京都ハイジャンプでは、ガチガチのレースではなく中波乱のレースを予想しています。

元騎手A氏が予想する、京都ハイジャンプの買い目と、元騎手目線の分析情報

  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法

京都ハイジャンプでは、前走中山GJ2着のソンブレロの1強ムードが強まっていますが、あえてソンブレロを外して、アポロマーベリックとアラタマユニバースに期待した買い目になっています。

5月30日(土)京都8R京都ハイジャンプ(G2)

5月30日京都8R

京都ハイジャンプ(J・G2)

5月31日土曜日の重賞競走は京都8Rの障害戦のみになります。
J・G2ながら、メンバーは実績馬がほとんどいなく、前走3着以内に好走しているのは、J・G1の中山GJ2着のソンブレロのみ。
そのソンブレロが1強ムードを強めていています。
京都大障害コースは右回りのみの順まわりコース。中山などの大障害レースとは少し違った適性が必要になります。

~レース特徴~

~予想印を付けなかった注目馬の一口情報~

・5番ファイアー

障害騎手として才能が開花しつつある森一馬騎手が騎乗。前走中山GJでは競走中止になりましたが、今回のメンバーであれば実力を出し切れれば巻き返しのチャンスもあります。
京都はオープンの牛若丸JSで2着に入った相性の良いコース。伏兵候補として期待できる馬です。

・7番アルトゥバン

初めての重賞挑戦ですが、ダートに転向後、5戦連続4着以内。相手は強くなりますが、実力は高くこのメンバーであれば、通用する可能性が充分あります。

・8番マサライト

11歳の馬ですが昨年末のイルミネーションJSでは2着に入り、未だに大きな衰えを感じられない馬。
休み明け2走目成績が[2.1.2.5]と好走する事が多いのもポイントです。
イルミネーションJSでレッドキングダムとハナ差の接戦を演じた時の走りができれば、勝てるチャンスもあります。

・10番シゲルジュウヤク

かつては重賞2勝、G13着の実績馬。1年8ヶ月の休養を挟んで今回は休み明け2走目。
前走は500万条件で2桁着順に沈みましたが、どれだけ衰えがあるかは未だ未知数。
まだ7歳馬の馬で1戦使って中間の気配も良くなってきています。
一発の要素を持っている馬です。

~予想買い目情報~

◎11番アポロマーベリック

ここ2戦はそれぞれ5着と期待外れのレースをしています。
過去2戦は折り合いが悪かったのも敗因で、強いメンバー相手に思うような競馬ができなかった点もあります。
相手が落ちるここでは、もっと楽に折り合いが付く可能性が高いです。
ソンブレロに人気が集中すれば、前走のようにプレッシャーがきつくなる事もなさそう。
G1を2勝している実績はここでは大きなアドバンテージです。
京都へのコース替りは、関西への初遠征や順周りコースへの対応など課題もありますが、今は環境を変える事も必要な馬。
別定条件でただ1頭62kgの斤量を背負う事になりますが、それでも普段背負ってる63kgよりも軽くなります。
馬齢による衰えはまだまだ気にする時期ではなく、過去2戦は展開の不利もありました。
実力だけで評価すれば、間違いなくソンブレロよりも上。ここの舞台ではアポロマーベリックの復活レースに期待です。

○2番ソンブレロ

今回はほとんどの馬が不安材料を抱えている中、ソンブレロは絶好調をキープ。
前走中山GJはアップトゥデイトとは大差で離されたものの、長くいい脚を使っいました。
スタミナもあり、自在性も高いのはおおきな魅力。昨年からの成長も著しいです。
鞍上の高田騎手も今年の入って障害戦を既に4勝。勝率22.2%と絶好調です。これで前走よりも3kg軽い60kgの斤量であれば1強ムードと言われるのも納得できる内容です。
順当に行けば勝ち負けの勝負ができるでしょう。

▲14番ルールプロスパー

昨年の京都ハイジャンプは6番人気から7馬身差の圧勝をしました。
休み明けの前走は全く走らず最下位の17着でしたが、過去には休み明け2戦目で変身したレースもあった馬で、元々休み明けは[0.0.0.8]と走らない馬。
1戦叩いたここでは、侮れない存在です。
今回は2戦ぶりに昨年のレースを勝った時のコンビの白浜騎手にも戻ります。
そこまで早いペースにならない事も予想されていて、楽逃げできる態勢が整えば、得意コースで2連覇の可能性も充分あるでしょう。

△13番アラタマユニバース

昨年の小倉サマージャンプでは重賞2着の実績。過去10戦では全て6着以内で勝ち馬からの着差がつく事はあっても大崩れしていないのが魅力です。
メンバーが落ちるここでは、手堅く上位争いをしてくる可能性が充分あります。
前走は休み明けで馬体重は+6kg。もともと休み明け2走目で走るタイプで、[0.2.0.0」という成績にも注目です。
中村騎手は、今年にはいって若干不振に陥ってますが、11年のキャリアで累計成績は障害戦で3着以内率33.1&。
ここでは上位候補として期待したいですし、人気が出ないようであれば、狙い目になりそうです。

以上を踏まえて

京都ハイジャンプ

ワイド・単勝

単勝
11番アポロマーベリック  5,000円
ワイド
11-13  5,000円

以上、単勝、ワイド各1点勝負です。ソンブレロは実力を認めつつも1強の人気に応えられる信頼感はないと判断。
実績のあるアポロマーベリックの単勝と、上位争いを期待できる穴馬候補アラタマユニバースのワイドで各1点勝負です。

競馬情報会社ランキング