キーンランドカップの予想はモレイラ騎乗のエポワスを強気の本命に推しています。

元騎手A氏が予想する、キーンランドカップの買い目と、元騎手目線の分析情報

  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め

8月29日30日は札幌競馬場でワールドオールスタージョッキーズが開催されます。重賞のキーンランドCは対象外のレースですが、トップジョッキーが多数集まった注目のレースです。

8月30日(日)札幌11Rキーンランドカップ(G3)

8月30日(日)札幌11R

キーンランドカップ(G3)

今週末の札幌競馬場では海外と地方競馬の招待騎手とJRAのトップジョッキーが集結したワールドオールスタージョッキーズが開催されます。
日曜日メイン競走のキーンランドカップは、重賞ですのでWSJ対象外のレースですがモレイラ騎手をはじめ、豪華なメンバーの騎手が集結します。
キーンランドカップはサマースプリントシリーズの第5戦にもあてられて、現在シリーズ2位タイのティーハーフに注目が集まっています。
札幌競馬場の芝コースは1,200mが条件を問わず最も頻繁に開催されているコースです。
開催終盤になり、Cコースを使用。本来は逃げ、先行が得意なコースではありますが、Cコースになると逃げが決まりにくい傾向が出てきます。
スタート後は3角まで400mの直線がありますが、札幌競馬場は緩いコーナーでスピードを落とさずにそのままコーナーに入っていく傾向があります。
その結果外枠は不利。理想は10番枠以内で、大外の8枠は不利なデータが出ています。

~レース特徴~

~予想印を付けなかった注目馬の一口情報~

・2番サクラアドニス

ピークを過ぎた7歳馬ですが、WOJの恩恵もあり武豊騎手へ乗り替りです。
内枠の有利を生かせれば掲示板までは可能性があります。

・4番スギノエンデバー

M・デムーロ騎手へ乗り替り。最近は結果は出ていませんが大崩れはしていない馬です。
WOJでデムーロ騎手の活躍状況次第では見直したい

・12番オメガヴェンデッタ

準オープン勝利からの昇格組ですが、前走負かした相手がエポワスなので、見劣りはしません。
前々走京王杯SCは小差の3着でここでも上位候補です。枠順をもう少し内を引いておきたかったのが残念なポイントです。

・13番ウキノヨカゼ

こちらも前走準オープンで注目馬のエポワスを負かしています。
前走はは四位騎手への乗り替りで大金星。今回も四位騎手騎乗なので、不気味な存在。
オメガヴェンデッタ同様もう少し内枠を引いておきたかった

・16番トーホウアマポーラ

福永騎手騎乗。最近は結果が付いてきていませんが休み明け2戦目成績は[2.0.1.1]と好成績を残しています。
ただこのメンバーとこのコースで不利の大きい大外枠は大きな割引です。

~予想買い目情報~

◎9番エポワス

騎乗するモレイラ騎手はブラ人人騎手で母国で圧倒的な結果を出し、2009年からシンガポールに移籍し4年連続リーディングジョッキー。
13年に香港へ移籍後もG16勝を含むシーズン記録の145勝。世界を代表する天才ジョッキー。来日は14年安田記念に次いで2度目です。
このモレイラ騎手への乗り替りで期待値が上昇したのがエポワスです。
もちろん馬に魅力も非常に高く7歳馬のセン馬ですが、今年に入って充実期を迎えています。
前走はハンデ戦ながら札幌芝1,200mでレコードタイム。
今回は別定戦になり斤量が3kg増えますが、準オープンでは57kgを背負って好走している実績もあります。
相手も強い重賞で斤量差もなくなり、前評判は決してよくないですが、今年に入って6戦5連対と抜群の安定感を誇っています。
素直に安定して走る状況にエポワス騎手騎乗であれば、本命候補として充分期待できそうです。

○10番ティーハーフ

今年に入って覚醒した馬。特に春以降は前走函館SSで重賞初勝利を含めて3連勝中です。
前走はスタートで寄せられて最高峰からのレース。最後も大外を回って直線の短く、同じ洋芝の函館で次元の違う末脚を見せました。
元々朝日杯5着と素質は高く評価された馬。今年に入って5戦全て馬券圏内の安定感も魅力です。
今回圧勝して重賞を連勝する事があれば、秋競馬では一躍スプリントの主役に躍り出る可能性もあります。
過去3走の内容を見れば文句の付けようがないくらい、力でねじ伏せた競馬をしています。
前走と比較しても相手が強くなる印象もなく、間違いなく単勝では1番人気になる馬でしょう。それくらい最近は充実しています。
ただ、ティーハーフの躍進の要因には、コーナーワークが上手くなった要素も強く感じます。
3角、4角で周りの馬が速度を緩めている所で一気にポジションをあげるのが最近の勝ちパターンです。
コーナー角が緩い札幌へのコース替りでは、コーナーワークが得意だというアドバンテージが薄れるよ予想。オッズが低いのであれば、ガチガチの本命軸とまでは期待できません。

▲11番ロープティサージュ

昨年のキーンランドCの勝ち馬。昨年は函館SS2着からのローテーションでした。今年も同じローテーションながら前走はまさかの14着。
ただし前走は内枠で進路がなく直線で完全に行き場を失ってしまったレース。最後は騎手も手綱を緩めて完全に参考外のレースです。
展開さえ向けば小回りの洋芝は得意にしているコースです。
今年の阪急杯や稽古の動きを見る限り、衰えもなく、前走走っていない分昨年の時よりも充実しているようにも見えます。
昨年のキーンランドカップを勝った時にも騎乗していた三浦皇成騎手。
WOJには出場しない中での札幌参戦はロープティサージュに乗る為といっても良いでしょう。
当然この1レースに対しての情熱も熱いハズです。
昨年のようにスムーズに折り合える展開になれば連覇の可能性もある注目馬だと評価しています。

△5番レッドオーヴァル

昨年のレースの2着馬。昨年はスタートでダッシュがつかない中で勝ったロープティサージュにクビ差まで追い上げ、実力の高さを伺えるレースでした。
続き昨秋のスプリンターズSで3着に入るなど一躍注目馬になりましたが、その後の成績がイマイチ。
前走は久しぶりの札幌でようやく復活の兆しが見えました。
得意コースで前走からの叩き上げも期待できるので、巻き返しに期待です。
もともと、キーンランドカップを目標にした札幌入りで、気配も上向いています。
昨年の状態に比べると、物足りなさは感じますが、素質は本物ですので展開次第では抜け出す可能性も充分考えられます。

・注1番タガノアザガル

セオリーを考えれば、内枠で自在性が高い馬もピックアップしておきたい。
タガノアサガルは3歳馬でファルコンSで重賞勝ちの実績があります。過去2戦は全く見せ場がありませんでしたが、前走は急仕上げで万全ではなかった敗因もあります。
前走から放牧も挟んで状態は確実に上向いてきています。スプリントで今の時期での古馬相手は厳しい面もありますが、一発性がある注意が必要な馬です。

以上を踏まえて

キーンランドカップ

馬単

9→10  4,000円
9→11  2,000円
9→5   2,000円
9→1   1,000円

以上エポワス頭固定の馬単4点勝負です。
エポワスは鉄板の本命馬とまでは評価できませんが、ティーハーフなどに人気が分散オッズが期待できる事と、やはりこうした機会なのでモレイラ騎手に重賞での活躍に期待します。
オッズ次第では単勝1点買いや買い目を広げる事もオススメです。

競馬情報会社ランキング