東海ステークスの追い切りタイムと元調教助手Y氏の評価を紹介しています。

東海S追い切り情報。元調教助手Y氏レポート

  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法

東海ステークスの追い切りでは、コパノリッキーが初コンビの武豊鞍上に抜群の追い切りを見せました。その他ニホンポロアワーズが好タイムをマークしています。

2015年東海ステークス(G2)-追い切りレポート

元調教助手Y氏追い切りコラム

1月25日(日)中京競馬場11R第32回東海ステークス(G2)

2015年東海ステークス登録馬の調教・追い切り

・アイラブリリ 評価:B-
1月21日栗東坂路稍単走馬なり
4F60.8-3F44.4-2F29.6-1F15.4

中1週のローテーションで軽めの調教。
疲れも少し気になる所で、芝のスプリンターがダート初挑戦となります。
走り方を見ると、芝の馬といった印象で稍重の坂路も馬力に欠ける走りです。

・イッシンドウタイ  評価:B+
1月21日北C良併せ馬馬なり
5F69.2-4F52.8-3F38.9-1F12.9

スリープレシャス外0.2秒追走同入。
前走オープンで勝利したポルックスSから中1週ですが疲れを感じさせない軽快な動き。
好調キープです。

・インカンテーション   評価:B+
1月21日栗東CW稍併せ馬一杯
6F81.2-5F65.4-4F51.8-3F39.2-1F13.2

1週前調教ではCW重を6F78.7のタイムでしたが、折り合いが付かず前に行き過ぎてしまってラストはバテてしまい、不安が多い内容でした。
この不安を追い切りでは見後に払拭して、併せ馬では5馬身先着。良いペースで走れていて動きも良かったです。
4番人気に推されたチャンピオンズCでは2桁着順に沈みましたが、状態は前走よりも良く、稽古量も豊富です。
今回は充分に巻き返しのチャンスありそうです。

・グラッツィア  評価:B
1月21日栗東P良併せ馬強め  
6F83.9-5F66.6-4F51.9-3F37.8-1f11.8

Pコースでほぼ前走の追い切りと同じタイム。
決して悪くはないが、最近のレース内容を見ると何かきっかけが欲しい所

・グランドシチー  評価:B
1月21日美浦南W良単走一杯
5F68.9-4F53.3-3F39.3-1F13.4

追い切りタイムは前走よりも悪いです。今回は増えてしまった馬体を絞って-10kg前後でレースに臨むと陣営が公言しています。
昨年の東海S2着馬。最近も大崩はしていない馬だけに、ガラりと変わる可能性も多少はあります。

・コパノリッキー  評価:A
1月21日栗東CW稍併せ馬強め
6F80.8-5F64.7-4F51.0-3F37.8-1F12.6

併せ馬スリータイタン外0.8秒追走0.2秒先着。チャンピオンズCではスタート出遅れが最大の敗因。
その後大井競馬場の東京大賞典ではイマイチのスタートながらハナを取りホッコータルマエに次いで2着と実力が本物である事を再度証明しています。
今回は武豊騎手騎乗の注目の乗り替りもあり、追い切りでも騎乗し、乗りやすい馬とコメントしています。
タイムも前走時より良い好タイム。好調キープで今回の相手であれば勝てる内容の仕上がりです。

・ソロル   評価:B+
1月21日栗東坂路稍単走一杯
4F54.2-3F39.3-2F25.8-1F13.1

調子は良さそうで動きは軽快。
最近は冴えないレースが続いているが、調子が悪い訳ではなく、折り合いがつかず、脚を溜めれない競馬が続いています。
前走で試したチークビーンズは裏目に出て今回は外すとの事。
どこかで大きく変われるだけの素質を持った馬。それが今回は分かりませんが、力を出せる調教状態にはなっています。

・ナムラビクター  評価:B+
1月21日栗東坂路稍単走強め
4F56.4-3F40.2-2F26.0-1F13.2

チャンピオンズCでホッコタルマエに半馬身差の2着で一気にここでも注目馬となりました。
元々調教駆けするタイプではないですが、
追い切りでは前走一杯で追ったチャンピオンズC前の追い切りよりも良い反応を見せていました。
しっかり余力を残した印象で、フェブラリーSを視野に入れている調教ですが、好調キープで充分力を出せる状態となっています。

・ニホンピロアワーズ   評価:A-
1月21日栗東CW稍単走一杯
6F81.0-5F65.9-4F51.7-3F38.4-1F12.2

追い切りで好タイムをマーク。1週前調教でもしっかり動いていて、ここ最近の中では一番仕上がりが良い印象。
陣営もやる気が戻ったとコメントしていて、このメンバー相手でも大きく変われるチャンス有りです。
前走でも敗れた中でまずまずの内容のレース。衰えも今の所それほどなく、単穴の要素が強まった追い切りです。

・マイネルクロップ   評価:B+
1月21日栗東坂路稍単走叩き一杯
4F55.2-3F38.7-2F25.0-1F12.8

今回唯一の昇給組。前走準オープンでは、目一杯の不可をかけた追い切りが良い方向に行き3馬身差の快勝。今回は中1週の中坂路で一杯に叩いて仕上げてきました。
疲れもない様子で、好調キープ。実力はこのメンバー相手でも大きなヒケは取らない馬。
今年にかけて充実期に入る事も予想できる馬。
軽視はできません。

・マイネルバイカ  評価:C
1月21日栗東CW稍併せ馬一杯
6F83.4-5F66.9-4F54.3-3F40.6-1F13.3

昨年の3着馬ですが、0.7秒と差を付けられていた内容です。いつも通りCW一杯の追い切りとなりましたが、併せ馬では0.5秒遅れ。
動きが悪く6Fタイムも物足りない内容。仕上がりに不安を残した印象。実力でも劣る面があり、今回はいつも以上に期待しづらいです。

・ランウェイワルツ  評価:B+
1月21日栗東坂稍単走強め
4F51.8-3F38.2-2F25.7-1F13.2

4Fで見ると好タイムで、全体的には前走と同等水準の内容です。
過去9戦で4着以下は1回だけと抜群の安定感を見せている馬。今回も好調キープ。相手は強くなりますが、充分通用する力を持っている馬です。
順当に行けば、掲示板圏内。展開が向けば更に上位の可能性もある馬で、調教・追い切り内容も不安は全くなしです。

競馬情報会社ランキング