差しの脚質は中団から後方を走り最後の直線で先行馬を差し切って勝つ脚質

勝てるチャンスも多い差しの脚質

  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣

差しはレースの序盤を中団から後方にかけてポジションを取る脚質の事を言い、タイミングよくしかける瞬発力や騎手の腕が必要で直線で先行していた馬を差し切る瞬発力も必要です。

競走馬の脚質(差し)

差しの脚質

競馬の脚質の差しとは、第3コーナー通過時点で、中団位置にポジションを取る事をいいます。

全体的に比較的後方からレースを進め、4コーナーにかけて徐々に前方へとポジションを上げていき、ゴールの直前で先頭を交わすというのが、差しの典型的な形です。

仕掛けのタイミングが遅れると、レースの最初から最後まで中団から後方で終わってしまう事もあり、最後の直線で先頭を走っていく馬を抜く瞬発力も必要で、逃げや先行とは違い、ペースが速いと、中団から後方にかけて、体力を温存できる差しは有利とされています。

先行と同じように、馬群の中に入り、ポジションを作るのでレース展開によっては先行ポジションまであげてレースを進める事もあります。
追い込みに近い後ろよりのポジションからレースを進める場合もあり、レースの展開に応じて柔軟な対応がしやすいポジションで、中団から後方という、ある程度前を行く馬や他の馬のポジション取りを見れる位置からレースを進めるので、融通も利きやすく、どんなレース展開でも、ポジションをしっかり取れていれば勝てるチャンスが大きく、差し馬で大成功した名馬は多いです。
しかし騎手がうまくコントロールしないと、いざ仕掛けようとしても馬群を抜けられずに仕掛けのタイミングが遅れてしまう事もあります。

差し馬が、最後の直線で前を走る馬を抜かす事差すといい、そのまま抜かしてゴールする事差し切ると言いますが、これは差し馬に限って言う言葉ではなく脚質に関係なく、後ろを走っている馬が前の馬を抜かす事を差すといい、一度抜かされてさらにもう一度抜かし返す事差し返すと言います。

差すという言葉は競馬で抜かす、という言葉と同じ意味を持っていて、差すという脚質の名前の由来は、レース序盤は中団から後方にかけてレースを進め、最後の直線で華麗に、先行してレースを進めていた馬たちを差していく、勝ち方から差すという脚質の名前ができたと考えられています。

差し馬は、中には性格的に、前に追いかける馬がいないと闘争心をなくしてしまい、早い段階で先頭にたってしまうと、その後差し替えされてしまうので、あえてレース序盤は前に出ないで、ゴールギリギリまで馬に本気で走らせたいという思惑や、馬の性格の面がで差し馬となる事もあります。

また、差しは、色々な仕掛けが始まる3コーナーから4コーナーにかけて前を走る馬が多いので、外側を走る事を余儀なくされる事があります。

芝状態が悪いと、内側の荒れた芝よりも外側を回る事でロスなくスピードも殺さずに前を走る馬と距離を縮める事もできますが、芝の状態が良いのであれば逃げや先行で、内側の最短距離を走った方が断然有利で、差しのように外側を回るのは効率が悪いとされています。

レースや開催日によって、差し馬の勝率が落ちるケースもあるので、芝の状態や、芝などの環境にも連動しているデータには気を配るようにしましょう。

代表的な馬や名馬は差し馬は多く、今でも伝説として競馬ファン以外からの知名度も大きいナリタブライアンをはじめとして、シンボリクリスエスエアグルーヴ・ウォッカスペシャルウィークアパパネなどで最近でいうとオルフェーブルなどがいて、クラシック3冠馬など、大きい舞台でもしっかり実績を残してきた馬で差しの脚質を使っていた馬は多いです。

この中であえて一頭代表的な名馬を紹介させて頂くと、最近の馬になりますがオルフェーブルだと思います。

実績も輝かしいものがありながら、時には、本気で走らない事も多かったりと、見るものをハラハラさせて記憶にも強く残してくれた差し馬です。

歴代の最強馬と唱える人も多く、勝つ時は他を寄せ付けない、圧倒的な最後の直線での瞬発力を見せてくれました。

凱旋門賞に2度挑戦し、2年連続1番人気の支持を集めて2着惨敗という結果は残念でしたが、最近の日本馬は強いと世界に大きくアピールしてくれた馬です。

競馬情報会社ランキング