スワンステークスの予想では、購入点数を絞った馬連1点買いと予想印に連動した3連複を紹介しています。

元騎手A氏が予想する、スワンステークスの買い目と注目騎手情報・注目馬の分析まとめ

  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法

京都芝1,400mで開催されるスワンステークスでは距離の見直しで巻き返しを狙う馬も多いです。その中でも元騎手A氏が下した評価ではフィエロとベルルミエールが頭ひとつ抜けているようです。波乱も多いですが、今年は堅いレースが濃厚か?

10月31日(土)京都11Rスワンステークス(G2)

10月31日(土)京都11R

スワンステークス(G2)

1着馬にマイルCS優先出走権が与えられるスワンSは京都芝外回り1,400mで開催されます。
コース特徴は最初のコーナーまでの直線が長く外回りコースの膨らんだ3角へ流れるので枠順はフラット。
京都の軽い馬場も後押しになり、ペース次第では逃げ馬が楽逃げする事も多いです。
前評判ではフィエロの1強という声が出ていますが、過去10年1番人気は[2.1.0.7]と不振で馬単万馬券は7回と波乱の要素も多いレースになっています。
次走を見越して騎手の乗り替りも多く、見所が多いレースです。騎手情報や過去のレース内容を見ながら予想を紹介していきます。

~レース特徴~

~予想印を付けなかった注目馬の一口情報~

・1番サトノルパン

浜中騎手へ乗り替りです。重賞は昨年のダービー以来で今回は昇級初戦ですが、素質ではライバルに劣っていません。
脚質を考えると最内枠は若干不安ですが、うまく折り合って展開が向けば上位に食い込んでくる可能性があります。

・4番フミノムーン

NHKマイルカップ以来のレースですが、馬体もリフレッシュされたみたいで稽古の動きも悪くありません。
ペース予想はミドルですが、早い流れになってくれれば見せ場を作れるかもしれません。
本当は京都のスピード馬場よりも道悪の方がチャンスはあったのですが、このままいけば土曜日はパンパンの馬場になりそうなので、一発の見込みは薄れました。

・7番コパノリチャード

G1ホースでこれまで武豊やデムーロ騎手が乗ってきましたが、今回は藤岡騎手への乗り替り。
まだ5歳なので衰えもそこまでないですが、中間の気配をみても、本調子には遠い印象があります。

・8番ロープティサージュ

福永騎手へ乗り替り。直近3走はスプリントで散々たる結果でしたが、その前の阪急カップでは1,400mで3着に入りました。
どんどん評価が落ちていますが、福永騎手への乗り替りを見ると、まだまだ通用すると陣営側が期待している現れでしょう。

・13番ダイワマッジョーレ

約1年ぶりに蛯名騎手とのコンビが復活します。M・デムーロ騎手に見切られた印象が強いです。
今年は阪急カップに勝っている実績があっても直近2走の内容が悪すぎただけに、強気にはいけません。
パドックで毛艶が戻ってきていれば多少の見直しの余地はあります。

~予想買い目情報~

◎14番フィエロ

重賞勝ちこそないですが、昨年のマイルCS2着、今年の安田記念4着とG1で上位争いをしていて間違いなく実力上位。
理想はマイルですが、昨年の同レースでも3着に入った実績があり、外回りの京都であればこの距離でも射程圏内です。
今回はM・デムーロ騎手への乗り替りで期待値上昇。決め手に欠く部分を補ってくれる事を期待します。
僅かではありますが昨年からの成長性も期待できますし、東京でモタれながら走っていた事を考えれば右回りコースへ替わるのはプラス材料です。
1番人気が不振なレースデータもありますが、今年はビシっと決めてくれる事を期待したいです。

○5番ベルルミエール

夏に牡馬混合重賞で④③といずれも1,200mですが結果を出してきました。スピード勝負の京都1,400mは間違いなく適性が高く、ここがベストの条件でしょう。
京都では4戦3勝と高い適性があり、コース替りで決め手の不安も一気になくなります。
オープン以上の勝利がない為別定条件の中で斤量も優遇されています。マイルCSに進むかは不透明ですが、条件が揃ったここでは負けられないと陣営も意気込んでいます。
鞍上はここまで14回のコンビを組んでいる川島騎手。
レース間隔があきましたが、稽古で非常にパワフルな動きを見せていたので安定感も期待できそうです。

▲11番アルビアーノ

今年のNHKマイルカップ2着馬。ダートの関東オークスでも4着に入り素質の高さを見せました。
秋初戦の京成杯では初めての古馬相手で仕上がり不十分。それでも7着とはいえ、僅差の0.1秒差なので充分このクラスでも通用します。
叩いた上積みもありますし、3歳牝馬ながら500kg超えの場合を1戦叩いた上積みも期待できます。
関西への初めての輸送を無事にクリアできれば、上位争いは必至です。当日のパドックにも注目。
鞍上は柴山騎手ですが、デビュー以来コンビを続けているので安心感はあります。

△2番サンライズメジャー

安田記念以来の池添騎手騎乗です。
最近は結果が出ていませんが、距離1,400mは[0.2.0.0]、斤量56kgは[5.3.3.0]と馬券を外していない好条件が揃っています。
京都も[4.3.0.2]で得意コース。
高い適性で本来の力を発揮できると期待します。
昨年の同レースでも2着に入った実績もありますし注目馬のフィエロとは3度対戦し2回先着した実績もあります。
中間の気配を見る限り衰えも感じられませんし、上位候補として信頼できる度も高そうです。

注15番ティーハーフ

夏に3連勝して一気に注目を集めた馬です。
ここ1年スプリント専門で1,400mでは[0.1.2.1]で勝ちがないですが、本格化する前の話です。
スタミナ面での成長も強く感じられるので、今なら1,400mの距離延長が良い方向に行く可能性は充分あります。
稽古でも良く動いているので、G2で人気が落ちるのであれば狙い目になりそうです。

以上を踏まえて

スワンステークス

馬連・3連複

馬連
5-14  6,000円
3連複
軸馬[5.14] ー 相手 [2.11.15] 合計3点流し 各1,000円
軸馬[11-15] - 相手 [1.2.4.5.8] 合計5点流し 各200円

以上、馬連1点と3連複流し買いで勝負です。
波乱の要素もあるレースですが、予想の中身はフィエロとベルルミエールの注目馬2頭が頭一つ抜けている評価です。
本命をしっかり抑えつつ、3連複を絡めて手堅く、かつ見返りもしっかり期待できる買い目になっています。

競馬情報会社ランキング