産経大阪杯の予想は、馬券に絡める馬を3頭に絞った内容となっています。

元騎手A氏が予想する、産経大阪杯の買い目と、元騎手目線の分析情報

  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析

元騎手A氏の予想では、今年に入って絶好調のロゴタイプを本命推し。キズナは実力を認めつつも、不安要素やオッズの課題評価を懸念しての対抗印を付けています。

4月5日(日)阪神11R産経大阪杯(G2)

4月5日(日)阪神11R

産経大阪杯(G2)

阪神メイン競走では、1着馬に天皇賞・春の優先出走権も与えられる産経大阪杯が開催されます。
今週は当サイトの元調教助手Y氏が追い切りコラムで注目馬の追い切り情報や評価、一口情報を紹介しています。
サイト内検索で「産経大阪杯」と検索して閲覧して頂ければと思います。
G2のトライアルレースながら、キズナやスピルバーグ、ロゴタイプや、牝馬指定のG1を昨秋に制したショウナンパンドラ、ラキシスなどG1馬が名を連ねた豪華な顔ぶれ。
更に今年の飛躍が期待できる重賞で結果を残してここに来た、売り出し中の注目馬も多数参戦して見所満載のレースとなっています。
コースは阪神芝内回り2,000mで、コースデータとしてはAコースでは逃げ有利。Bコースでは差し有利と面白い内容のコース。
今回は差しば有利のBコースが使用されます。
枠は、外枠が本来は不利な要素もある外回りコースですが、スタート直後の登り坂という事もあり、発馬さえよければ、外枠からの好走も多く、枠準の優劣はほとんどありません。

~レース特徴~

~予想印を付けなかった注目馬の一口情報~

・3番ラキシス

昨秋のエリザベス女王杯の勝ち馬。有馬記念では距離が長かった印象もある中で6着は決して悪い結果ではありません。
それでも相手が強い牡馬だと実力が若干劣る印象もあり、今回も相手を考えれば控えめに考えておきたい馬です。
ルメール騎手への乗り替りに注目。

・4番エアソミュール

阪神芝2,000mのタイムはメンバー最速。追い切りコラムでも紹介の通り、追い切りの動きがよかった馬。
G1勝利がなく実績では劣っていても、実力ではこのメンバーでも互角以上のレースは可能。
オッズ次第では押さえておきたい馬です。

・6番カレンブラックヒル

前走小倉大賞典勝利と成長性を感じる馬。前走は好枠やスローペースを活かした勝利。今回のメンバーを
考えると、前走ほど楽な競馬はできません。
相手が強くなる中でどれだけの競馬ができるかに注目です。

・14番タガノグランパ

中間の気配が良いと評判の馬。ここの所不振が続いていますが、今回は穴馬の要素が強まっています。

~予想買い目情報~

◎9番ロゴタイプ

今年の躍進が期待されている、急成長中の注目馬。
前走はイスラボニータとヌーヴォレコルトとマッチアップとなった中山記念でクビ差の2着。ヌーヴォレコルトが最内を回ってロスがなかった展開を考えれば勝っていてもおかしくない内容。
中山金杯での好走がマグレではなかった事を証明しています。今回はコース変わりで阪神を含めて関西初遠征。
これまでの北海道やドバイ遠征とは違い、直前まで美浦で調教をしてレース直前に輸送という課題はありますが、今年になって精神面でも成長した印象がある馬。上手にこなしてくれると期待したいです。一応当日のパドックの様子だけは注意です。
コース変わりも直線の短い内回りコースは歓迎。今回もキズナを始め、差し・追い込みの大物が多いためスローペースも予想されます。
前走のように前の残りの展開になれば、充分に勝ち負けの勝負ができる力を持っている馬。
今の充実度であれば、皐月賞以来重賞制覇がないのも不思議な馬です。これだけのメンバーを相手に勝利を挙げて春競馬では主役になってもらいたい1頭です。
今回はCデムーロ騎手から福永騎手へ乗り替り。年初神がかっていたCデムーロ騎手とのコンビ解消は残念ですが、馬自体も成長していて、トップジョッキーの福永騎手騎乗で期待値は決して下がりません。

