有馬記念の追い切りで目立ったのはゴールドシップとエピファネイアの前評判が高い2頭でした。

有馬記念追い切り情報。元調教助手Y氏レポート

  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道

有馬記念出走予定の注目各馬の追い切りを行い、今回最注目の凱旋門賞帰りのドリームレース3勝馬ゴールドシップの動きがよく、ジャパンカップ圧勝のエピファネイアが続いています。

2014年有馬記念(G1)-追い切りレポート

元調教助手Y氏追い切りコラム

12月28日(日)中山競馬場10R第59回有馬記念(G1)

2014年有馬記念登録馬の調教・追い切り

・ヴィルシーナ 評価:B
12月24日栗東CW良併せ馬一杯
6F83.6-5F68.0-4F53.1-3F39.1-1F11.8

追い切りで抜群の走りを見せてくれました。
前走の追い切りでもCW1F11.7でまわってますが、6Fタイムが2.5秒ほど早くなった中でも1Fでばっちり反応していました。
休み明けだった前走よりか明らかに良くなっています。
今年の宝塚記念で3着でドリームレースの挑戦は2回目。
軽視はできない存在です。
タイムは良いのですが、いつも調教ではそれなりに走る馬。
宝塚記念3着の時の1週前調教は7F98.5-6F81.4と今回よりも良かったです。

・ウィンバリアシオン  評価:B
12月24日栗東CW良併せ馬一杯
6F82.4-5F66.6-4F51.5-3F37.7-1F12.2

タイムも併せ馬もまずまずの内容。
休み明けの前走金鯱賞は15着と大敗。
中2週のローテーションの疲れは全くなさそうで、上積みは期待できそうです。
昨年の有馬記念2着で今年の日経賞勝ち馬。コース適性は抜群の馬です。
ただしそれぞれのレース時の追い切りタイムと比べると少し落ちる印象。
前走は叩きの一線で得意コースに戻り、前走以上の走りは期待できますが、過去2走崩れているだけに、もう少しインパクトがある調教を期待したい所でした。

・エピファネイア   評価:A+
12月24日栗東CW良単走強め
6F80.6-5F64.4-4F50.0-3F37.5-1F12.4

追い切りで、素晴らしい動きを見せてくれました。
タイムも好タイムですが実際の追い切り時の様子が単走なのですが、非常に動きが軽く前走時よりも大幅に追い切りの印象は良くなっています。
前走は休み明け2戦目のJCで圧勝。
その時と比べて良すぎる印象もあるので、パドックでの落ち着き方と毛艶だけはチェックしておきたい所。
順調に当日を迎えられれば期待できます。

・オーシャンブルー  評価:B
12月24日栗東CW良単走一杯
6F83.6-5F67.8-4F52.9-3F38.9-1F12.1

追い切りタイム自体はほぼ前回と一緒。
タイム自体も平凡でネガティブな数字ではないですが休み明け2走目成績は[0.0.0.4]と振るわないので、もっと目立った調教・追い切りがないと期待しづらかった印象

・ゴールドシップ   評価:S
12月24日栗東坂路併せ馬一杯
4F52.1-3F38.4-2F25.0-1F12.8

元々調教駆けするタイプの馬ではないですが、今までの中でも追い切りの印象は非常に良いです。
凱旋門賞から3ヶ月の休み明けですが、ジャパンカップを回避してまで得意コースの有馬記念に照準を合わせてきています。
調教の量も申し分なく、追い切りでの仕上がりをみれば絶好超と言い切れます。
凱旋門賞の敗戦は体調を崩した事ですが、今回はいつものゴールドシップの走りが期待できそうです。

