牡馬とは馬の性別のオスの事を言います。中央競馬では、牡馬限定競走はなく、馬場が出走する全ての競走が牡馬牝馬混走レースになります。

牡馬(ぼば)とは競争馬の性別表記のオスの事

  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法

牡馬とは、馬のオスを表すことで、「おうま」や「おすうま」「牡馬」などの呼び方や雄馬という表記の仕方もありますが競馬業界においては、オスの競走馬=牡馬で読み方も「ぼば」という読み方で業界用語として浸透しています。

競走馬の性別表記「牡馬」

牡馬(ぼば)

牡馬とは、競馬をやらない人からすれば聞きなれない単語と思う人も多いですが、競馬を少しでも触った事がある人であれば競馬の基本となる用語で、馬の性別を意味します。

牡馬とは読み方は、おうま。おすうま。ぼば。おま。などさまざまな呼び方があり、オスの馬の事を言います。
雄馬(おすうま・おうま)という表現・表記を使用しても間違いではありません。

これらの呼び方がある中で競馬や馬術競技においては、牡馬=「ぼば」という呼び名が業界用語として定着しています。
これから競馬を始める方は、牡馬とはオス馬の事をいい、ぼば。と呼ぶという風に覚えておくとよいでしょう。
オスの牡馬とは対象的に、メス馬の事を牝馬(ひんば)と呼びます。

牡馬は牝馬よりも平均すると、競走能力は若干高くなっています。
日本の競馬では同じ年齢の牡馬・牝馬が同じレースに出走する場合は、ハンデ戦や定量戦ではない限り原則牡馬は牝馬よりも2kg重い斤量をつけるようになっています。

これは牡馬・牝馬の実力差を少しでもなくすようにする、ハンデのような斤量差になりますが、それでも牡馬・牝馬混合で行われる大レースでは全体的に牡馬が圧倒的に高い結果を出していると言われています。

特に牡馬と牝馬の差は2歳などの若い頃よりも3歳から古馬にかけて体が出来上がってくると、その差は顕著になると言われています。
また牡馬は高い成績・実績を残すと引退後に種牡馬(しゅぼば)になるケースも多く、その高い競走能力の遺伝子を子孫に伝えていく役割を担います。

競馬の種付けは種牡馬は1頭で多くの種付けをする事ができるので、繁殖牝馬に比べて種牡馬になる割合は少なく、よほどの成績を残さないと種牡馬にはなれません。
ですが、その馬自信が結果を残さなくても、その兄弟や家系の馬がすでに種牡馬や繁殖牝馬として実績があれば例外はあります。

日本の中央競馬は牡馬限定レースという設定はなく、牡馬が出場するレースは全て牡馬・牝馬混合レースとなっています。
クラシック3冠などは、牡馬3冠と牝馬3冠と称されていますが、牡馬3冠と呼ばれる皐月賞日本ダービー菊花賞なども牝馬も出走する事ができ、牝馬の優勝馬も歴代に多く存在しています。

それに対して牝馬限定レースは存在していて、牝馬3冠の桜花賞優駿牝馬(オークス)秋華賞をはじめ、牝馬最強決定戦とも呼ばれるエリザベス女王杯などは当然牝馬限定レースで牡馬は出走する事はできません。

競馬情報会社ランキング