菊花賞の競馬予想では、スタミナ面や京都外回りのコース替りで期待値上昇のスティーグリッツを本命予想です。

元騎手A氏が予想する、菊花賞の買い目と注目騎手情報・注目馬の分析まとめ

  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道

京都3,000mで開催される菊花賞は外枠の逃げ・先行勢を割引し、好枠を引いた伏兵に期待しています。リアルスティールは安定感に期待。リアファルは安定感に不安があると読んでいます。

10月25日(月)京都11R菊花賞(G1)

10月25日(日)京都11R

菊花賞(G1)

いよいよ25日に開催される菊花賞ではフルゲートで実績馬から、夏~秋にかけて急成長した注目馬などバラエティー豊かなメンバーが揃いました。
春2冠のドゥラメンテ不在でも、充分盛り上がってきています。
3歳のこの時期に3,000mを早く駆け抜けるには素質と折り合いが重要になってきます。
今回は比較的騎手の乗り替り情報は少ないですが、過去の戦歴や距離と折り合いについての見解を含めて予想を紹介していきます。
なお、菊花賞の追い切り情報は当サイト元調教助手Y氏がコラムでも紹介しています。詳しくはサイト内より元調教助手Y氏のピックアップをご確認ください。

京都芝3,000mは菊花賞と万葉Sのみで使われるコースです。
スタートから最初のコーナーまで200mしかない為ポジション争いも激しく、基本的に内枠の馬が有利になります。
脚質は先行、差しが互角で、距離が長い分逃げ切るには厳しく、スタミナ勝負の為4角で外を回る事が多い追い込み勢は不利な傾向が出ています。

~レース特徴~

~予想印を付けなかった注目馬の一口情報~

・2番サトノラーセン
ダービー2着の実績がありますが、セントライト記念の7着は馬体が仕上がっていなかったとはいえ割引材料です。
距離延長もネックですし強気にはいけない。内枠を取ったのは大きいですがダービー程楽な展開にはならないでしょう。

・3番タンタアレグリア
蛯名騎手との安定のコンビ。過去2戦着順以上に評価できるレース内容です。内枠を引いた事もあり穴馬候補としては面白そう。

・5番ベルーフ
浜中騎手への乗り替り。難しい面もある馬ですが川田騎手をあえて外した点が気になります。上位に食い込めるだけの力は持っている馬です。

・10番ブライトエンブレム
スタミナ型の馬です。京都の高速馬場はネックではあります。雨が降れば期待値上昇。

・12番ワンダーアツレッタ
昇給組ですが、デムーロ騎手が今回も騎乗する事を考えればそれだけ陣営も騎手も期待している馬です。

・15番ジュンツバサ
穴馬候補の馬ですが、京都へのコース替りは割引。

~予想買い目情報~

◎7番スティーグリッツ

夏に500万、1000万と条件戦を連勝して菊花賞へ進んできた馬です。
重賞初挑戦ではありますが、過去2戦で直線の競り合いに強さを見せた点を評価できます。
切れ味があるタイプではありませんが、メンバー随一のスタミナ派で勝負根性も高いです。
相手は強くなりますが、距離を延長する事に魅力が増している印象もあり、稽古では栗東のCWで一番時計をマーク。実力も決してヒケを取りません。
京都外回りの3,000mへのコース替りは明らかにプラスです。血統で見てもステイヤーのG1ホースが出ていないディープインパクト産駒と比べて、同じSS系でもハービンジャー産駒の方が
スタミナ面でも信頼できます。
内田騎手とは前走からのコンビになります。前走はスタートを若干失敗するなど課題はありましたが、スティーグリッツは騎手を問わず素直でよく走る馬です。
過去2連勝の内容は騎手の手腕というよりも、馬の勝負根性で勝った印象が強く、伸びシロも大きいです。
状態も前走から上向いていますし、絶対的王者不在であれば強気に本命馬として期待したいです。

○11番リアルスティール

皐月賞2着、共同通信杯ではドゥラメンテを破った実績馬です。素質は間違いなく世代トップクラスです。
ダービーは4着でしたが、スローで逃げた馬に追い上げましたし、体調が万全でなかった事を考えれば負けても強さが光るレース内容でした。
神戸新聞杯ではリアファルに完敗してしまった事や距離延長に不安を抱える面もありますが、これまでのレースの安定感を見ればこの舞台でも崩れる事は考えづらいです。
春は最大のライバルドゥラメンテの壁が厚く、クラシックタイトルを取るのは最後のチャンス。
陣営からも強い意気込みが伝わってきて、稽古でも好タイムを連発。
定番コンビの福永騎手とのコンビも健在で、手堅く上位争いをしてくる事が予想されます。
馬連、3連複を考えている方は軸馬としても期待できます。

▲4番キタサンブラック

セントライト記念を快勝し、秋の舞台でも注目馬として臨んできました。
ダービー14着の大敗や血統面やレース内容でも距離に不安を抱えてきた事で皐月賞3着、重賞2勝の実績があっても前評判は低いのが現状です。
セントライト記念の内容を見る限り、馬体もメンタル面も成長性を感じられます。折り合いに不安もありますが、噛み合ってしまえば勝機もある実力馬です。
北村騎手もダービーからの成長という面で手応えをしっかりつかんでいますし、3歳のこの時期であれば素質や気合と根性だけでも、充分こなせます。
実際の所ダービーの1レースだけで距離適性がないと判断するのはまだ早く、休み明けで太かった前走からの叩き上げも考えれば、こなせない距離ではないと判断します。
好枠を引いた事や、ダービーではペースを乱されたミュゼエイリアンとのマッチアップを前走でこなしている点。その他に内枠で有力な先行馬がいない事を考えれば、極端に早いペースも
考えにくいですし、条件が良い方向に整っています。

△17番リアファル

秋の舞台ではリアルスティールの1強ムードも出ていた中で前走の神戸新聞杯で付け入る隙も与えず2馬身差をつけての圧勝劇でした。
一気に菊花賞でも本命候補に名前が挙がった注目馬で、前走の内容を見れば軽視はできません。
しかし前走はスタートから楽にハナを取って折り合えるなど完璧すぎるレース内容でした。
前走と同じ内容をクラシックの大舞台で再現できるかは疑問視です。1週目の正面スタンド前の大歓声でも動揺しないか心配する面もあります。
リアルスティールを完封したとはいえ、何か一つ欠けてしまうと大敗する可能性もあり、人気が高まるのであれば、なおさら割引材料として見ておきたい。
ただ夏に変身したのはルメール騎手への乗り替りもあっての事。ルメール騎手は秋競馬好調なだけに脅威は感じます。

以上を踏まえて

菊花賞

単勝・3連複

単勝
7番スティーグリッツ   5,800円
3連複
軸馬[4.11] - 相手 全通り 計16点流し 各200円

以上単勝と3連複で勝負です。オッズもそれなりに期待できて、快勝する可能性も感じるスティーグリッツの単勝を軸に、結果が出ているのに評価を落とす傾向があるキタサンブラックと安定感を期待するリアルスティールの3連複総流しです。
オッズによっては3連複ではなくワイドにしてもいいですが、一発の要素がある馬も多いので3連複に魅力があります。
フルゲートで今年は極端に飛びぬけた馬がいない混戦ムードなので、ある程度シンプルな買い目で軸をしっかり決めて、必要に応じて人気上位馬をスパっと外す事も必要になります。

~予想買い目結果~
3連複 4-11-17 9,280円 的中

競馬情報会社ランキング