いて楽逃げの体制が取れれば、一発も充分に期待できる馬です。
注目馬が内枠に固まった事で8枠の有利がより活きてくる可能性があります。昨年のNST賞では同じ55kgの斤量で0.1秒差の3着に入った実績もあり、幸騎手への乗り替りも好印象です。
逃げ馬が外枠に固まった印象ですが、その中でも衰えの心配も少なく、一番混雑を受けにくい大外枠となった事で、レースをかき回す存在になってくれる事を期待です。

以上を踏まえて

ポラリスステークス

単勝

3番エアウルフ  10,000円

以上単勝1点買いです。混戦ムードも強い中、2着候補を絞り込むのも難しく、人気馬中心に流すのも効率が悪い印象。
ブライトラインやウォータールルドなど、不安要素を抱える他の馬にもある程度人気が分散される事を考えるとある程度のオッズが付く事も予想されます。単勝3倍以上のオッズが付けば、単勝一本で勝負する勝ちが充分ある馬です。
M・デムーロ騎手の手腕を考えても、ここは危なげなく捌ききって欲しいところ。
万が一、オッズが3倍を明確に下回る水準であれば、馬単軸で考えるかレースの見送り自体を考えても良い内容です。

競馬情報会社ランキング