○7番キズナ

前走は骨折明け9ヶ月半明けのレースで+22kg。それでも前の残りのレースでハナ、クビ差の3着は着順以上に高く評価できます。
同レースの昨年王者でもあり、元々2,000mは得意としてた距離。今回も前走に引き続き中間の気配も良好で1戦叩いた上積みも期待できます。
最大のライバルと言われていたイスラボニータ回避により、これだけの豪華なメンバーの中でも1強ムードがあります。
差しが決まりやすいBコースという事もあり条件も整っていますし、実力・実績も一番の馬です。今回のレースでも、一番勝てる可能性が高い馬だと評価できます。それでも本命馬にしなかった理由は馬体重があまり減っていないという点。
478kgの馬体でダービーを勝ったのが2年前の話なのであまり参考にはできませんが、馬体が500kgを超えた事で前走のレースを見ても切れ味が若干落ちた印象もあります。直線が短い内回りコースで前走のように前の残りになると届かない可能性もあります。
休み明け2走目成績が[0.0.0.2]となっているのは、凱旋門賞と昨年の天皇賞・春の4着2回ですので、そこまで気にする内容ではないですが、全盛期と今の状態を比べると、今の方が劣っている印象。
圧倒的1番になった事を過程すれば、それだけの人気の中で、素直に1着軸にしづらいという理由での対抗印。
実際にキズナ相手でも展開次第で勝てるだけの力を持った馬が多くいる事を考えれば、過度な期待は厳禁です。
パドックの状態も良くて単勝オッズ3倍以上つくなら見直しも必要です。
データで見れば同レース1番人気は過去10年で[5.2.2.1」と好成績を残していて、3着内率90%。大崩れは考えにくい内容となっています。

▲10番ショウナンパンドラ

昨年のエリザベス女王杯以来の4ヶ月半の休み明けですが、ポン駆けするタイプの馬。その時は京都コースではありましたが、2,000mの持ち時計はメンバー最速。キズナと同じディープ産駒という事もあり、阪神の馬場にも適性は充分です。
最も得意としている距離で昨年秋以降の成長が著しかった馬。その中でメンバー最軽量の55kgの斤量を背負えるのはポジティブポイントです。同世代のヌーヴォレコルトが中山記念を制して、古馬の牡馬相手に通用している事を考えれば、ショウナンパンドラもこの舞台で充分に期待できる素質馬。週末天気が悪い予報ですが、悪い馬場状態でも好走実績がある点も評価でき、単穴候補として強く推したい1頭です。

△12番スピルバーグ

天皇賞・秋を勝っているので、ここでも当然上位候補。ジャパンカップでも3着に入り実力は本物。休み明け成績が良好な点にも期待できます。
良馬場以外のレースとなれば3年ぶりとなり、若干不安はありますが今の充実度ならこなしてくれると期待もできます。
ただ、東京からのコース替りは若干不安。左回りを得意としている傾向が強いだけに若干の割引材料となります。
血統からから考えてもピークは5歳時で徐々に衰えが出てくる可能性も高い馬。
調教で走らない馬ですので、状態は読みにくいですが休み明けのレースで、疑問を感じる部分もあります。
従来通りの力を出せるかがポイント。

以上を踏まえて

産経大阪杯

馬連・3連複

BOX 「7,9,10」  合計3通り 各3,000円
3連複 7-9-10  1,000円

以上ロゴタイプ、キズナ、ショウナンパンドラに絞った重点買いで勝負です。
G1馬が多く集結して、全体の半数程の馬に人気が集中する事を考えれば、ある程度は購入点数を絞る事も必要。
天候も悪い週末で波乱の要素もあるので、キズナの単独軸にはせず、期待できる上位3頭で勝負をします。  

競馬情報会社ランキング