オークスの追い切りは濃霧の時間帯もある中5月20日に一斉に行われました

タイムと評価コメント付きオークス追い切りレポート

  • 元調教助手が教える調教状態の分析と見極め
  • 元競馬騎手が示す予想の秘訣
  • 競馬予想に必要な基礎知識・競馬場別解析
  • 元業界人が訓える「勝つ」ための回収法
  • 業界でも「極致」の競馬情報を今だけ公開中!
  • 血統鑑定士が教える「血」が語る「的中」への近道

オークスの調教、追い切りではココロノアイが抜群に評価内容でした。次いでアンドリエッデも動きが抜群で毛艶もピカピカ。その他の注目馬もしっかり仕上げてきた印象です。

2015年優駿牝馬(オークス)(G1)-追い切りレポート

元調教助手Y氏追い切りコラム

5月24日(日)東京競馬場11R第76回優駿牝馬(オークス)(G1)

オークスの登録馬は20日に一斉に追い切りが行われました。
一部の馬では濃霧の為計測不能でしたが、ラスト1Fや中間の気配も含めて紹介していきます。

2015年天皇賞・春登録馬の調教・追い切り

・アンドリエッテ  評価:A-
5月20日栗東坂路重併せ馬馬なり
4F56.4-3F40.1-2F26.1-1F13.0

追い切りはいつもどおり軽めの追い切りですが、1週前調教ではCW6F80.7-1F11.4と抜群の動きを見せていました。
毛艶もピカピカ。前走桜花賞はスローペースの中で上がりは最速だった馬。ここまでの状態は前走以上です。
あとは関東への輸送をこなし、当日馬体を大きく減らさなければ文句なしです。

・キャットコイン  評価:B
5月20日美浦P良単走馬なり
5F67.2-4F51.3-3F37.7-1F12.7

1週前調教も含めて軽めの調整。前走の桜花賞では体調を崩し前走比-12kgで明らかに細かった。
それでも2着と0.2秒差だから素質は高いです。馬体はいくらかふっくらしてきた印象。
上積みがなくても、体調が戻れば巻き返しは期待できます。

・クイーンズリング  評価:B+
5月20日栗東坂路重単走末強目
4F53.7-3F39.3-2F25.0-1F12.5

桜花賞組の中では、比較的精力的に調教してきた印象。一週前調教ではCW6Fを一杯でこなしました。
前々走で馬体重-20kg。前走も-2kg。距離が伸びるここでは、馬体をいくらか戻してくれれば期待値アップ。
稽古の量や馬の見た目を見ると、直近2走よりも今回の方が良さそうです。
東京へのコース替りもこの馬には向いているでしょう。

・クルミナル  評価:B+
5月20日栗東坂路重単走馬なり
4F54.3-3F39.2-2F24.9-1F12.1

一週前調教では坂路4F52.9。併せ馬では競り合ってアタマ遅れましたが、効率的な併せ馬でしっかり不可がかかった印象。
追い切りは軽めの中、1F12.1は馬の状態が良い証拠です。
前走以上とは言えませんが、高い水準で状態キープできています。

・ココロノアイ  評価:A
5月20日美浦坂路重末強目
4F52.7-3F39.7-2F27.4-1F14.1

1週前調教で南Wを最後は騎手にセーブされる形で6F79.2と驚異的なタイムをマーク。
追い切りを見てもタイム以上に躍動感もあり、毛艶もピカピカ。状態はこれまでで最高の状態です。桜花賞10着からの巻き返しは必至!!

・コンテッサトゥーレ  評価:B+
5月20日栗東坂路重併せ馬馬なり
4F57.0-3F40.8-2F26.0-1F12.7

1週前調教で一杯に追って4F51.3。状態は高い状態でキープできています。
桜花賞3着は最内枠の強みを活かした面も味方しましたが、直線もしっかり伸びていました。
評価が上がらないようなら狙い目の馬。

・シングウィズジョイ  評価:B+
5月20日栗東坂路重単走強目
4F54.3-3F39.5-2F25.0-1F12.9

トライアルレースのフローラSの勝ち馬。1週前調教では坂路4F52.6。アドマイヤバラード0.7秒追走クビ先着の内容が好印象でした。
校長キープ。相手は強くなりますが、この馬も2歳時から格段に成長しています。

・ミッキークイーン  評価:B-
5月20日栗東CW重単走稍一杯
霧の為計測不能

追い切りは計測不能。1週前調教はCW不6F86.5。元々調教駆けするタイプではないですが、前々走に馬体を-20kg減らした影響がまだ残っている印象。
馬のタイプ的には、距離が伸びるのは歓迎。稽古の走りはタイムこそ出ていませんが、バネは素晴らしいです。
血統的にも良血馬。桜花賞は出走できませんでしたが実力は上位です。素質でどれだけカバーできるかが見所です。

・ルージュバック  評価:B+
5月20日美浦南W稍単走馬なり
4F52.6-3F36.7-1F12.1

軽めの追い切りですが、1Fの反応はまずまず。1週前調教では南W6Fで81.4の好タイムをマーク。
前走は全く力を出せませんでしたが、状態は良かったです。今回も状態はキープ。できれば馬体を増やしてパドックでふっくら見せて欲しいです。
今回も1番人気が予想される馬。それだけの素質はあります。

・レッツゴードンキ  評価:B+
5月20日栗東坂路重併せ馬馬なり
4F53.3-3F38.8-2F24.9-1F12.4

いつもどおりの調教内容。追い切りは前走に比べて良く動いていた印象です。桜花賞は展開が良かったとはいえ4馬身差は歴史的な圧勝。
戦歴を見ても実力があるのは明白です。スタミナ面よりも気質的に距離延長に不安がありますが、馬の状態は万全。前走から調子を維持できています。

・ローデット  評価:B+
5月20日栗東CW重単走馬なり
霧の為1Fのみ計測 - 11.8

追い切りは濃霧の中で全体タイムは計測できませんでしたが、1Fの動きは申し分なし。
1週前調教ではCW不一杯6F80.9-1F12.2と好タイムをマーク。
前走の桜花賞は好位につけながら直線失速の15着。
今回も順当に行けば単勝オッズ100倍以上付く馬ですが、稽古の内容を見ていると変身の可能性は若干あります。

競馬情報会社ランキング