脚質の逃げとは、他の馬に進路を邪魔されずに走れるというメリットもありますが、マークされやすい脚質です。

大敗も多いが豪快な勝ちっぷりもある逃げ

  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め

逃げ馬はハイペースになると不利などのデメリットもあり、性格の面で逃げに徹する馬が多いです。逃げ切りで勝つと豪快な勝ちっぷりになりますが、後半スタミナ切れして大敗してしまう事も多い脚質です。

競走馬の脚質(逃げ)

逃げの脚質

競走馬の脚質の逃げについて説明します。

脚質の逃げとはその名の通り、レース序盤から1番先頭を走りそのままゴールまで逃げ切る事を狙う脚質です。

陸上競技や、モータースポーツなどのレース競技は、スタート直後から先頭にたって、そのまま逃げ切って優勝するのパターンは多いですが、競馬の逃げという脚質は、大きいレースになればなるほど、注目されればされるほど、4つある脚質の種類の中でも一番勝つのが難しいと言われている脚質です。

逃げは他の馬に進路を阻まれる事もないので、最短ルートで走ったり、芝生の状態が良い所を選んで走ったりするメリットがあります。

その一方で、空気抵抗を受けやすく、他の馬の目標とされやすく、人気が高い本命馬だと、楽なペースで逃げさせてもらえないというデメリットもあります。

競馬の脚質にはペースが重要で、逃げの場合はスローペースでレースを運ぶことができると有利で、ハイペースな展開で逃げてしまうと、後半バテてしまい逃げ切る事が難しくなります。

一般的に脚質で逃げを選択するというのは、馬の性格的要素で逃げる事が一番力を発揮できる馬のみが逃げを選択する傾向があります。

逃げという脚質はどのレースでも逃げ戦法に徹するケースが多く、毎レースで逃げの脚質を使う馬の事逃げ馬といいます。

逃げ馬に多い性格の要素
  • 常に他の馬よりも前に出ようとする闘争心が強い馬
  • 臆病な性格で馬群の中で走るのが苦手な馬

この2種類は正確でいると真逆なのですが、それぞれ馬群でポジション争いや進路争いをしたり、周りに合わせて走るのが苦手な馬になり、一番先頭を切ってゆうゆうと走った方が力を発揮できるので逃げ馬になります。

逃げで勝つケースは、レース序盤から逃げでハナを取り、そのまま最後まで他の馬に先頭を譲らずに勝ちきる逃げ切りという形が多く、逃げきれる馬はその豪快な勝ちっぷりから、逃げ切りで勝つ競馬が一番強い競馬だと言われております。

レース序盤で逃げて、一度は先頭を譲ってしまうが、最後にもう一度抜き返して勝つ事(逃げ)差し返しと言います。
これも普通の馬であれば、後方から来た馬に抜かされたら、そこから更に抜き返すのはレース序盤にスタミナを使った逃げ馬だと難しい事なので(逃げ)差し返しも強い競馬と言われ、逃げ馬が好きという競馬ファンも多いです。

逃げの理想の形は、他に逃げ馬がいなく、単騎逃げと言って、一頭だけ逃げて自由なペースでレースを進める事ができる状態です。

ですが臆病な性格の逃げ馬だと、一度でも他の馬に追いつかれてしまうと、そのまま走る気をなくしてしまう馬もいます。

逃げはペースが重要なので、単騎逃げでスローペースでレースを進められるのが一番の理想の形です。

しかし、他にも逃げ馬が多いと、ハナのポジションの競い合いになり、ペースが早くなり、ポジション争いで一定のペースでレースが進まないケースもあり、逃げ馬が多いハイペースなレースでは逃げ馬は後半に崩れてしまうという傾向があります。

逃げ馬がほかにいないレースで、人気が高く注目されている逃げ馬ですと、スローペースで走ろうとすると、周りの馬にマークされて、本来は逃げをしない馬などもハナのポジションを奪いにくるケースもあり逃げ馬は注目されればされるほど、厳しい環境になり、逆に周りからノーマークに思われているような人気がない馬は、ゆったりと逃げる事ができて、そのままあっさり逃げ切ってしまうなんて事も多いです。

逃げ馬の中には、あえて少し早めのペースで逃げて後続を走る馬のスタミナも消費させて、そのまま粘りの勝負に持ち込む戦法を得意とする馬などもいます。

脚質の逃げには、2番手以降を大きく引き離す大逃げという戦法もあり、特に距離が長いレースでは、道中の2番手との差が10馬身を超えるような展開になる事もあります。

大逃げをうつ逃げ馬がいると、競馬初心者の方は、序盤から中盤にかけて、もう後続馬は追いつけないだろうと思ってしまう方も多いですが、大逃げで逃げ切るというのは難しく、ほとんどのケースがレースの後半でスタミナがなくなり失速して結果大敗という結果になります。

そのような中でも大逃げをうって大差をつけたまま勝ってしまうケースもあり、大逃げを多用する馬などはその豪快な勝ちっぷりから人気が高いです。

最近では大逃げ戦法を多様する、強い馬はあまり出てませんが、競馬の格言で人気薄の逃げ馬は買いという格言もあり、逃げ馬で過去のレースで大敗しているデータなどがあってもレース展開によっては次のレースであっさり勝ってしまう事もあるので油断はしてはいけないです。

歴代の名馬の逃げ馬を紹介すると、歴代で最も競馬ファンからの人気もあり知名度も高いのがサイレンススズカではないでしょうか?

その年のダービー馬の最有力候補と言われておきながら、日本ダービーでは、抑えて走った事が裏目に出て惨敗をし、それをきっかけに逃げ馬に徹する事になりました。

その後はG1は宝塚記念の1勝のみですが、その年の天皇賞秋で怪我をするまで、重賞5賞を含む6連勝。大逃げというスタイルで豪快に勝ちきる姿はファンの心をつかみ、自らハイペースで逃げて、そのままコースレコードで勝つこともあり、歴代最強馬はサイレンススズカと今でも唱えている人もいるくらいです。

競馬情報会社ランキング