オークス・優駿牝馬の予想は、単勝、馬連各1点に絞った強気な重点勝負になっています。

元騎手A氏が予想する、優駿牝馬・オークスの買い目と、元騎手目線の分析情報

  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣

オークスの予想は、凱旋門賞登録をしたルージュバックにも期待しつつ、前走でも崩れなかったクイーンズリングに期待をします。その他ココロノアイ、アンドリエッテに注目です。

5月24日(日)東京11R優駿牝馬・オークス(G1)

5月24日(日)東京11R

優駿牝馬・オークス(G1)

豊作世代と言われる今年の牝馬のクラシック世代。その第一線の桜花賞では、歴史的なスローペースでレッツゴードンキが見事な勝利を挙げましたが、
力を出しきれなかった馬も多く残念なレースでもありました。
3歳最強牝馬を決めるレースとも言えるオークスでは、ほとんどの馬が未知の距離。
3歳牝馬では距離適性よりも素質が重要と言われるレースや東京競馬場へのコース替りで、各馬の力と力のぶつかり合いのガチンコレースが期待できます。
歴代牝馬の中でも最高水準の素質を持っていると言われているルージュバックは桜花賞ではまさかの9着でしたが、評価が落ちる事はなさそうです。
今年の凱旋門賞にも登録をしていて、日本を代表する競走馬として凱旋門賞に挑戦するステップレースにできるかが注目です。

~レース特徴~

~予想印を付けなかった注目馬の一口情報~

・1番レッツゴードンキ

最内枠を引けたのは最高の枠順。桜花賞を歴史的な圧勝で勝ち、唯一三冠への道が残されている牝馬です。
前走は道中の岩田騎手の捌き方が素晴らしかっただけで、ハナを取ったのは馬がいきすぎてしまった面もあります。
こうした気性を見ると距離が伸びるのは割引材料。強い馬で実力が本物なのは認めますが、
これだけのメンバーが揃ったクラシックですんなり2冠を取れる器があるか?と問われると考えにくいのが正直な印象。

・7番キャットコイン

前走は馬体重-12kgと減らして万全の状態ではありませんでした。まだそこも見せていない馬。
本来の力さえ出せれば上位争いです。

・10番ミッキークイン

桜花賞には出走できませんでしたが、忘れな草賞で快勝。このローテーションで変わらず浜中騎手が騎乗してくれるのも
好印象です。課題のゲートも練習の成果が現れています。桜花賞抽選漏れからオークスを勝っても不思議ではない素質を持っています。

・17番クルミナル

桜花賞では、抜群の末脚で直線ごぼう抜き。展開次第では勝てた可能性もあったレースでした。
スタートは苦手ですが、2,400mあれば充分補えます。外枠からの競馬の方がこの馬には良いでしょう。
前々走のチューリップ賞で馬体を減らして凡走しています。初の関東輸送をクリアできれば今回も上位候補です。

~予想買い目情報~

◎6番クイーンズリング

前々走フィリーズレビューの重賞フィードバックで絶賛させて頂いていて、賢戦練馬の他の専門家の方からも評価が高い馬です。
前走の桜花賞では初めて土が付いてしまいましたが、外枠であまりよくないスタートで超スローペースであればお手上げのレースでした。
傷んだ馬場は切れ味を欠く要因にもなっている中で、当時無敗馬3強で注目を集めたルージュバックやキャットコインにも先着しての4着は高く評価できます。
課題になっている馬体重も調教後馬体重では450kgで前走から+8kg増やしてきています。
中山で2勝した実績もあり輸送は苦にしない馬。初めての東京コースは走り方を見る限り高い適性を感じられます。
前走でルージュバックとの力比べを見れなかったのは残念ですが、素質で見ても互角の勝負はできるハズです。
前走に引き続きM・デムーロ騎手騎乗。3枠6番で好枠も引けました。戦歴を見る限り、今の所どんな距離でも素質でこなしてきていて大きな不安はありません。
条件が整った今回は強気に本命で推していきます。

○14番ルージュバック

前走の大敗は予想外のスローペースや、切れ味を欠く傷んだ馬場状態などもありました。
4角で位置を下げる不利もあるなど、敗因はたくさん挙げられますが、それでも前評判を考えると、もっと伸びてほしかった所。
今回も2倍を切るようなオッズが付けば買いづらい面はありますが、それでも素質が高いのは断言できる事です。
追い切りの動きを見てもタイム以上に躍動感が高く大物の風格を感じられます。
2戦目の500万条件では、東京芝2,000mでレコード勝ちの実績もある得意コース。
脚質を考えてもコース内側が若干傷んできていて、外側は比較的綺麗な今の馬場状態は向いています。
冒頭で紹介している通り、凱旋門賞への登録も済ませている日本を代表する名馬の1頭です。
今後歴史に残るような実績を作るためにも、クラッシックのビッグレースのオークスは落とすわけにはいかないレース。
素質馬ぞろいの今回のメンバーの中でも、強い競馬を見せてくれる事を期待します。

▲4番ココロノアイ

前走桜花賞では2番人気をつけましたが、結果はまさかの2桁着順。最後まで何一つ良い所を見せられませんでした。
しかし僅か1戦で評価を落とすのも勿体無い馬です。元々、素質という面で2歳時から注目度は高くなかった馬ですが、阪神JFで3着、チューリップ賞ではアンドリエッテ、レッツゴードンキ、ロカなどにも先着しての勝利。
実力は本物で、力を出し切れれば互角の勝負ができる素質を持っています。
今回巻き返しを期待したい理由が中間の気配です。オークスの調教・追い切り情報は元調教助手Y氏のコラムでも紹介しています。
サイト内検索で「オークス」と検索、もしくは元調教助手Y氏のページよりご確認ください。
今回の仕上がりは、ここまでのキャリアで一番の出来。血統的にも長距離に対応できる血統で、2歳時から第一線で実績を残してきた馬。
クラシックを取れるだけの力を持っている馬です。

△13番アンドリエッテ

桜花賞では、シンガリ付近からの競馬。それであの展開であれば、勝つのは難しいレース。それでもクリミナルと並んで上3Fは33秒4でメンバー催促タイム。
シンガリから6着まで追い上げられれば上出来だと評価できます。
今回は東京2,400mへのコース替り。目立った逃げ馬はいませんが、桜花賞の教訓もあり、スローペースにはさせないでしょう。
ここまでのレースは馬体の増減が激しく、調整に苦労してきた馬です。それでも今回稽古の動きは非常に良く、期待できる仕上がりです。
馬体の艶も中間の気配では抜群だったので、パドックでも維持させてこれれば上位争いも可能です。

以上を踏まえて

オークス/優駿牝馬

単勝・馬連

単勝
6番クイーンズリング  5,000円
馬連
6-14   5,000円

以上、単勝、馬連各1点買いです。
本来はルージュバックを軸に考えても良いレース。しかし過去の戦歴分析も含めてクイーンズリングに期待をします。
実力馬揃いの今回のメンバーでも敵はルージュバックだけと想定。2着以内に入ってくれる事を期待した買い方です。

競馬情報会社ランキング