エプソムカップではエイシンヒカリとサトノアラジンに注目です。

元騎手A氏が予想する、エプソムカップの買い目と、元騎手目線の分析情報

  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め

エプソムカップでは、注目の4歳馬サトノアラジンとエイシンヒカリが頭ひとつ飛びぬけた実力だと評価しています。1番人気の組み合わせを理解しつつ、ガチガチ馬券を1点買いで狙います。

6月14日(日)東京11Rエプソムカップ(G3)

6月14日(日)東京11R

エプソムカップ(G3)

14日の東京メイン競走では芝1,800mで行われるG3競走エプソムCが開催されます。
同レースの注目馬の調教・追い切り情報を当サイト元調教助手Y氏がコラムで紹介しています。
サイト内検索で「エプソムカップ」と入力するか、元調教助手Y氏のピックアップをご確認ください。
過去10年のレースを振り返ると4歳馬が6勝していて、今年も勢いのある4歳馬2頭に注目が集まっています。

~レース特徴~

~予想印を付けなかった注目馬の一口情報~

・1番ノーステア

ダイヤモンドステークス4着の実績などステイヤーの適性が高いですが、準オープンで2,000mで2着に入るなど、距離が短いと全くこなせないという訳ではありません。
最内枠の有利をいかせれば波乱を起こせる要素を持っています。

・4番ヒラボクディープ

一昨年の青葉賞馬。その後苦戦が続いていますが、前走では柴山騎手への乗り替りもあって、3着と復活の兆しが見えるレースをしてくれました。
素質自体は非常に高い馬。完全復活まではもう少し時間がかかりそうですが、力を出し切れば上位に食い込める力は充分持っています。

・7番ペルーサ

こちらは5年前の青葉賞馬。
もう8歳になった馬ですが、極端な衰えは見られません。
休み明けですが今の馬齢を見れば、一度リフレッシュした方が好走できる見込みは強いです。中間の気配も良く復調してくれば怖い存在になります。

・9番フェスティヴタロー

前走のモンゴル大統領賞では2着に食い込み入り、サトノアラジンとの馬連で万馬券を演出しました。
前走の実績を考えると波乱の要素がある馬ですが、重賞はこれまで3回挑戦して全て2桁着順。相手が揃うと力を出しきれない面もあるのは割引したい要素です。

・12番ディサイファ

前評判が非常に高かった馬ですが休み明けなのと、外枠を引いてしまった事で若干の割引きが必要そうです。
休み明け2戦目成績は[0.0.0.2]ですが4着2回なので、いきなり走ってもおかしくない馬です。
これまで何度もコンビを組んだ四位騎手が騎乗してくれるのあポジティブに捉えられます。
前走中日新聞杯勝利の実績もありますが、重賞連勝できるだけの能力があるか?と問われれば疑問要素も残ります。
安定感と決めてに欠ける面もあるので、今回は控えめに見ておきたいです。

・13番フルアクセル

前々走で準オープンを勝利。今回は約4年ぶりの重賞挑戦になります。
休み明け2戦目成績は[1.2.0.1]です。今回は休みが長く馬齢もあるので、不安要素は強いですが、1戦使って変わってくる可能性はあります。

~予想買い目情報~

◎6番エイシンヒカリ

デビューが遅くクラシックには進めませんでしたが、破竹のデビュー後5連勝を含む7戦6勝と驚異的な戦歴を残しています。
唯一の重賞では9着に沈みましたが、逃げの脚質と行きたがる性格面で崩れる時は大敗してもしょうがない事。
前走の都大路Sでも、それなりに揃ったメンバーの中で快勝していて、折り合いさえ問題なければ、これまで他の馬が手の打ち用がないくらい圧倒的な競馬をしてきました。
この馬が一躍有名になったのは3走前のアイルランドT。大逃げから直線で走るのをやめて、コース外側へ徐行を開始。
ラスト1Fで再度ギアが入ると後続を引き離し結果的には3馬身半の圧勝という驚異的なレースを見せてくれました。
気難しい面もありましたが、前走では武豊騎手に乗り替りで上手に馬をコントロールできていました。
今回も武豊騎手騎乗で信頼間は高いです。ここまで重賞制覇していないのが不思議なくらいの素質の持ち主。枠順も問題なく信頼できる軸馬として期待できます。

○2番サトノアラジン

昨年の菊花賞以来の重賞挑戦。過去2走では準オープン、オープンと連勝をしていて、勢いがある馬です。
2走前からコンビを組んだルメール騎手との相性も抜群で今回も鞍上は強く信頼できます。
発馬直後に2角がある東京芝1,800mで2番枠を引けたのは大きなプラス。元々は先行馬だった事もありスタートもそれなりにこなせる馬ですし、スムーズに好位を取れる可能性が大きいです。
これまで実力は高く重賞でも大崩れはしないものの決めてに欠ける所が課題だった馬。それが差しの脚質を身につけた事で完全に克服。
順当に行けば勝ち負けの勝負が期待できます。
全姉にラキシスを持つ超良血馬。いまの充実度であればG3は勝って当たり前と思って陣営も望んでいる事でしょう。

▲5番ユールシンキング

ディサイファ、フルーキーなどの注目馬が外枠を引いた事もあり、あえて単穴候補に推したいのがユールシンキングです。
前走では2戦連続最下位だった馬を吉岡騎手への乗り替りで8着に前進。復活の兆しが見え始めたのと、騎手との相性の良さもうかがえました。
これまで重賞2勝の実績もありますし、元調教助手Y氏の追い切りレポートでも評価されている通り、今回は中間の気配がとても良く全盛期の頃の
雰囲気を若干ではありますが、出してきています。
4歳馬2頭による2強ムードも強まっていますが、それ以下は混戦ムード。コースの特徴もあり、好枠を引けたユールシンキングは軽視できない存在として見ておきたいです。

△11番フルーキー

キャリア13戦で掲示板を外したのは菊花賞6着の一回のみ。抜群の安定感で重賞での上位入賞実績も多数あります。
今回は7枠ながらも11番枠なら、極端に割引く要素ではありません。
今回は初コンビになる北村騎手への乗り替りがあります。戦歴が物語っているように素直で器用な馬なので、問題なくこなせるでしょう。
安田記念出走プランもあった中で、無難に1週ズラして相手が落ちるこの舞台に合わせてきました。
距離適性も高く、上位候補の一角です。

以上を踏まえて

エプソムカップ

馬連

2-6 10,000円

以上馬連1点買いで勝負です。
ガチガチの1番人気が予想される組み合わせですが、今回4歳の2頭が飛び抜けている印象。穴狙いの人にはユールシンキングあたりを絡めた馬券を狙う事もオススメです。
ただしオッズが期待できないので、この組み合わせで勝負するなら余計な事はせずに1点で勝負した方がシンプルで見返りも期待できます。
馬単にするならエイシンヒカリを軸にしたい所です。サトノアラジンの頭が極端にオッズが低くなるのであれば、エイシンヒカリ頭の配分を若干高め。サトノアラジン頭を保険程度に考えた
馬単表裏という買い方でも面白いと思います。
買い目情報ではシンプルな馬連1点買いを推奨いたします。

~予想買い目結果~
馬連2-6 38,000円 的中

競馬情報会社ランキング