・サトノノブレス    評価:B
12月24日栗東CW良併せ馬一杯
6F82.7-5F66.6-4F51.9-3F38.4-1F12.6

金鯱賞から中2週で、追い切りタイムは若干落ちますが前走がとにかく絶好調だった馬。
このローテーションでしたら好調キープの追い切り内容と評価できます。

・ジェンティルドンナ   評価:B
12月24日栗東坂路良併せ馬一杯
4F54.5-3F39.8-2F26.1-1F13.3

調教では走らない馬でいつも通りの坂路調教。
タイムだけで見ると最近のレース前と比べて少し落ちますが、この馬の場合気にならない程度です。
併せ馬も先着しているので悪くはないでしょう。

・ジャスタウェイ   評価:A-
12月24日栗東坂路良併せ馬末強め
4F54.9-3F40.2-2F26.1-1F12.9

併せ馬0.4秒追走0.3秒先着。タイムは平凡ですが動きは軽快でJC後の中間気配も良好。
前走時からの上積みも期待でき、距離が100m伸びる不安も補える追い切り内容と評価できます。

・デニムアンドルビー  評価:B
12月24日栗東CW良併せ馬なり
6F87.4-5F70.2-4F55.1-3F40.2-1F12.0

無理をさせずに軽めの調教となりました。
今年に入りドバイ遠征をしてから全く結果が出ていませんが、仕上がりが悪かった訳ではない馬。
今回もいつも通りの動きで悪化はしていないです。
実力は高いのでどこかで見違える走りをする可能性もある馬ですが、調教・追い切りを見ると大きなきっかけはないように感じます。

・トゥザワールド  評価:B+
12月24日栗東CW良併せ馬一杯
6F82.6-5F66.8-4F52.7-3F38.5-1F11.8

1週前調教も前走の追い切りもほぼ同じタイム。
調教では真面目に走る馬ですのでいつも通りといった内容。状態は前々走のセントライト記念から大きな変化はない様子です。

・トーセンラー   評価:B
12月24日栗東坂路良併せ馬一杯
4F53.6-3F38.2-2F24.5-1F12.4

ほぼ前走と同じタイム。過去2戦崩れていない馬ですし、長距離適性も高い馬です。
同コースや宝塚記念では内容の悪いレースをしていたのが気になりますが、スピード勝負の展開なら上位に食い込む可能性はあります。メンバーを考えると、勝てるチャンスがありそうな印象強い調教ではなかったです。

・フェノーメノ   評価:A-
12月24日美浦南W良単走末強め
6F83.8-5F67.1-4F53.1-3F39.1-1F13.1

前走時よりもタイムも良くなりましたが、何よりも本来の動きが戻ってきた印象。
秋競馬では不調ですがここに来て復調の兆しが見えてきました。
オッズが落ちるようなら狙い目になるかもしれません。

・メイショウマンボ  評価:A
12月17日栗東CW稍併せ馬一杯
6F80.9-5F65.5-4F50.9-3F37.2-1F11.7

追い切りは坂路馬なりで軽快な動き。
目立ったのは1週前調教の好タイム。過去2戦とは明らかに違います。

・ラキシス  評価:B
12月24日栗東坂路良併せ馬一杯
4F54.5-3F39.7-2F25.3-1F12.6

エリザベス女王杯がピークだった印象でここでは少し落ちます。
相手が強くなる事を考えると前走時を維持できなかったのは印象が悪いです。

・ラストインパクト  評価:B+
12月24日栗東CW良単走一杯
6F83.7-5F67.8-4F52.3-3F38.2-1F12.1

金鯱賞を勝った前走の追い切りが良すぎたので、今回は地味に見えますが中2週のローテーションを考えると、ある程度は前走時の状態を維持できていそうです。

・ワンアンドオンリー  評価B
12月24日栗東坂路良併せ馬強め
4F54.2-3F39.2-2F25.7-1F13.0

ダノンメジャーを0.2秒追走0.4秒先着。
前走は振りもあって着差以上のレース。
デキ落ちはなく中山に多少の不安はあっても展開さえ向けば多少のチャンスはあります。

競馬情報会社ランキング