元調教師Y氏の菊花賞各馬追い切りの見解を紹介しています。

菊花賞追い切り情報。元調教助手Y氏レポート

  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣

元調教師U氏がレポートした菊花賞登録馬の追い切りでは、有力馬は各馬まずまずのタイムで調教をこなしており無難な仕上がりとなっています。3,000mと長いレースなので折り合いやスタミナがポイントになります。

2014年菊花賞-追い切りレポート

元調教助手Y氏追い切りコラム

10月26(日)京都競馬場11R菊花賞(G1)

2014年菊花賞登録馬の調教・追い切り

・ワンアンドオンリー

10月22日栗東坂路併せ馬強め
雨で状態の良くない栗東併せ馬で軽々2馬身半ほどの先着。タイムも悪くありません。
1週前追い切りも含めてもう少し春からの成長度を期待したい面もありますが、この馬はもともと調教ではあまり走らない馬です。
菊花賞ではパドックの雰囲気と馬体重の増減に注目したいです。レースは内枠を引ければ尚よいでしょう。

・トーホウジャッカル

前走のトライアルレースで3着に入り春からの成長力を示した注目馬です。
10月22日に栗東坂路単走馬なり
4ハロン59秒7ー1ハロン11秒9とまずまずの仕上がり。
馬場状態が良くなかった事と1週前調教で好タイムを出していたのでとても印象は良いです。
調教に騎乗した酒井騎手も手応えを感じていた様子です。

・サウンズオブアース

10月22日栗東CW併せ馬強め
駆けつけた蛯名騎手と初コンタクト。
2馬身ほど追走して最後は2馬身半先着しました。
時計も良く走っている時の躍動感も高く高評価できます。
むやみに馬を褒めない海老名騎手も「これだけ良いと期待しちゃうね」とコメントを残しております。
長丁場のレースで反応が良すぎる馬は最後まで持たないケースも多いですが、蛯名騎手なら上手にコントロールしてくれるでしょう。

・トゥザ・ワールド

10月22日栗東CW併せ馬
後方から追いかけて3馬身ほど先着。
走りがとても軽快で調子が良さそうです。
春の時点で完成度の高い馬でしたので、成長という面はあまりないですが5着に敗れた日本ダービーの時も決して長距離の距離適正がないような走りではありませんでした。
ポジション取りが上手くいき折り合いが良ければ調教でも瞬発力の高さを見せていたので勝機はあります。

・トーセンスターダム

10月22日栗東CW併せ馬
馬なりで2馬身追走して、軽く4馬身先着。
時計は平凡にも見えますが状態はまずまずでしょう。
競馬場によっての相性が顕著な馬ですが京都競馬場は相性抜群。
ダービーや神戸新聞杯とは全く別の走りを見せてくれるのではないでしょうか?

・サトノアラジン

10月22日栗東CW併せ馬
上り1F11秒4と好タイムをマーク。
もともと調教ではよく走る馬ですので、いつもどおりといった所でしょうか?
陣営は長距離にあまり自信がないと発言してますが、血統も悪くなく折り合いさえつければ3,000mを走れる能力は持っています。
高いポテンシャルを持っている馬ですので、充分に神戸新聞杯からの巻き返しのチャンスは充分にあります。

・ショウナンラグーン

10月22日美浦南W併せ馬
軽めに抑えて調教したとコメントしている通り、併せ馬でもアタマ程度の先着。
タイムも平凡です。長距離適正が伺える馬でステイヤー気質を感じさせる走りと見る事もできます。
スローペースで進んだ青葉賞で後方から見事な差し切りで波乱を起こした走りは今でも印象深く3,000mという距離はこの馬ではポジティブに取れるでしょう。

・ゴールドシアター

10月22日美浦南W併せ馬
物足りないタイムでの追い切りとなってますが1週前の10月16日の調教でしっかり仕上げています。
夏も短期放牧のみで札幌で連勝してきた馬で、中山競馬場でも好走してます。
京都競馬場との相性もよく春からの成長性もある馬です。

・タガノゴールド

10月22日栗東坂路
坂路中心の調教を繰り返していましたのでタイムはあまり参考にならないです。
この馬はダートで活躍してきた馬。調教や前走を見ても走り方はダートの馬。という印象です。

・タガノグランパ

10月22日栗東CW併せ馬強め
10月23日栗東坂路軽め
22日の追い切りでは6F67秒3 3F38秒3 1F11秒9と高時計をマーク。
騎手の意図に反してスタートが早かったようにも見えましたが走り自体は悪くないです。
23日に坂路で軽めに挑戦も行っています。
前走は叩きの1戦で菊花賞での本気度を伺えます。

競馬情報会社ランキング