北九州記念の予想では、注目馬を思い切って外した重点集中の買い目を紹介しています。

元騎手A氏が予想する、北九州記念の買い目と、元騎手目線の分析情報

  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!

北九州記念では、前走直線競馬で強いレースを見せたベルカントを信頼できる本命、対抗は安定感に定評があるサドンストーム。5連勝中のビッグアーサーは着外に沈むと予想sしています。

8月23日(日)小倉11R北九州記念(G3)

8月23日(日)新潟11R

北九州記念(G3)

日曜日の小倉メイン競走はサマースプリントシリーズ第4戦にあたる北九州記念が開催されます。
既に同シリーズで結果を出したベルカントをはじめ、巻き返しを狙うサドンストームやペルルミエールの他、シリーズ初参戦で前走は準オープンで結果を出してきた売り出し中の注目馬など見所がたくさんあるレースになります。
昨年のレースが馬連295倍が付くなど過去10年で馬連が4回出ている波乱要素もある北九州記念では騎手との相性や枠順による優劣、直近のレースの内容の分析が重要なレースになってきます。
なお、小倉芝1,200mでは枠順は馬場状態によって大きく左右され、最後の直線が短い為、基本的には逃げ、先行が有利になっています。
現在の馬場状態はやや荒れてきていて、4角は外側も荒れ始めているので、基本的には内側をロスなく回った馬が有利な状況になってきそうです。

~レース特徴~

~予想印を付けなかった注目馬の一口情報~

・5番ビッグアーサー

5戦5勝というキャリアで重賞初挑戦する注目馬です。デビューから土つかずの戦歴で今回も場合によっては1番人気に推される可能性もあります。
直近2走は準オープンを連勝していて、負かしてきた相手もその後結果を出しているので、大きな昇給の壁は少なそうです。
しかし、過去2戦はクビ差の勝利で展開に恵まれた部分もありました。高い素質と勝負強さ・決め手を持っている事は認めますが、無傷で重賞制覇までできる素質があるかと言われれば、
そこまで高い評価はできません。
500万条件では小倉で大外枠から圧勝した実績もありますが、相手も揃っている重賞では思い通りの競馬ができず、大きく崩れる可能性も高く、オッズがつくのであれば思い切って外して勝負する事もオススメです。

~予想買い目情報~

◎3番ベルカント

前走のアイビスサマーダッシュの予想でも本命印をつけさせて頂いた馬です。
今回は武豊騎手への乗り替り。何度もコンビを組んできてFレビューを勝った時も武豊騎手騎乗だったので相性に不安はありません。
前走はトラブルもあってのアイビスSD出走でしたが、1,000mで2馬身突き放す強い勝利。今回はさらに1戦叩いた上積みも期待できます。
前走を見る限り夏競馬も得意そうですし、このローテーションもプラスになるでしょう。
前走よりも相手は強くなりますが、最大のライバルで前評判が高かったベルルミエールは7枠13番。内枠から積極的に先行争いをしてくるのニザエモン程度。
5番枠の2頭がハナを取りにくくる可能性もありますが、基本的には楽に好位を取る事が予想できる恵まれた枠順だと評価します。
勢いにも乗っていますし、小倉の馬場状態と枠順など条件も整っています。今の充実度であれば重賞連勝を期待できそうです。

○1番サドンストーム

前走CBC賞ではベルルミエールに先着。高松宮記念4着など最近は安定感が光り、過去6走り掲示板を外していません。
重賞勝ちがないにも関わらず、57kgのトップハンデは厳しい内容ですが普段から背負いなれている斤量で問題なくこなせるはず。
前走からの上積みも期待できますし、最内枠の有利もプラスされます。直近3走は馬場状態が悪い中で決めてに欠ける部分がありましたが、今の小倉の馬場状態ならパワータイプを活かして末脚が伸びる事も期待できます。
時計勝負でももち度系は1分7秒3を持っているので対応できます。
1週前には小倉に前入りする入念な調整もあり、ここを照準に万全の状態で望めそうです。斤量以外の不安材料がなく、重賞初制覇を狙える位置にいる馬だと評価します。

▲13番ベルルミエール

前走のCBC賞では、4着に沈みサドンストームにもクビ差で遅れました。
しかしレース内容を見ればスタートダッシュがつかず後ろからの競馬になる不利や、重馬場で外側を回ったロスが多いなど敗因も多かったです。
あのレース内容で大きく崩れず着差の少ない4着に入れったのは、やはり器用にレースを運べる馬だという印象が高まりました。
本来であれば、もう少し内枠を引けば、本命に挙げてもいい馬でしたが、小倉の小回りコースではレース巧者の力が発揮できますし、前からの競馬さえできれば勝ち負けの競馬ができる力を持っています。
戦歴だけを見るとあれていますが、距離1,400m以下に限定すれば[4.2.0.3]の安定感も魅力です。
状態は引き続き良好で、斤量53kgもアドバンテージになります。
夏競馬で1戦使って、筋肉の付き方もスプリンターの要素が強まってきましたし、馬力もあるので小倉の馬場も問題なく捌ききれるでしょう。
ただ、難点は繰り返し紹介している通り枠順で、内にも外にも先行馬がいるので、ポジションが上手く取れないと短期決戦のスプリントでは修正するのにも限界があり前走のようなレースになってしまう懸念もあります。

△11番バーバラ

前走はバーデンBCを快勝。勝ちタイムも1分7秒9で福島の馬場が荒れた小回りのコースだった事を考えれば上出来で重賞でも通用するだけの力を持っています。
前走ではじめてブリンカーを付けた効果が出た印象で、集中力していたレースでした。
今回も前走より1kg重い53kgですし、状態も好調を維持している様子です。
休み明け2走目の上積みも期待できますし前走で変身した勢いを継続しつつ、ハンデ戦のこの舞台であれば期待できるでしょう。
平坦小回りを得意にしていて、スピード型の馬なので日曜日は快晴が予想されている小倉であれば、勝てるチャンスも充分ありそうです。
武幸四郎騎手への乗り替りもポジティブに評価できそうです。

以上を踏まえて

北九州記念

単勝・馬連

単勝
3番ベルカント  5,000円
馬連
1-3    5,000円

以上単勝、馬連各1点勝負です。枠順や前走の内容を踏まえればベルカントには信頼できる本命軸として期待します。
ビッグアーサーやベルルミエールにも人気が分散する事が予想されるので、単勝でもそれなりの見返りが期待できると読んでいます。
オッズによっては単勝1点買いでもいいですが、今回好条件が揃っていて勢いもあるサドンストームと合わせた馬連を組み合わせて勝負します。
混戦ムードも出ていますが、本命、対抗で挙げた2頭が枠順も踏まえて評価は他の馬よりも一段階高いです。
北九州記念ではこの2点に重点を置いた予想で手堅く狙いにいきます。

~予想買い目結果~
単勝3番ベルカント 25,000円 的中

競馬情報会社ランキング