朝日杯FSの追い切りではダノンプラチナとクラリティスカイが良い内容でした。

朝日杯フューチャリティーS追い切り情報。元調教助手Y氏レポート

  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道

朝日杯登録馬の追い切りでは、注目馬同士の併せ馬で馬なりながら先着したダノンプラチナが好印象。CW7Fで好タイムをマークしたクラリティスカイも高く評価できる追い切りでした。

2014年朝日杯フューチャリティーステークス(G1)-追い切りレポート

元調教助手Y氏追い切りコラム

12月21日(日)阪神競馬場11R第66回朝日杯フューチャリティーステークス(G1)

2014年朝日杯フューチャリティーステークス登録馬の調教・追い切り

・アッシュゴールド  評価:B
12月17日栗東坂路稍併せ馬強め
4F53.5-3F39.8-2F26.0-1F13.0

追い切りタイムは前走時とほぼ同様。
ラスト1Fタイムは物足りない印象はあるものの、併せ馬で古馬準オープン相手に楽々先着。
動きは軽快で力は出せる状態でしょう。

・アクティブミノル  評価:C
12月17日栗東CW稍単走強め
6F85.3-5F68.9-4F54.3-3F40.1-1F13.2

一週前調教でCW6F82.3-1F12.8で走っていましたが追い切りは今ひとつの動き。
前走時の追い切りタイムは坂路で好タイムをマークしました。
ソエに不安があり1週前調教では収まっていたとの事ですが不安が残ります。
前走では抜群のスタートをしながら、あえて抑える競馬を試した事が裏目に。
今回は逃げてくるでしょう。距離に不安がありますが・・・

・アルマオイワリ   評価:B
12月17日栗東CW稍併せ馬強め
6F84.7-5F68.1-4F52.9-3F38.6-1F12.3

動きも軽快で1Fでギアが入った時の反応もまずまずでした。
前走のデイリー杯の時よりかは状態が良さそうです。

・アンビシャス    評価:B
12月17日栗東坂路稍併せ馬一杯
4F54.6-3F40.1-2F26.6-1F13.5

デビュー戦の前走と比べると、やや物足りない感じもしますが、調教駆けするタイプではなさそうですし、1戦こなして中4週でしたら
悪くなさそうです。

・クラリティスカイ  評価:S
12月17日栗東CW稍併せ馬一杯
7F97.6-6F80.9-5F65.6-4F37.8-1F12.4

ジェラルド内0.7秒追走0.1秒先着。抜群の好タイムと言えるでしょう。躍動感のある動きで反応もまずまずです。
ここに向けて万全の状態に仕上げてきた様子。

・コスモナインボール  評価:A
12月17日美浦南W重併せ馬強め
5F69.0-4F53.7-3F39.8-1F13.1

ラスト1Fでしっかり反応。一週前調教も南Wでまずまずの走りを見せていました。
人気薄ながら3連勝して朝日杯の登録まで辿り着いた馬。
レース感覚は空いてますが調教の動きを見る限り全く問題なさそうです。
3連勝は全て左回りでデビュー戦は右回りの福島で9着となっているのがネック。

・サトノフラム   評価:A
12月17日栗東坂路稍併せ馬叩一杯
4F51.1-3F37.3-2F24.5-1F12.7

追い切りで好タイムをマーク。
前走2ヶ月前のいちょうSでは追い切りで好タイムを出しながら10着に沈んでいますが、その時はクラリティシティを抑えて1番人気だった馬。
出走できるか分からない馬ですが、出てくるようであれば注意しておきたい馬です。

・セカンドテーブル  評価:A
12月10日栗東CW良併せ馬叩一杯
6F77.7-5F63.5-4F50.4-3F37.9-1F12.6

追い切りは馬なりの軽めでしたので1週前調教のタイムを紹介。
文句なしの好タイム。
併せ馬でしたが1.1秒追走1.8秒先着と桁違いの走りでほぼ単走状態。
京王杯を制した馬で距離に不安はありますが、絶好調でここまで来たと言ってよいでしょう。

・タガノエスプレッソ  評価:B
12月17日栗東CW稍併せ馬一杯
6F83.5-5F67.6-4F52.8-3F39.2-1F12.4

追い切りタイムは前走とほぼ同じ。3頭併せ馬で先行していた馬には0.3秒先着されています。
せっかくの3頭併せ馬ですのでもう少し反応してもらいたかった所。
デイリー杯を勝った馬だからこその期待を込めた感想で、特別悪い訳ではありません。

・ダノンプラチナ    評価:S
12月17日栗東CW稍併せ馬馬なり
6F83.1-5F67.7-4F53.1-3F39.5-1F12.5

中2週のローテーションで軽めの追い切りの中、軽快な動きを見せてくれました。
タイムも良好で馬なりながら、強めのブライトエンブレムに併せ馬で競り勝ちました。
この内容でしたら、人気が高まるかもしれないです。
まだ、現時点での完成度は低い馬ですが素材は一級品。
これで当日の馬体重が増えていれば理想ではありますが大幅減にならなければそれなりに期待できそうです。

・ナヴィオン      評価:B
12月17日栗東坂路稍併せ馬馬なり
4F55.4-3F40.3-2F26.0-1F12.9

1週前調教では坂路4F52.6ながらも1F13.7と反応の悪さが気になりましたが追い切りでは馬なりながらまずまずの動き。
前走のデイリー杯の3着はロスのない競馬の中伸び悩んだ事を考えると印象が悪かったですが前々走で快勝した阪神に戻り巻き返しに期待。
前走はアッシュゴールドを抑え1番人気に推された素質馬です。

・ブライトエンブレム  評価:B
12月17日栗東CW稍併せ馬強め
6F83.3-5F67.9-4F53.3-2F39.7-1F12.5

ダノンプラチナ外0.2秒先行アタマ遅れ。札幌2歳Sを勝ち3ヶ月半の休み明け。
調教の本数もこなしていますしタイムも悪くはありません。
追い切りでダノンプラチナに馬なりで抜かれたのは印象悪いですが、調教全体で見れば悪くはありません。

・メイショウマサカゼ  評価:A
12月17日栗東CW稍単走一杯
6F84.6-5F67.6-54F51.6-3F37.8-1F11.7

追い切りで抜群の好タイム。前走はソエが懸念され最低人気の中での強い勝ち方。
距離は不安ですが折り合いさえついてしまえば怖い存在です。
瞬発力だけはこのメンバーの中でもトップクラスでしょう。

・ワキノヒビキ     評価:A-
12月17日栗東CW稍併せ馬一杯
6F83.4-5F66.5-4F51.8-3F39.4-1F13.2

4F51.8は好タイム。1週前調教の動きもよく、前走からの成長も感じられます。
前走はスローペースが敗因。このメンバーでも展開次第では充分にチャンスはあります。

競馬情報会社ランキング