阪神スプリングジャンプは注目馬で上位を埋めるレースを予想。上位は混戦なので3連複がオススメです。

元騎手A氏が読み解く阪神スプリングジャンプ

  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法

阪神スプリングジャンプではアップトクデイトとサンレイディークを軸とした3連複予想を紹介しています。バッサリきりやすい馬が多く、3連複を狙いやすいレースとなっています。

3月14日(土)阪神8R阪神スプリングジャンプ(J・G2)

3月14日(土)阪神8R

阪神スプリングジャンプ(J・G2)

土曜日は阪神8Rで障害重賞の阪神スプリングJが開催されます。
障害で成長著しい馬が多く集まる今回は過去のレース内容から予想のしやすい、見所満載のレースとなっています。
阪神障害コースは他の競馬場に比べても比較的起伏が少なく平坦なコースと言われています。

~レース特徴~

~予想印を付けなかった注目馬の一口情報~

・3番サンライズロイヤル

オープン特別でここ5戦連続で3着以内。過去3戦連続連対中と抜群の安定感を見せています。
初めての重賞でどれだけ通用するかが焦点ですが、放牧を挟んでリフレッシュした事もあり、軽視できない存在です。

・4番マサライト

今年で11歳になる馬ですが、前走はハナ差の2着と衰えを感じない馬です。
前走ハナ差の接戦を見せたのがその後中山大障害を勝ったレッドキングダムなので、実力上位とも見れます。
ただ前走はスローペースの中で展開が楽だった面もあり、今回は若干の割引が必要。
それでも過去2年掲示板を外していない安定性は評価できる馬で、今回も上位候補の1角です。

・8番ソンブレロ

前々走はレコード決着となったレースで半馬身差の2着。後続には大差を付けた事で注目馬となった馬。
前走は2着のダノンゴールドの7馬身差を付けられる案外の内容でしたが、休み明けを叩いた上積みで巻き返しに期待です。

・9番ダノンゴールド

昨年ダート転向してブレークした馬。転向初戦こそ、惨敗しましたが、その後3連勝をし過去2戦もオープン特別で3着、2着なので
安定しています。3連勝が新潟開催だった事を考えれば、平坦な阪神へのコース替りはポジティブに捉えられます。
五十嵐騎手は今年に入って既に障害での連対3回と好調でもあり、重賞初挑戦でも、通用する可能性は充分あります。

~予想買い目情報~

◎11番アップトゥデイト

障害転向後、4戦連続連対の安定感の中で重賞初挑戦となる馬です。
距離延長がネックとなりますが、障害としては若い5歳馬。
成長性も期待でき、前回よりも斤量が1kg軽い60kgとなるのもプラス材料。
大崩する事は考えづらく、重賞初挑戦でもそこまで強い相手がいない今回は信頼のできる本命馬として期待できます。

○12番サンレイデューク

前々走は休み明けの中でJ・G2の東京ハイジャンプを13番人気の中から快勝。
前走のJ・G1の中山大障害でも3着に入り、実力が本物だという事を証明しました。
土曜は朝に雨が降る予報もあり、馬場が渋めになれば更に期待値上昇します。
本来はもう少し距離が短い方が適性がありますが、今の充実度であれば、前走4,100mで好走した実績もあり、問題はなさそうです。
昨年大きく成長して重賞でも実績をのこしているサンレイデュークは末脚が活きる展開になれば、ここでも勝ち負けの勝負が期待できます。

▲2番タマモプラネット

障害転向後②①①と来て、重賞への切符を掴んだ売り出し中の5歳馬です。
スピードが高い馬で未勝利戦は6馬身差。
前走のオープン特別は大差と強い内容の競馬で連勝してきてる点にも注目。逃げて、最後も引き離せる末脚があれば、他の馬はお手上げという圧勝劇ができる馬です。
距離延長が最大のネックとなりますが、過去2戦の余力を見ても充分にこなせると期待できます。
同じ逃げ馬として最大のライバルアップトゥデイトやダノンゴールドが外枠を引いた事で、楽にハナを取れる可能性もあり、このメンバー相手でも楽勝してしまう可能性すらあります。
小坂騎手はここまでの障害レース累計でも勝率10.7%、連対率22.3%、3着内率31.3%と実績のある障害ジョッキー。
初めてのタスキコースも上手く折り合いを付けてくれる事を期待します。

△1番メイショウヨウドウ

昨秋から体調を崩し、東京HJでは鼻出血(2回目)にて出走取り消し。
前走の中山大障害も本調子ではなく、中山の起伏が激しいコースはあまり得意ではないです。
今回は中間の気配が良く、平坦な阪神へのコース替りも歓迎。
調子を戻してくるようであれば、実力上位です。
西谷騎手も障害を得意としている騎手で累計成績は勝率14.2%、連対率26.0%、3着内率34.5%と安定しています。
逃げ馬が多く先行争いが激しくなる展開も予想される中、自在性を活かして脚を溜めれる競馬ができれば、勝機も出てきます。

以上を踏まえて

阪神スプリングジャンプ

3連複

2-11-12  3,000円
1-11-12  2,000円
1-2-12   1,000円
3-11-12  1,000円
4-11-12  1,000円
8-11-12  1,000円
10-11-12  1,000円

以上3連複7点買い。

実力馬が限られて、上位馬の中で混戦となっている阪神スプリングJは3連複を狙うのが効率的。
アップトゥデイトとサンレイデュークを軸に、単純な流し買いではなく、資金配分の調整と、一部本命を外した組み合わせ
も抑えた7点買いとなっています。

競馬情報会社ランキング